悪夢のような民主党政権

post_18441_1

showcase-1a0769443ab6a0949b046a20f5347342-20181107114949

 

 民主党政権による超円高政策で

  日本企業は壊滅的な打撃を受けました

 シャープは外国企業に乗っ取られ

  東芝は重要な事業を手放しました

 多くの善良な日本国民が

  失業や倒産で地獄の体験をしました

 忘れられない 悪夢のような体験です  (T_T)

 

安倍晋三首相は10日、都内のホテルで開かれた自民党大会で演説し、春の統一地方選と夏の参院選が重なる「亥(い)年」選挙を前に、前回の亥年選挙で参院選に敗北した経緯に触れ、

「(その後)あの悪夢のような民主党政権が誕生した。

 あの時代に戻すわけにはいかない!」

と、強い口調で呼びかけた。

首相は、第1次安倍政権の時に行われた12年前の亥年選挙を振り返り、

「参院選の惨敗は当時総裁だった私の責任。片時たりとも忘れたことはない。わが党の敗北で政治は安定を失い、決められない政治となり、経済も失速した」

と指摘した。

img_0

「(今回も)厳しい戦いになるが、まなじりを決して戦い抜く。その先頭に立つ決意だ」と述べ、統一地方選についても「力を合わせて勝ち抜こう」と訴えた。

悪夢のような民主党政権の鳩山由紀夫→

野党が「アベノミクス偽装」などと批判している毎月勤労統計の不正については「しっかり徹底的に検証し、再発防止に全力を尽くすことで責任を果たしていく」と短く触れた。

児童虐待については「いまこの瞬間も、虐待が行われているかもしれないという危機感を持ち、根絶に政府を挙げて全力で取り組む」と述べた。

持論の憲法改正に関しては「いよいよ立党以来の悲願である憲法改正に取り組むときが来た」と声を上げ、「憲法にしっかりと自衛隊を明記して、違憲論争に終止符を打とうではないか」と、9条改正実現に意欲を示した。

 


★この記事へのコメントをどうぞ! (^_^;)

  • 日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


Comments RSS TrackBack 4 comments