Category » アフリカ

ネコ写真家 岩合光昭

1543755770_photo

pet_tehe_cat

 

 ネコは写真家の都合など考えないので

  ひたすら忍耐力が必要なお仕事です  (^_^;)

 

動物写真家の岩合光昭さんの写真展「Wisdom of the Wild/時の鼓動。生命の躍動。」が12月7日から新宿の「オリンパスギャラリー東京」(新宿区西新宿1、TEL 03-5909-0191)で開催される。

 

n5rc3uGp_400x400

「2019年オリンパス/WWF(世界自然保護基金ジャパン)カレンダー」の完成を記念して行われる。

岩合さんは1950(昭和25)年生まれ。これまで「ナショナル・ジオグラフィック」誌の表紙を2度飾るなど世界的評価も高い。

近年はライフワークともいえるネコの撮影にも力を入れ、「岩合光昭の世界ネコ歩き」(NHK BS)などを手掛けるほか、同名の写真展を日本各地で行うなど活躍する。

同展では、南アメリカ大陸の中央部に位置し、世界遺産にも登録されている世界最大級の大湿原「パンタナール」で撮影された作品を約25点展示する。

同地を訪れたいと切望していた岩合さんが、3回にわたる撮影取材を敢行。

ブラジル、パラグアイ、ボリビアの3カ国にまたがる同地には、多種多様な生き物が生息し、同カレンダーのためにジャガーやカピバラ、生き物たちの命を育む川など水との関係性を撮り下ろした。

1986(昭和61)年から毎年オリンパスが製作し、WWFジャパンへ寄贈しているカレンダーは2019年度版で34年目を迎え、販売した利益は全てWWFの地球環境保全活動に使われる。

 

WS000

 

ここ数年は、岩合さんが写真を手掛け、2018年版は日本印刷産業連合会、フジサンケイビジネスアイが主催する「第69全国カレンダー展」でも第1部門で銀賞を受賞している。

担当者は「長年にわたり数多くの動物を撮影している岩合さんならではの美しい瞬間が捉えられている。継続して同カレンダーを製作しているので気に入って愛用されているファンの方も多い」と話す。

開催時間は11時~19時(最終日は15時まで)。入場無料。木曜休館。12月12日まで。

 

 


海賊

WS000000

▲海賊出没地点 ソマリア周辺は激減しています

kaizoku

9月22日、西アフリカのナイジェリア沖でスイスの貨物船「MVグラールス(MV Glarus)」が海賊に襲撃され、船員12人が拉致されました。

貨物船は、ナイジェリアの商業都市ラゴス(Lagos)から南部の産油都市ポートハーコート(Port Harcourt)に小麦を運搬していたところ、ボニー(Bonny)島の南西およそ45カイリの水域で海賊に襲撃されたとのことです。

船を操業するスイス海運「マッセル・シッピング(Massoel Shipping)」によると、海賊達は長い梯子をよじ登り、有刺鉄線を切断して貨物船に侵入。

船内の通信をほとんど全て破壊した後、乗組員19人のうち12人を拉致したということです。

マッセル・シッピング社は関係当局に海賊襲撃を通報し、拉致された船員らの安全かつ迅速な解放に向けて専門家を招集したと説明しています。

また、スイスの外務省報道官は、CNNの取材に対し、襲撃された船の乗員にスイス人はおらず、国籍については現時点で確認できていないとしています。

海賊といえば、ソマリア沖の海賊が知られていますけれども、世界の海賊関連情報を収集・発表している IMBは、近年国際機関と各国が海軍等の武力を用いて海賊対策を行ってきたことが功を奏し、ソマリア沖・アデン湾の海賊活動が減少していると報告しています。

一方、海賊達は警備の強化された海域を避けてその他海域へと活動範囲を広げ、ナイジェリア沖のギニア湾での海賊被害が増加。昨年は60人超の船員が拉致されたとされています。


ネットでは、よりによって、重武装”中立”国家であるスイスを襲うとは、海賊はどういう積りだという書き込みがあります。

海の無い内陸国であるスイスにも海軍はあります

主に国境をなすレマン湖とコンスタンス湖に配置されています。

その主力は10から20隻の哨戒艇であり、大掛かりな戦力ではないのですけれども、有事の際はライン川を遡行する大型商船を徴用し、武装することになっています。

  ロシア人外交官「海の無いスイスに、海軍があるとはお笑いだ!」 

  スイス人外交官「ロシアにも、文化省があるらしいですな」  (^_^;)

スイスの軍人の数は予備役を含めると、その数はスイス国民の約10%に達します。

兵役は、20才で 21週間の基本訓練、21才から 26才まで毎年4週間の再訓練、合計280日が軍務期間です。予備役は現在27才から30才までですけれども、1962 年までは60才、1995 年までは50才でした。

また、全てのスイス軍人は小銃を自宅に保管しています。

金曜日の夕方、週末を自宅で過ごす多数の兵士は、迷彩服に背嚢を背負い、戦闘用自動小銃をむき出しのまま持っているそうです。

もちろん銃は電車内にもそのまま持ち込んで、座席に立てかけるのですが、他の乗客はそれを気にも止めなそうですから、どれほど軍が生活の一部として溶け込んでいるのか分かるというものです。

更に兵役義務者は予備役終了後、個人装備一式を軍に返さなければならないのですけれども、この時、代金を払えば銃を持ち帰ることも可能。

十年ほど前では、制式銃は日本円に換算し約1万円、拳銃は約5千円だったそうです。

183004670-jpgこれがいわゆる民間銃で、国内に約140万丁あり、兵役中の若者が家庭保管してある軍用銃が更に50万丁あります。

とにかくスイスは超武装国家です。

スイスはこうした民兵制を取っている関係上、軍の最高幹部、空軍を除いて専門の軍人がいません。

将校も志願制となっています。

志願者はより長期の再訓練を繰り返し受け、訓練のための休職期間は会社が給料を払うそうです。

その反面、民兵制度では、軍で組織運営を学ぶことができるという利点もありました。

例えば銀行員、あるいは一般企業の幹部になろうとする者はみな志願で将校となり、組織運営を習うそうです。

また、そうした軍隊経験を通じて、退役後も異なる企業にあっても軍隊仲間がお互いに助け合ったり、会社設立や幹部のポストが空席になった際に仲間を招いたりします。

スイスの元連邦司法・警察大臣のクリストフ・ブロッハー氏は高射砲隊大佐出身です。彼が司法大臣になったとき、その官房長として軍隊で彼の下士官であったエーベルレを任命しています。

スイスの新聞では、人間関係を示すのによく軍隊時代の両者の出会いと階級とが記されるそうですから、民間であっても、軍隊を軸とした強固な人間関係が維持されている国だともいえます。

今回、そんな超武装国家の貨物船が襲撃された。

スイス外務省は、襲撃された船にスイス人はいないとしていますけれども、国籍確認は出来ていないようですし、放置することはないと思われますし、強固な人脈を元になんらかの措置を行うのではないかと思いますね。


フェリー転覆 死者224人

AFP通信などによると、東アフリカ・タンザニア北部のビクトリア湖で20日に起きたフェリー転覆事故で、死者は子供27人を含む計224人に上った。

犠牲者の埋葬が23日、転覆場所近くのウカラ島で始まった。

 フェリーには、定員の101人を大幅に超過する265人が乗船していた。

治安当局は、フェリー運航会社の関係者らを逮捕し、事故の原因を調べている。

WS000001

WS000002

 

CoolClips_tran0463

 

 2014年の韓国セウォル号沈没では 死者299人

  船長は乗客を見捨てて真っ先に逃げました

 今回の船長は どうだったんだろう?  (T_T)

 

 


コメントをどうぞ (^_^;)

La Marseillaise

フランス国歌「ラ・マルセイエーズ(La Marseillaise)」は、日本人でもよく耳にする歌で、マルセイユの歌とも呼ばれます。

マルセイユはフランスの都市の名で、この歌の元はフランス革命時の革命歌です。

91942623-guillotine-cartoon-illustration

 

 なかなか過激な歌詞ですね

  サッカーの応援には ぴったりかも  (^_^;)

 

映画「カサブランカ」より


怖カワイイ

動画にうつっているのは、クロアシネコ

世界で最も小さいネコの一種で、アフリカ大陸に生息するという。

研究者の間では「Gyra」というニックネームでも知られるクロアシネコを、BBCの番組 「ビッグ・キャット」が特集した。

BBCによると、母親のクロアシネコは、獲物を捕まえるために一晩で30キロ以上移動することもあるという。

これはアフリカに住む小型ネコにしては、かなりの距離になる。

それにしても、なぜこんな可愛らしいクロアシネコが、世界で最も恐ろしいネコなのか?

理由は狩りの成功率にある。

BBCによるとクロアシネコは獲物は60%の確率でしとめる。

これは野性の猫の中で、最も高い成功率。

可愛いけれど油断はできない。

01449-450x337

 

超カワイイのに 野性味たっぷり

平和ぼけしてる日本のネコとは大違い  (^_^;)

 


コメントをどうぞ (^_^;)