ゴーン ルノーも解任

5610068

taiho_syujin

 

 カネに目がくらんで 日産を私物化した男ゴーン

  自分のクビすら危ないマクロンは もう擁護しきれない

 孤立無援となったゴーンは 実刑の可能性もでてきました

  これから強欲は「ごーんよく」と読みましょう  (^_^;)

 

フランスのルメール経済・財務相は16日のテレビ番組で、役員報酬の過少記載の罪などで起訴されたカルロス・ゴーン(64)が会長兼最高経営責任者(CEO)を務める仏ルノーに対し、「新しいガバナンス体制を望む」と述べ、初めてゴーン解任を求めた。

download

ゴーンを擁護してきたフランスのマクロン政権が姿勢を転換したことで、解任は避けられない情勢となった。

熟女好みのフランス大統領エマニュエル・マクロン→

ルメール経済・財務相は番組で「ゴーンが退任するということか」と問われ、「その通りだ」と明言した。

「ゴーンが長期間業務に携われないなら、新しい段階に進むべきだと言ってきた。今がその時だ」と説明。

15日に東京地裁がゴーンの保釈請求を却下したことで、勾留がさらに延びる可能性があることが影響したことを示唆した。

ルメール氏はゴーンの後任を議論する取締役会を近日中に開くようルノーに求めたことも明らかにした。

仏メディアは20日にも開かれると報じている。

ルノーはフランスの元国営企業で、フランス政府は今も筆頭株主として経営に大きな影響力を持つ。

フランス政府はこれまで「推定無罪の原則が働く」(ルメール氏)などと屁理屈をこねて、ゴーンのルノー会長兼CEO職からの解任に慎重だった。

 


★この記事へのコメントをどうぞ! (^_^;)

  • 日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)