Category » 名古屋

小栗優作 逮捕 炭火焼肉・牛桜(ぎゅうさく)名古屋駅西店

牛の生レバーを客に提供したとして、愛知県警は9日、食品衛生法違反の疑いで、名古屋市中村区椿町の焼き肉店「炭火焼肉・牛桜(ぎゅうさく)名古屋駅西店」の経営者小栗優作容疑者(37)=同県豊田市本地町3=を逮捕した。

県警によると、厚生労働省が2012年、牛の生レバーの提供や販売を禁止して以降、逮捕は東海3県で初めて。

炭火焼肉・牛桜(ぎゅうさく)名古屋駅西店、小栗優作の逮捕容疑は2月22日、中心部まで十分に加熱する必要がある牛のレバーの調理法を伝えず、生のまま客に提供したとされる。

県警によると 炭火焼肉・牛桜(ぎゅうさく)名古屋駅西店、小栗優作は「間違いない」と容疑を認めている。

情報提供を受け、店を訪れた捜査員2人が注文したところ「よく焼くように」などの説明なく、ごま油と塩だれと共に1皿1400円で「レバ刺し」として提供していた。

11年にユッケなどを食べた客5人が死亡した焼き肉チェーン「焼肉酒家えびす」の集団食中毒事件を受け、厚労省は12年7月から、牛のレバーを生食用として販売、提供することを罰則付きで禁止している。

名駅近くのビルにある 炭火焼肉・牛桜(ぎゅうさく)名古屋駅西店には9日午前0時ごろ、県警の捜査員約10人が捜索に入り、約2時間後、段ボールを運び出した。

 


木野康平 逮捕 売春防止法違反(周旋)

出会い系アプリを使って売春の仲立ちをしたとして、愛知県警は9日、名古屋市中区新栄1丁目の職業不詳、木野康平容疑者(27)ら9人を売春防止法違反(周旋)の疑いで逮捕した、と発表した。

木野康平は容疑を否認し、残り8人はおおむね認めているという。

中署によると、木野康平は他の仲間と共謀し、今年1月下旬、中区内で20代の女性2人を出会い系アプリでやり取りしていた男性客2人にそれぞれ引き合わせ、1回2万円で売春させた疑いがある。

木野康平は売春グループのリーダー格。

木野康平グループ内では、「打ち子」と呼ばれる役割の容疑者が複数の出会い系アプリを悪用して女性になりすまし、男性客と連絡をとって売春を持ちかけていた。

木野康平のグループは、今年2月までの約2年半、約3万件の違法売春を周旋し、約6億円を売り上げたとみられる。

木野康平グループによる売春は1日平均にすると36件で、県警が今年2月末に着手した際には女性10人ほどが働いていたという。


山森光 逮捕 弥富市役所下水道課の職員

愛知県弥富市の弥富市役所下水道課山森光容疑者(28)が、店の中で20歳の女性を押し倒すなどして乱暴をしたとして逮捕されました。

弥富市役所下水道課の山森光は今年1月、名古屋市中村区の店舗内の個室でその日に知り合った20歳の女性を押し倒すなどして乱暴した疑いが持たれています。

女性が被害届を出し、防犯カメラの映像などから警察が山森光を特定しました。

調べに対し、弥富市役所下水道課の山森光は「強引にはやっていません」と容疑を否認していて、警察が当時の状況を調べています。

弥富市役所の佐藤文彦総務課長は「事実関係を確認の上、厳正に対処致します」とコメントしています。

 


渡辺淳一 逮捕 あま市立甚目寺中学校教諭

名古屋・西署は3日、児童買春・ポルノ禁止法違反(児童買春)の疑いで、愛知県津島市良王町1、愛知県あま市立甚目寺中学校教諭・渡辺淳一容疑者(37)を逮捕した。

あま市立甚目寺中学校教諭・渡辺淳一の逮捕容疑では昨年7月21日、会員制交流サイト(SNS)などを通じて知り合った当時16歳の少女に、名古屋市西区内のホテルで3万3千円を渡し、みだらな行為をしたとされる。

署によると、あま市立甚目寺中学校教諭・渡辺淳一(児童買春)は「身に覚えがありません」と容疑を否認している。

昨年8月、未成年の不適切な書き込みを注意する県警の「サイバー補導」で少女の書き込みが見つかり、事情を聴いて、あま市立甚目寺中学校教諭・渡辺淳一(児童買春)が浮上した。

あま市教育委員会は「事実であれば大変遺憾。事実関係を確認し、厳正に対処したい」とコメントした。

 


米原育隆 米原達治さん米原孝子さん殺害か

愛知・名古屋市の住宅で3月22日、殺害された米原達治さん米原孝子さん夫婦の遺体が見つかった事件で警察は、37歳の米原育隆を死体遺棄容疑で逮捕した。

逮捕されたのは、名古屋市の無職・米原育隆容疑者(37)で、2019年1月25日ごろ、名古屋市の住宅内に父親・米原達治さん(68)の遺体を隠した死体遺棄の疑いが持たれている。

現場の住宅では、3月22日、米原達治さんと妻の米原孝子さん(66)の2人が複数カ所を刺され死亡しているのが見つかり、警察が米原育隆が事情を知っているとみて行方を捜していた。

25日に愛知県内のホテルにいた米原育隆を警察官が見つけたということで、調べに対し、米原育隆は容疑を認めている。

警察は米原育隆が、米原達治さんと米原孝子さんの死亡した経緯についても知っているとみて追及する方針。


木村繁裕紀 逮捕 下着泥棒

名古屋市の集合住宅から女性用下着などを盗んだとして木村繁裕紀が逮捕されました。

警察は木村繁裕紀の自宅から女性用下着など約280点を押収しています。

窃盗の疑いで逮捕されたのは、名古屋市中村区の無職、木村繁裕紀容疑者(29)です。

警察によりますと、下着泥棒の木村繁裕紀は2月、中川区の集合住宅のべランダから女性用下着など11点を盗んだ疑いがもたれています。

警察の調べに対し、下着泥棒の木村繁裕紀は「下着を盗んだことはあるが、逮捕された容疑についてはわからない」と供述しているということです。

下着泥棒の木村繁裕紀の自宅からは、女性用下着や靴など約280点が押収されていて、警察が余罪を調べています。

 


伊藤琢也 夏山光生 逮捕 名古屋市交通局の職員

去年、愛知県知立市のパチンコ店の駐車場で現金3000万円が奪われた事件で、逮捕された伊藤琢也容疑者(36)がパチンコ関連機器の販売会社の社員であることが、捜査関係者への取材で分かりました。

警察は、伊藤琢也が被害にあった店の内情を知っていた可能性があるとみて調べています。

去年10月、知立市上重原町のパチンコ店の駐車場で、納入した景品の代金を回収に来た男性が夏山光生に体当たりされ、現金3000万円が入ったバッグを奪われました。

警察は先週、名古屋市交通局の職員、夏山光生容疑者(36)と会社員の伊藤琢也容疑者(36)を強盗傷害の疑いで逮捕しました。

警察は伊藤琢也と夏山光生の2人が待ち伏せしていたとみていますが、伊藤琢也はパチンコ関連機器の販売会社で営業を担当する社員であることが捜査関係者への取材で新たに分かりました。

会社によりますと、伊藤琢也は愛知県内のパチンコ店や運営する会社を回っていたということです。

警察は景品の代金の回収日など、被害にあった店の内情を知っていた可能性があるとみて調べています。


米原育隆 逮捕 父親の原達治さんと妻の米原孝子さん夫婦殺害か

愛知・名古屋市の住宅で3月22日、殺害された米原達治さんと妻の米原孝子さん夫婦の遺体が見つかった事件で警察は、37歳の長男、米原育隆を死体遺棄容疑で逮捕した。

逮捕されたのは、名古屋市の無職・米原育隆容疑者(37)で、2019年1月25日ごろ、名古屋市の住宅内に父親・米原達治さん(68)の遺体を隠した死体遺棄の疑いが持たれている。

現場の住宅では、3月22日、米原達治さんと妻の米原孝子さん(66)の2人が複数カ所を刺され死亡しているのが見つかり、警察が米原育隆が事情を知っているとみて行方を捜していた。

25日に愛知県内のホテルにいた米原育隆を警察官が見つけたということで、調べに対し、米原育隆は容疑を認めている。

警察は、米原育隆が米原達治さんと妻の米原孝子さんの死亡した経緯についても知っているとみて追及する方針。


夏山光生 伊藤琢也 逮捕 パチンコ屋で強盗致傷

2018年10月に愛知県知立市のパチンコ店の駐車場で現金3千万円が奪われた事件で、強盗致傷容疑で逮捕された名古屋市交通局職員の夏山光生容疑者(36)が事件当日、体調不良を理由に欠勤していたことが22日、市への取材で分かった。

21日に逮捕されたのは夏山光生と会社員、伊藤琢也(36)。

夏山光生と伊藤琢也は、被害に遭った景品納入会社の現金回収日を把握して襲ったとみられ、県警は計画的な犯行とみて調べる。

市交通局によると、夏山光生は市営地下鉄名城線の車掌。

事件のあった18年10月5日は午後に出勤する予定だったが、午前11時30分ごろに「体調不良のため休みたい」と職場に連絡し、6日まで仕事を休んだ。

捜査関係者によると、夏山光生と伊藤琢也は事前にパチンコ店を下見し、現金が運ばれる時間帯などを確認していたとみられる。

知立市のパチンコ店の駐車場で景品納入会社の男性会社員に後ろから体当たりし、売上金3千万円が入ったバッグを奪うなどした疑いがある。


清水光樹 逮捕 児童買春・ポルノ禁止法違反

愛知県警少年課と安城、西尾両署は19日、児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)の疑いで、同県豊田市月見町3、名古屋大大学院生の医師、清水光樹(35)を逮捕した。

児童買春犯人の清水光樹の逮捕容疑は、昨年7月18日、当時16歳の少女が18歳未満と知りながら、現金3千円を渡すと約束し、名古屋市中村区のホテルでみだらな行為をしたとされる。

清水光樹は「間違いありません」と容疑を認めている。

安城署によると、少女はツイッターなどで援助交際の相手を探す書き込みをしていた。

未成年の不適切な書き込みを注意する県警の「サイバー補導」で昨年8月、少女の書き込みが見つかり、事情を聴いて清水光樹が浮かび上がった。

同署はこれまで、この少女にわいせつ行為をした男らを相次いで逮捕している。

 


小崎啓子 逮捕 国際ロマンス詐欺

勤務先の病院から1000万円を着服した疑いで、66歳の通名・小崎啓子が逮捕されていたことがわかりました。

警察は、小崎啓子が外国人を名乗って金をだまし取る「国際ロマンス詐欺」の被害にあっていた可能性があるとみて調べています。

逮捕されたのは、愛知県日進市の通名・小崎啓子(66)です。

捜査関係者によりますと、小崎啓子は去年12月と今年1月、当時勤めていた名古屋市内の病院から、あわせておよそ1000万円を着服した業務上横領の疑いが持たれています。

小崎啓子は容疑を認めていて、「恋人がお金に困っていたので助けたかった」などと話しているということです。

小崎啓子は、外国人の軍人を名乗る男性とネット上で知り合い、男性名義の口座に1000万円以上を振り込んでいたということです。

警察は全国で被害が確認されている「国際ロマンス詐欺」の被害にあった可能性があるとみて調べています。


キレイな空気

92d3c8ce

sora_aozora

 

 韓国の記事ですが 大気汚染がひどいみたいです

   中国のせいだ! と言ってますけど

 九州北部も中韓のせいで汚染されてるの?  (;´Д`)

 

深刻な超微細粉塵で、韓国全域で連日、息詰まる日々が続いている。

微細粉塵の根源地として知られた中国もまた、最悪の微細粉塵濃度を記録中の中、日本の大気の質は優秀であることが分かった。

1月15日午前9時時点で、米国環境保護庁(EPA)が提供する超微細粉塵空気の質指数(AQI)が、韓国は200内外の数値を示している。AQI200を超えると「 極めて健康に良くない」に該当する。

中国はこれより2段階高い300(危険)を超えた地区が多い。

一方、日本の超微細粉塵濃度は、はるかに低い数値を記録した。

一か所(名古屋?)以外はすべてAQI100未満で、ほとんどの地域で50未満(良い)だった。

韓国と中国に比べ、日本の大気の質が圧倒的に良い理由は、様々な要因が複合的に作用した結果と言う。

特に最大の理由は、中国で作られた大気汚染物質の影響をあまり受けないためだ。

 

WS000

 

a4ab4571

▲東京の青空

WS000

▲韓国の灰色の空 中央は韓国の国会議事堂

a758dbbb-s

▲中国の灰色の空 地球上で最悪の状態?

 


コメントをどうぞ (^_^;)

東京都心で爆発テロ?

DsbI2IgUUAAZV3d

map

つづきはここをクリック »


訃報 元横綱輪島

WS000000

▲元横綱 輪島

sumo_kansen

 

「貴乃花の実の父親は輪島だ!」という根強いウワサがあります。

確かに顔はよく似ていますし、あの天才的な格闘能力も、輪島ゆずりと考えると納得できます。

世渡りが下手で、相撲協会から追い出されたのも一緒。

変なシガラミの多い日本相撲協会では、一匹狼的な天才は生きにくかったのかも  (T_T)

 

WS000001

▲元横綱 貴乃花

 

大相撲の第54代横綱輪島で、史上7位となる14度の幕内優勝を果たした輪島大士(わじま・ひろし)さん=本名・輪島博=が下咽頭(いんとう)がんと肺がんの影響による衰弱で、8日午後8時に東京・世田谷区の自宅で死去したことが9日、遺族への取材で分かった。70歳だった。

「黄金の左」と呼ばれた左差しの攻めを得意とし、大関初代貴ノ花と相撲人気を二分。

ライバルの横綱北の湖(いずれも故人)とともに、昭和40~50年代に“輪湖(りんこ)時代”を築いた昭和の名横綱が、平成最後の秋に旅立った。

 

つづきはここをクリック »


品川駅の魅力

20100618112313

4aa6dc7024d25ccf53bb911a5e203bda

 

 高層ビルにある飲食街って

  キチンとし過ぎていて

 イマイチ魅力に乏しいんだよね  (^_^;)

 

shinagawa

 

品川エリアが今、注目を集めている

 

東京五輪が開催される2020年春にJR山手線の品川−田町間に新駅が暫定開業するほか、

2027年には品川−名古屋間でリニア中央新幹線が開業する見通しであるなど、何かと話題が豊富なためだ。

ただ、品川が都心の中核になるには課題もある。

山手線の新駅は30番目で、開設は約50年ぶりになる。

新国立競技場も担当した建築家、隈研吾氏がデザインを担当。折り紙から発想し、屋根は白く、全体が複雑にくびれた形となっている。この18年8月末で既に約7割が完成しているという。

新駅を建設しているのはJR東日本だ。

旧JR品川車両基地跡地である約13ヘクタールという広大な土地を再開発する一環で、まず新駅を開業し、その後、高層ビル7棟を建設する計画だ。

総事業費は5000億円とも言われ、「東京最後の大規模プロジェクト」とも呼ばれる。

「六本木ヒルズを中心ににぎわいを集めた六本木エリアのような地域になれば、新しい都心の中核にもなれる」(街づくりの専門家)との期待もある。

リニアが開業すれば、品川は名古屋と約40分で結ばれる。

「リニアと新幹線が両方停車する駅として希少価値が高く、品川駅は東京駅を超える地位に浮上なる可能性もある」と、不動産業界の専門家は話す。

最近の品川駅はスーツケースを押す外国人も多いが、京浜急行なら十数分で羽田空港とつなぎ、海外とのアクセスも抜群だ。交通の利便性の高さでは国内トップ級と言っても過言ではない。

ただ、品川の将来性については、「まだ見通せない」という冷めた見方が少なくない。

そもそも品川は東京の南端に位置しており、現在のビジネス街である大手町・丸の内、若者でにぎわう渋谷や新宿などから決して近いとは言えない。

「よほどの魅力がなければ、気軽に遊びにいったりすることはないだろう」という見方も多い。

問題は品川エリア全体の魅力を作ることであり、JR東日本が進める再開発事業がどこまで人を呼び寄せられるかだ。

ある街づくりの専門家は「JR東日本は元々、鉄道事業者で、駅を利用する人が増えればいいという考えが根底にあるはずだ。デベロッパーのように街全体の価値を上げるため、周辺を巻き込んでエリア全体を盛り立てていこうという発想があるのだろうか」と話し、JR東日本の力の限界を指摘する。

「JR東日本にとっては東京駅が最も重要。品川に注力するエネルギーはないのではないか」と見る不動産関係者もいる。

焦点はJR東日本が本気で再開発に向かうか否かにかかっていると言えそうだ。