タイ国王の戴冠式

WS000

Set of Thailand travel symbols and Bangkok landmarks. Thai culture flat vector illustrations. Collection tourism icons: elephant and monk, Golden Buddha and temple, flower and pineapple, flag and map.

 

タイ王国は、王室があって他国の植民地になったことがない、仏教国で国民性が温和など、日本と共通点の多い親日国です。

今回、日本の天皇陛下ご即位とほぼ同じタイミングで戴冠式が行われるのも、何かのご縁かもしれませんね  (^_^;)

 

タイ王国のワチラロンコン(Maha Vajiralongkorn)国王(66)が5月4日、戴冠した。

前国王の死去を受けて2016年に即位したが、戴冠式は行われていなかった。

戴冠の儀式は4日から3日間にわたって行われる。

この日、ワチラロンコン国王は宝石をちりばめた金色のローブを身にまとい、重さ7.3キロの王冠を頭に頂いて初の勅命(ちょくめい)を下した。

3日間にわたる儀式は、縁起が良いとされる午前10時9分(日本時間午後0時9分)に始まり、一般人にとってもタイ王宮を垣間見るめったにない機会となった。

ワチラロンコン国王は、1782年から続くチャクリ(Chakri)王朝の第10代国王。

2016年10月に崇敬されていた父親のプミポン・アドゥンヤデート(Bhumibol Adulyadej)前国王が死去したことを受け、同年12月に即位した一方、戴冠式は長い服喪期間を経て日取りが決められた。

Grand palace of bangkok, Kingdom of THAILAND

▲Grand palace of bangkok, Kingdom of THAILAND


★この記事へのコメントをどうぞ! (^_^;)

  • 日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)