Category » 7九州・沖縄

博多祇園山笠

WS000

omikoshi_hakata_gion_yamakasa

 

 素晴らしい伝統が

  いつまでも続きますように!  (^_^;)

 

福岡市で13日に行われた博多祇園山笠の「集団山見せ」で、同市出身のコメディアン、小松政夫さん(77)が、き山の上で舁き手を鼓舞する「台上がり」を初めて務めた。

山笠を愛する山のぼせを自負し、

「格別の感慨がある。街並みや時代は変わっても、

 ヤマ(山笠)は変わりませんねぇ」

とほほ笑んだ。

櫛田神社(福岡市博多区)のそばで生まれ、小学生の頃から19歳で上京するまで山笠に参加し、舁き山と一緒に走ったり舁いたりして育った。

20年ほど前からは、同級生の縁で中洲流に入り、毎年、山笠の時期には仕事を入れずに帰省している。

山笠の魅力を

「人情でしょうなぁ」

と語る。

芸能界では昔のような師弟関係が理解されにくくなったが、山笠には厳しい上下関係で培われる絆が受け継がれていることに胸が熱くなるという。

喜寿を迎え、ますます山笠への思いは強まっており、

「ヤマにかかわる人が1人でも増えてくれれば」

と願っている。

 


山車にひかれ死亡 臼杵祇園まつり

39891165

 

 この命がけのスリルが

  祭りを盛り上げている

 というのも事実  (T_T)

 

12日午後8時20分頃、大分県臼杵市臼杵で、「臼杵祇園まつり」に参加していた近くの介護職員河村辰彦さん(54)が山車(だし)にひかれた。

河村さんは意識不明の重体で病院に搬送され、約4時間半後、出血性ショックで死亡した。

県警臼杵津久見署や祭りの実行委員会によると、当時は山車が速度を上げて疾走する「辻出会い」の最中で、進行を指揮する「宰領さいりょう」の河村さんが山車の前で転倒し、ひかれたとみられる。

山車は、高さ約5メートル、長さ約8メートル、幅約2メートル。

事故当時は16人が乗っており、重さは数トンに上るという。

臼杵祇園まつりは、江戸時代から続くとされ、県の無形民俗文化財に指定されている。

実行委は13日午前、20日までのまつり期間中、山車の参加を自粛し、子ども神輿みこしなどの中止を決めた。

 


九州に猛烈な雨が降る!

20190703-00000034-asahi-000-10-view

▲濁流が流れる鹿児島市の新川 7月3日午後0時44分

suigai_teibou_kekkai

 

 とにかく安全な場所に

  1秒でも早く逃げましょう! ((((;゚д゚))))

 

西日本から東日本の太平洋側に停滞する梅雨前線の活動が活発化しており、九州南部を中心に猛烈な雨が降る見込みだ。

4日朝までの予想雨量は最大350ミリに達し、土砂災害や河川の氾濫(はんらん)の恐れがある。

過去の豪雨災害でも降り始めからの雨量が数百ミリに達し、土砂災害が起きたケースも多い。

十分な警戒と早期の避難が大切だ。

気象庁は3日午前に緊急会見を開いた。

黒良龍太・主任予報官は数十年に一度の雨となり得る「大雨特別警報」発表の可能性を指摘。

「命を守るため、早めの避難を!」

と呼びかけた。

WS001

気象庁によると、九州南部では既に記録的な大雨になっており、降り始めから3日朝までの雨量は宮崎県えびの市で883ミリ、鹿児島県薩摩川内市八重山で678ミリ、同日置市で600ミリと、いずれも7月1カ月分の平年値を上回った。

今後、東シナ海から暖かく湿った空気と、朝鮮半島側から気圧の谷に伴う寒気が流れ込む影響で大気の状態が不安定化。

九州北部では3日夕、九州南部では3日夜遅くから猛烈な雨のピークを迎え、4日朝までの予想雨量は九州南部で350ミリ、九州北部で300ミリ、四国で250ミリ、などとなっている。

前線の停滞に伴い、6日ごろまで大雨が続く恐れがある。

WS000

近年は梅雨前線などによる豪雨が毎年のように発生している。

昨年7月の西日本豪雨では、西日本を中心に124地点で2日間の雨量の観測史上1位を更新。

大きな被害が出た岡山県や広島県では2日間の雨量は300~400ミリに達した。

2017年7月の九州北部豪雨では福岡県朝倉市の気象庁の観測点で24時間雨量が545・5ミリを記録。

このときは、突然の大雨に始まり、大半が降り始めから12時間以内に集中した。

12年7月の九州北部豪雨では、熊本県阿蘇地方、福岡県筑後地方などで4日間の総降水量が500ミリを超える大雨に。

熊本県阿蘇市では、期間中に6時間で7月の降水量の8割にあたる459・5ミリが降るなどして災害が起きた。

一方、14年8月に広島市で土砂災害が発生した豪雨では、局地的な大雨に見舞われた。

3時間で200ミリに達した地点もあり、土石流が発生した。

今回について、東京理科大理工学部の二瓶泰雄教授(河川工学)は、

「これまでの大雨で土砂に多量の水分が含まれており、今後は雨がしみ込まず川に流れ込む。17年の九州北部豪雨を上回る雨量が予想され、土砂災害と河川氾濫に厳重な警戒が必要だ。雨のピークが夜にかけて予想されていることから、日中のうちに避難を終える必要がある」

と話す。

201907030095_box_img0_A

1993年の8・6豪雨災害では、49人の死者・行方不明者がでましたが、このとき1日に259ミリの雨を観測しました。

鹿児島市がある薩摩地方では、4日午前6時までの24時間に、この259ミリを超える350ミリの雨が降る見込みで、引き続き厳重な警戒が必要です。

鹿児島市の森博幸市長は緊急の会見を開き、8・6豪雨災害のような災害がいつ起きてもおかしくないとし、早めの避難を呼びかけていて、午前9時半すぎ、市内全域の59万人あまりに出していた避難勧告を避難指示に切りかえました。

このほか、鹿児島市立の全ての小中学校、高校、合わせて120校は3日と4日の2日間、臨時休校となっています。

気象庁は土砂災害や浸水被害の危険度の高まりについて、地図上で一定の領域ごとに5段階で色分け表示する「危険度分布」を、インターネットで10分おきに更新している。

こうした情報の活用も必要だ。

 


コメントをどうぞ (^_^;)

雨週間つづく

WS000

pet_sanpo_ame

 

 九州って 水不足か洪水

  どっちか極端ですね  (;´Д`)

 


コメントをどうぞ (^_^;)

福岡で高齢者が暴走事故(2)

bike_jiko_001

 

 これだけの危険な暴走事故で

  暴走車以外に死者がいなかったのが

 奇跡のようです  ((((;゚д゚))))

 

事故現場では目立ったブレーキ痕は確認されておらず、福岡県警はワゴン車を運転し死亡した福岡市早良区原3の小島吉正(81)が、何らかの理由で正常な運転操作ができなくなった可能性もあるとみて、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑での立件を視野に捜査している。

福岡県警早良署によると、死亡したのは、ワゴン車を運転していた小島吉正と同乗していた妻(76)と判明した。

小島吉正は出血性ショックで、妻は胸部の外傷で亡くなった。

事故で搬送された14~52歳の男女計7人のけがの程度は不明だが、命に別条はないという。

事故は4日午後7時5分ごろ、東西方向の「明治通り」と南北方向の「原通り」が交差する早良口交差点付近で発生。

小島吉正が運転するワゴン車が交差点の約700メートル南の原通りで追突事故を起こし、直後から対向車線に飛び出して逆走。

交差点に進入するまで急加速しながら計5台と衝突し、小島吉正のワゴン車を含む計2台が歩道に乗り上げた。

早良署は5日、署の車庫に止めてある複数の事故車両を調べる実況見分をした。

小島吉正は現場の交差点から約1.4キロの近所に住んでいた。

友人の70代男性によると、小島吉正は数年前から地元の自治会長を務めており、地域の信頼が厚かった。

ほぼ毎朝近所のゴルフ練習場に通うほど元気で、妻ともよく一緒に外出していたという。

男性は

「小島さんは『免許更新をした際の認知機能検査でも問題がなかった』と言っていた。最近も車に乗せてもらったが運転にも問題がなかった。信じられない」

と肩を落とした。

 


福岡で高齢者が暴走事故(1)

▲事故の瞬間の動画

68747470733a2f2f7062732e7477696d672e636f6d2f6d656469612f4434674c747a645563414556776a742e6a70673a6c61726765

 

 高齢者に対する風当たりが

  キツクなりそうです  (T_T)

 

6月4日午後7時5分頃、福岡市早良区百道の交差点で、

「複数の車が絡んだ事故で車が横転し、挟まれている人もいる」

と110番があった。

福岡県警早良署や消防によると、高齢男性の運転する車が次々に他の車と衝突したという。

計6台が事故に絡み、10~80歳代とみられる男女9人が病院に搬送され、高齢男性と同乗の高齢女性の2人が死亡した。

高齢男性の車が対向車線を逆走したとの情報もあり、同署が詳しい状況を調べている。

同署は、死亡した男性は80歳代、女性は70歳代としており、身元の確認を急いでいる。

男性の死因は出血性ショックだった。

このほか搬送された別の男性1人は、歩道で信号待ちをしていた際に事故に巻き込まれたという。

現場は福岡市地下鉄藤崎駅の西約200メートルで、幹線道路「明治通り」と県道の十字路交差点。

同署によると、高齢男性の車が交差点手前で別の車と衝突した後、そのまま交差点に進入して他の車とぶつかったという。

事故に絡んだ車2台が歩道に乗り上げ、うち1台はひっくり返った。

タクシーを運転中に事故に巻き込まれたという福岡市西区の運転手(71)は

「スピードを上げた車が逆走してきた。ハンドルを切ったがよけきれなかった」

と話した。

乗客の女性は足の痛みを訴えて病院に搬送された。

現場に駆けつけた80歳代の男性は、歩道上でひっくり返った車の下敷きになった人を見た。

複数の通行人が車を持ち上げて救助し、心臓マッサージを施していたという。

近くの飲食店には、現場に居合わせた人が「タオルをください」と駆け込んできた。

店員の女性は

「雷が落ちたような音がして驚いた。たくさんの人が救急車で搬送されていて心配です」

と声を震わせた。

周囲には高校や中学校があり、自転車で通学する生徒も多い。

近くで働く40歳代の女性によると、大破した車の周辺には大きく折れ曲がった自転車が何台も倒れていた。女性は

「歩行者がたくさんいて、中学生たちもパニックになっていた」

と表情を曇らせた。

20190604-00050287-yom-004-23-view

20190604-00050287-yom-002-23-view

20190604-00050287-yom-000-23-view

00418747CX

 


温泉論争

F4946A56012248478311FA0E6186A7B2_L

ofuro_sentou_man

 

 銭湯が好きでときどき行きます

  特別に熱好きではありませんけど

 外人さんがぬる~くうめちゃって

  困ることがありますよ  (^_^;)

 

日本一の源泉数と湯量を誇る大分県の別府温泉郷

点在する市営温泉は誰でも気軽に安く利用できる一方で、観光客と地元住民らを交え、湯温を巡るトラブルが絶えなかった。

対策に苦慮した市は昨年10月、人気施設の一つ、浜脇温泉の浴槽を「熱湯(あつゆ)」と「ぬる湯」に分割した。

それから半年余り。それぞれの支持者の間には、思いやりと我慢する心が育ち始めている。

週末の午後、浜脇温泉の男湯は20人近い入浴客でにぎわっていた。

かつて一つだった浴槽は、設定湯温が43度の「熱湯」と、40~42度の「ぬる湯」の2槽に仕切り板で分けてある。

山口県下関市から来た「ぬる湯派」の60代男性は「少し狭くはなったけど、気兼ねなく水を入れ、ゆったりできた」。

もう一方の「熱湯派」を自認する別府市の70代男性は「客の笑い声が増えたよう。慣れですねえ」と浴槽の2分化を歓迎している様子だった。

「もっと熱くして!」

2槽化の工事が始まる直前の昨年9月下旬、浜脇温泉で常連の80代男性の不機嫌そうな声が響いた。

番台の熟練した女性が広い浴室の隅に走り、源泉からためておいた高温の湯を湯船に流し込む。

当時の設定湯温は42~44度。市の指導で1時間ごとに計測と調整をしていた。女性は「常連さんと、顔も分からない家族連れのそれぞれから『ぬるい』『熱い』と要望が多くて困る」とぼやいた。

浜脇温泉は国道10号そばにあり、市営としては珍しく深夜午前1時まで営業する。

年間入場者約16万人は、市営温泉16カ所のうち3番目に多い。

入浴料は100円と安く観光客の姿もよく見られる。

ただ、子どもや若者らの中には熱い湯が苦手な向きも多い。

金沢市から初めて別府に来た男性(43)は「修行のように熱い」と苦笑。

「熱すぎて足もつけられない」「水を入れたらにらまれた」という声も市や施設に寄せられていた。

実はここ、45度を超すような「熱湯」を好む常連が集まる場でもあった。

ある男性(82)は「水を足せば、痛みが和らぐ温泉の効能も薄まってしまう」。

子どもの頃から通う別の男性(88)は「熱いのが温泉。俺たちは熱いのを我慢して入りながら温泉を覚えた」とむしろ誇らしげだ。

市によると、両派の溝は埋まらず、にらみ合いが口げんかに発展することもしばしば。そこでコンクリート製タイル張りの仕切り板による「2槽化」の導入が決まった。思い切って1カ月休業。390万円をかけて浴槽を2槽に分けた。

ここを含め、5カ所の市営温泉が「熱湯」「ぬる湯」に浴槽を分けている。

だが、2槽化は広い浴槽でなければ難しく、残りの温泉で計画している所はない。

 


コメントをどうぞ (^_^;)

中嶋邦孝 逮捕 福岡市港湾空港局客船事務所係員

カラオケ店の個室にスパイカメラを置いたとして、福岡県警東署は14日、福岡市港湾空港局客船事務所係員の中嶋邦孝容疑者(57)=同市東区志賀島=を、福岡県迷惑行為防止条例違反(ひわいな行為等の禁止)の疑いで逮捕し、発表した。

福岡市港湾空港局客船事務所係員の中嶋邦孝は容疑を認めているという。

福岡県警東署によると、福岡市港湾空港局客船事務所係員の中嶋邦孝は、3日午後5時50分ごろ、カラオケ店の個室で、カラオケ機器やモニターを置く台と床の約5センチの隙間に、サイコロの形をした縦横約2センチの盗撮スパイカメラを置いた疑いがある。

部屋には座椅子があり、スカートの女性が座れば下着が映る状態だったという。

福岡市港湾空港局客船事務所係員の中嶋邦孝が設置した盗撮スパイカメラは、携帯用の「モバイルバッテリー」につながっていた。

マイクロSDカードが入った状態だったという。

部屋を清掃していた店員が見つけ、110番通報した。

 


コメントをどうぞ (^_^;)

久原洋一 懲戒免職 佐賀中部農林事務所主査

佐賀県は7日、道交法違反(事故不申告)、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)などの疑いで逮捕された佐賀中部農林事務所の主査、久原洋一(45)=杵島郡白石町=を懲戒免職にした。

佐賀中部農林事務所の主査、久原洋一の処分は同日付。

佐賀中部農林事務所の主査、久原洋一は、県の聞き取りに飲酒運転したことも認めているという。

県人事課などによると、佐賀中部農林事務所主査の久原洋一は4月25日、関係団体との懇親会で飲酒した後、同日午後9時50分ごろ、佐賀市久保田町の国道で乗用車を運転中、20代男性の軽乗用車に追突してけがを負わせ、警察に届け出ずに立ち去った疑いで、佐賀南署に5月31日に逮捕、6月2日に送検された。

逮捕直後、佐賀中部農林事務所主査・久原洋一は「助手席に乗っていて、運転席には名前の知らない男性が乗っていた」などと容疑を否認していたが、その後、当て逃げ容疑や車が無車検、無保険だったとする容疑を認めていた。

県の聞き取りに対し佐賀中部農林事務所主査・久原洋一は「頭がパニックになり、逃げたいと思った。被害者、関係者、職場の方に申し訳ない」と話しているという。

事故発生後、佐賀中部農林事務所主査・久原洋一は、長崎県や大分県、福岡県久留米市などにいたという。

飲酒運転を巡る県職員の懲戒処分は12年ぶり。

農林水産部長ら4人も管理監督責任で文書訓告とした。

進龍太郎総務部長は「飲酒運転の防止を含め職員の服務規律保持は注意喚起していたが不祥事が発生し、深くおわび申し上げる」とコメントした。


コメントをどうぞ (^_^;)

久原洋一 逮捕 佐賀中部農林事務所主査

佐賀市の国道で追突事故を起こしたまま警察に通報しなかったとして、佐賀県警は5月31日、住居不定の佐賀県庁の職員、久原洋一容疑者(45)を道路交通法違反(事故不申告)などの容疑で逮捕し、発表した。

佐賀中部農林事務所主査、久原洋一は事故直後から1カ月以上、行方がわからなくなっていた。容疑を否認しているという。

県警佐賀南署によると、佐賀県庁の職員、久原洋一は4月25日午後9時50分ごろ、佐賀市久保田町の国道444号で乗用車を運転中に県内在住の20代男性が運転する軽乗用車に追突する事故を起こし、首に軽傷を負わせたが、警察に事故を申告しなかった疑いがある。

佐賀中部農林事務所主査、久原洋一は男性に名字と携帯電話の番号を教えて、立ち去った。

その後、男性から通報を受けた警察が行方を捜したが、佐賀県庁の職員、久原洋一は勤務先の県佐賀中部農林事務所にも出勤しておらず、連絡がつかなくなった。

同署が、福岡県久留米市の駐車場に事故を起こした乗用車があるのを突き止めて張り込んでいたところ、佐賀県庁の職員、久原洋一が戻ってきたという。

「自分は助手席に乗っていた。運転していたのは名前の知らない男性」と供述しているという。

佐賀県は6月1日未明、緊急の記者会見を開いた。

県によると、佐賀中部農林事務所主査、久原洋一は同事務所の主査で、白石町在住。

事故当日の夜、佐賀市内の飲食店で、関係団体との懇親会に出席し、飲酒していたことを明らかにした。

佐賀県庁の職員、久原洋一は、会合後、仲間とタクシーで佐賀駅まで行き、「もう一軒行く」と言って分かれたという。

その後、事故を起こしており、県側は「飲酒運転の可能性が極めて高いと判断している」とした。

事故翌日から年次休暇を取るなどして休んでいたが、5月13日以降は無断欠勤となっていたという。

県の進龍太郎総務部長は「事実関係を詳細に調査し、厳正に対処していきたい」とのコメントを出した。


コメントをどうぞ (^_^;)

松尾耕太郎 逮捕 酔っ払い運転 福岡県福津市職員

酒気を帯びた状態で軽トラックを運転したとして、福岡県警宗像署は31日、

福岡県福津市職員松尾耕太郎容疑者(61)福岡県福津市津丸

を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕した。

同署によると、松尾耕太郎は「前の日の夜に飲みました」と供述している。

松尾耕太郎の逮捕容疑は31日午前4時50分ごろ、福津市津丸の県道で、酒気を帯びた状態で軽トラを運転した疑い。

同署によると、巡回中のパトカーが軽トラを運転する松尾耕太郎を職務質問したところ、検査で基準値の2倍弱のアルコールが検出された。


コメントをどうぞ (^_^;)

吉村浩一 逮捕 85歳に暴行

認知症高齢者向けグループホームに入居する女性(85)の顔を殴り、全治約1週間のけがを負わせたとして、福岡県警粕屋署は30日、施設で働く介護士の吉村浩一容疑者(58)=同県宇美町貴船2=を傷害の疑いで逮捕した。

同署によると、吉村浩一容疑者は「ストレスがたまりイライラしていたので、つい手が出てしまった」と容疑を認めている。

吉村浩一の逮捕容疑は23日午後4時ごろから24日午前10時ごろ、宇美町にある「グループホーム紫苑のさと」で、入居中の女性の顔面を殴るなどの暴行を加え、両目にあざなど全治約1週間のけがを負わせた疑い。

同署によると、吉村浩一容疑者は2017年9月ごろから施設で働いていた。

当日は夜勤で、女性を含め計9人の入居者を1人で担当。

女性のあざに気付いた他の職員が吉村浩一容疑者に話を聞いたところ、暴行を認めた。

女性の次女が「以前にもおでこにあざがあった」と話しており、同署は他にも暴行がなかったかを調べている。


コメントをどうぞ (^_^;)

令和は酒の世となりぬ(2)

e85 (4)大伴旅人は、天智天皇四年(665年)の生まれです。

神亀五年(728年)には、妻・大伴郎女(いらつめ)を伴って、大宰府の長官に赴任しています。

60歳を過ぎている老人(当時の60歳は、現在の80歳くらいの感覚)を遠方に送るのもどうかという気がしますが、理由はハッキリしていません。

大宰府にいる間に山上憶良などと親しくなり、筑紫に歌壇ができるきっかけとなりました。

 

・中々に 人とあらずは 酒壺に なりてしかも 酒に染みなむ
(意訳)人間でいるよりも、酒壺になりたいものだ。そうすれば酒に浸されていられるから。

・しるしなき 物を思はずは 一坏(ひとつき)の 濁れる酒を 飲むべくあるらし
(意訳)グダグダと思い悩むよりは、にごり酒を一杯やるほうがいい。

・さかしみと 物言ふよりは 酒飲みて 酔ひ泣きするし まさりたるらし
(意訳)賢ぶってあれこれと問答するよりは、酒に酔って泣いている方がマシだよ。

・夜光る 玉といふとも 酒飲みて 心を遣(や)るに 豈(あに)しかめやも
(意訳)宵闇の中で光る宝玉よりも、酒を飲んで憂さ晴らしするほうが私は好きだ。

・よのなかの 遊びの道に 楽しきは 酔ひ泣きするに あるべかるらし
(意訳)世の中にはいろいろな遊びがあるが、酒に酔って泣くことに勝るものはない。

・我が命も 常にあらぬか 昔見し 象(きさ)の小川を 行きて見むため
(意訳)昔見た象の小川をもう一度見るまで、私の命が保ってくれるだろうか。

・うつくしき 人の纏まきてし 敷布しきたへの 我が手枕たまくらを 纏く人あらめや
(意訳)愛しい妻に貸した手枕を、この先他の誰に貸そうと思うだろうか。

・うつつには 逢ふよしも無し ぬば玉の 夜の夢(いめ)にを 継ぎて見えこそ
(意訳)現実で会うことができないなら、せめて夢では続けて会えたらいいのに。

・生まるれば 遂にも死ぬる ものにあれば この世なる間は 楽しくをあらな
(意訳)生まれたからにはいつか死ぬのだから、この世にいる間は楽しく過ごしたいものだ。

 

3405

令和は酒の世となりぬ(1)へ

 


コメントをどうぞ (^_^;)

イスマイル・アニッセ 逮捕 パソコン壊す

九州大学の研究室のパソコンなどに塩水をかけて壊したなどとして、福岡県警西署は26日までに、研究室に派遣されていた理化学研究所のフランス人研究員、イスマイル・アニッセ容疑者(33)=福岡市西区富士見2=を電子計算機損壊等業務妨害などの疑いで逮捕した。

同署によるとイスマイル・アニッセは「間違いない」と容疑を認めている。

イスマイル・アニッセの逮捕容疑は3月31日午前9時ごろから午前11時ごろまでの間、西区の九大伊都キャンパスの研究室で、7台のパソコンなどに塩水をかけデータを壊し、研究室の業務を妨害するなどした疑い。

同署によると、イスマイル・アニッセは「昨年秋に他の研究員とトラブルがあった際に先生が守ってくれなかった。その仕返しでやった」と話している。

大学から被害届があり、防犯カメラや入室記録の解析を進めていた。


久保達也 逮捕 無免許ひき逃げ

福岡県警は23日、同県糸島市前原西1丁目の自称大工、久保達也容疑者(53)を自動車運転死傷処罰法違反(無免許)と道路交通法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕したと発表した。

発表によると、無免許ひき逃げ久保達也は22日午前7時50分ごろ、糸島市志摩小金丸の市道を無免許でワゴン車を運転中、学校前の信号のない横断歩道を自転車で渡っていた中学1年の女子生徒(12)をはねて左腕骨折などの大けがを負わせ、そのまま逃げた疑いがある。

県警が逃げた車の行方を追っていたところ、無免許ひき逃げ久保達也が知人に連れられて糸島署管内の駐在所に出頭。

「無免許で運転し、事故を起こして逃げたことは間違いない」と容疑を認めたため、逮捕した。