Category » ヨーロッパ

大英帝国は、まずい料理のたまもの

up149717

cat_eduke_noraneko

 

 【猫缶】 日本ではネコが食べているが

   イギリスでは人間が食べている?  (^_^;)

 

【まとめ】

・英国人にとっても美味しくない英国料理。

・英・19世紀以前は、ラテン文化を受容し、豊かな食文化があった。

・英の現代の食文化は、産業革命がもたらした副産物。

 

london_EBP16-51020D

 

英国ロンドンで、現地発行日本語新聞の仕事をしていた話を、幾度かさせていただいたが、当時知り合ったSF作家の友成純一氏に、ロンドン暮らしをテーマとしたエッセイを連載していただいたことがある。

後にその連載は『ローリング・ロンドン』というタイトルにて扶桑社より出版されたのだが、最初に英国料理を食べた感想は、「あまりにもまずかったので、なにを食べたか忘れた」という一節がある。

私自身、英国での生活を題材にしたエッセイはかなりの数を発表し、出版していただいているが、かの国の料理をほめたためしはない。

そもそも英国内においてすら、自国の料理はあまり高く評価されていないのだ。

ロンドンに渡る前、東京・神田の岩波ホールで開講していた、ブリティッシュ・カウンシル公認という触れ込みの英語学校で特訓を受けたのだが、そこの講師(もちろん英国人)が、ロンドンの料理について、「ノット・ベリィ・エキサイティング」と表現していた。あまり楽しめたものではない、くらいのニュアンスだろう。

で、実際にロンドンで食べてみたら、たしかに、

これはただ事ではない! というくらいまずかった

失礼ながら友成氏よりは記憶が確かなのか、なにを食べたか忘れた、とまでは言わない。

 

download

ロンドンでは猫缶を人間に食わすのか、と言いたくなるようなミートローフに、くたくたになるまで煮込んだ野菜が添えられていたことまでは覚えている。

こんな按配だから、日本人と同じくらいか、それ以上に食にこだわりのあるフランス人が、英国料理をバカにすることと言ったら……「大英帝国は、まずい料理のたまもの」などと真面目に言う人までいるのだ。

フランス人は、たとえ海外に出ても、自国の料理が恋しくなるので永住はなかなか難しい。

そこへ行くと英国人は、どこの国の料理を食べても,自国のそれよりはおいしいと感じるものだから、新たな領土に骨を埋めることができる。

だから英国は、フランスよりもはるかに広大な植民地を得ることができたのだ、という理屈なのだとか。

chuka_chef

 

こうも言えますね。

日本人は、たとえ海外に出ても、和食が恋しくなるので、永住はなかなか難しい。

そこへ行くと中国人は、どこの国に進出しても、自分たちで中華料理屋を始めるので、新たな土地に骨を埋めることができる。

詳細はここをクリック

 


ゴーン再逮捕と妻の逃亡 フランス人の反応

carlos_ghosn_1_line_Tw_aflo

特別背任の疑いで再逮捕されたカルロス・ゴーンの妻キャロルが、東京地検特捜部が検討していた任意聴取には応じず、4月6日までにパリに到着していたことが明らかになりました。

キャロルは資金流出先とされる企業の代表を務めており、共犯関係が疑われている。

特捜部は参考人として経緯などの説明をキャロルに求める方針でした。

キャロルはパリでフランスメディアの取材に応じている。

日本を出国した理由について、キャロルは「身の危険を感じた」と説明。

0350c603-3f0e-48e8-b6cc-ec46c8837b9b

他にも、出国の際は検察に押収されていなかった米国のパスポートを用いた事や、

空港までローラン・ピック駐日フランス大使(写真右)が付き添ったことなども話しています。

ル・パリジャンなど多くのフランスメディアが、キャロルの「身の危険を感じた」という発言を見出しに用いて報道。

フランス人読者からは様々な意見が寄せられていました。

その一部をご紹介します。

コメントの後の数字は、賛成意見(いいね!)の数。2つある場合は、賛成と反対。

 

♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪

フランス人の反応

 

■ 何も悪いことはしてないんでしょ?
  それならフランスに逃げる必要はないと思うんだけどw +11

■ 何で駐日フランス大使が同行してるのか理解出来ん。
  夫人はレバノンのパスポートを押収されて、
  アメリカのパスポートを使ったんだろ。
  フランスの大使が同行する理由がないじゃないか……。 +27

■ アメリカ、レバノン、フランスの国籍を持ってる彼女は何人なんだろう。
  税金を払ってる国はオランダだし。 +11

■ 「夫を公平に裁いて欲しい」らしいぞ。 +32

   ■ 茶化してる人たちは、何でゴーンさんが有罪だと思ってるの?
     長期間勾留した中で確かな証拠は何も見つかってないのに……。 +2

■ フランスは彼女を追い返して、日本の司法に任せるべきだ。 +6

■ 彼女にとっては残念なお知らせだろうけど、
  日本みたいに今でも正義が残ってる国が世界にはあるのだよ。 +6

■ 日本の司法はひどい。あんなの昔のやり方じゃない。 +3 +3

   ■ どういう面で昔のやり方なんだろうか?
     不正を許容しろとでも?
     日本の方がフランスよりはるかにベターだよ。 +4

■ 日本で身の危険を感じたって? 正義から逃げただけのくせに! +46

■ 何で大使館が彼女を保護する必要があるんだ!
  日本の司法に対する干渉じゃないか! +2

■ 彼女は夫のために戦おうとしてるんだ。
  そこには敬意を払おうじゃないか。
  もちろん不正はいけないことではあるけども。 +13 +11

■ フランスには一切税金を払ってないけど、
  ここにきて自分がフランス人であることを思い出したらしい。 +328

■ 日本の警察は彼女の携帯電話とパソコンも抑えたんだよ。
  何か夫の犯罪に関わるようなことをしてたとしたら、
  実際に彼女も捕まる可能性があった。 +11

■ 俺たちは一連の問題に関わった人間を全員日本に送ろう
  捜査に関して日本人は非常に優秀だから。 +25

■ 税金を払いたくなくてフランスから出て行ったのに、
  困った時だけ「母国」に頼るとか……。 +150

■ 税金を払ってる国に助けを求めろよ。フランスは関係ないし……。 +25

■ マリー・アントワネットの如き権力も日本では通用せず +5

■ 彼女の判断は正しい。
  日本のサディスティックな司法の手に落ちることはない。 +17 +7

   ■ フランスみたいな緩々な司法の方が良いとでも? +7

■ フランスの司法は権力者に対して本当に緩いよな。
  日本はそういう人たちを裁くことを恐れてないんだ。 +8

■ 今の日本みたいな司法手続きはこの時代には許されない!
  どうか2人に素敵な未来が待っていますように……。

■ 公平に裁かれるんだ。むしろ良いことだと思うべきだろ。 +6

■ 日本が危険だって??
  違う、日本のような素晴らしい国の司法から逃げたいだけだ!! +6 +1

■ 間違いなく、この後すぐにマクロンと面会するんだろうな。 +21

■ 彼らはフランスに税金を納めていないのに。
  政府やメディアは彼らの肩を持つのをいい加減にやめてくれ。 +44

■ あなた達がフランス政府の助けを求めてるように、
  ルノーの従業員も公正な給料の支払いを求めている! +112

■ 彼女は正しい。
  ゴーンさんを長期勾留したという事実を考慮するに、
  日本の司法は「推定無罪」を尊重していない。もう十分だ。 +4 +1 

   ■ 日本に限らずどこの国でも長期勾留はやってるだろ。 +2

■ 有罪か無罪かを決めるのは日本の司法であって、あなた達ではない。 +25

 日本の司法から逃げただけ。しかも駐日大使と共謀までして! +37

■  この件にフランスは関わるべきじゃないよな……。
  オランダの巧みなスルー技術を見習おうぜ! +8

■ フランスでは正義がお金で買えてしまう。
  日本では権力者でも普通に裁かれることを知ってショックを受けたんだろう。
  まぁ彼女がショックを受けるのも理解出来るけどね。 +18

■ コメント欄の人たちが推定無罪の原則を忘れて、
  ゴーンさんを叩きまくってるのが信じられない。 +25 +10

■ 不正を働いていないなら、逃げる必要はなかったのに。 +31

■ 日本の司法は確かに厳しいのかもしれない。
  だけど本来司法とはそうあるべきなんだよ。
  日本はフランスみたいな(権力者に甘い)国とは違うんだ。 +88


籠城7年

WS000

hqdefault

 

 オウム教祖・麻原彰晃の逮捕を思い出します

  狭いところから無理矢理 引きずり出された

 犯罪者なのですが ある人々にとっては英雄

  というところも似ています  (;´Д`)

 

内部告発サイト「ウィキリークス」の創設者、ジュリアン・アサンジ容疑者がロンドンで逮捕された。

衝撃を受けたのは、すっかり年を取ったアサンジの風貌(ふうぼう)だ。

長身を警察官に折り曲げられるようにして、7年間滞在したエクアドル大使館から引きずり出されていく。

打ちひしがれ、進退きわまったようなアサンジの表情は、かつて見られた自信や大胆さ――そしてしばしば感じさせた抜け目のなさ――とは程遠い。

まさかこれほど長期にわたり大使館に「籠城」するとは思ってなかっただろう。

大使館内のアサンジの部屋には窓がなく、照明器具を使用して自然光の代わりにしていた。

本人曰く、宇宙船の中で暮らしているようなものだったという。

アサンジの健康や孤独を心配した友人らは、運動器具や子猫をプレゼントした。

パメラ・アンダーソンさんやレディー・ガガさんのような有名人が訪問して大きな話題になることもあったが、大使館の外では警察が24時間体制で監視する状況が続いた。

それが容疑者本人の心身にどれほどの苦痛をもたらしたかは察するに余りある。

BBVTU52

▲宇宙船のような部屋で、子猫と暮らすアサンジ

 

▲見つかって担ぎ出される時「重くてすいません」と言った麻原彰晃

 

詳細はここをクリック

 


ノートルダム炎上

landmark_notre_dame

 

パリの建築物と言うと「石で出来てる」イメージですが、意外によく燃えるんですね。

建築には2世紀もかかったそうですが、わずか1日で崩壊しつつあります。

黄色いベスト暴動など頭の痛い難題をかかえているマクロン大統領には「泣きっ面に蜂」でしょう。

ところで「国ノートルダム院」などと言うと仏教みたいですけど、もちろんキリスト教  ((((;゚д゚))))

 

仏国パリ中心部にある観光名所ノートルダム寺院(Notre Dame Cathedral)で15日夕、大規模な火災が発生した。

310a64d0db35e6054bdd7dfeea00dd61-1080x720

火災により同寺院の尖塔が崩壊

1000年近い歴史を持つ寺院とその貴重な芸術作品の数々の将来が危惧されている。

火災はフランスのカトリック教徒らがイースター(Easter、復活祭)を控える中で発生。

ノートルダム寺院からは炎と大量の煙が立ち上り、パリ市民や観光客らは戦慄の表情を浮かべてその様子を見守った。

火災は15日午後6時50分ごろ(日本時間16日午前1時50分ごろ)発生し、炎により屋根を支えていた木製構造物が破壊されていると語った。

消防当局によると、火災は同寺院で行われていた修復作業と「関連している可能性」があるという。

エマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)仏大統領は「ノートルダムを襲っている恐ろしい火災」のため、15日夜に予定していた政策関連のテレビ演説を中止した。

AS20181211000868_commL

エマニュエル・グレゴワール(Emmanuel Gregoire)パリ副市長はテレビ局BFM TVに対し、尖塔は「内側に崩れ落ちた」と説明。

寺院は「甚大な損傷」を受けたとし、救援隊員らが「救い出せるすべての芸術作品を救う」ために奔走していると述べた。

パリ市警はツイッター(Twitter)で、住民に対して周辺地域を避けて救急車両に道をあけるよう呼び掛けた。

パリのアンヌ・イダルゴ(Anne Hidalgo)市長はツイッターで、「恐ろしい火災」と述べ、「パリ消防当局が鎮火を試みている」と投稿した。

パリ市内では、セーヌ(Seine)川に浮かぶシテ島(Ile de la Cite)に建てられたノートルダム寺院に向け消防車が急行する様子が見られた。

 


 

ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は15日、仏パリのノートルダム寺院(Notre Dame Cathedral)で火災が発生したことを受け、空中消火機を使ってはどうかとツイッター(Twitter)に投稿した。

しかしフランス当局はこの案を否定した。

トランプ氏の投稿は、

「パリのノートルダム寺院の大火災を見てぞっとしている。空中消火機が消火に使えるかもしれない。すぐに行動しなければ!」

というもの。

空中消火は大量の水を投下する手段で、通常は山火事の際に使われる。

フランス市民安全局(Securite Civile Fr)はトランプ大統領による投稿の後、この手段だけは検討していないとツイート。

「パリ消防旅団の消防士数百人が、火災鎮火のためあらゆる手を尽くしている。あらゆる方法を取っているが、航空機からの水投下だけは例外だ。この方法では、寺院の構造物すべてが倒壊する恐れがある」

と説明した。

20180426-00084500-roupeiro-000-7-view

マクロン大統領           トランプ大統領

building_fudousan

 

 トランプ大統領は不動産屋なので

  建物の火災には敏感なのかも  (^_^;)


コメントをどうぞ (^_^;)

国際観光客数ランキング

WS000

10898099-フランス、パリのカフェのベクトル-イラスト。

 

フランスはパリに集中しているので、ノートルダム火災がどのように影響するか?

アメリカはハワイ、グアム、ラスベガス、ニューヨークとか、いろいろありますからね。

日本は急上昇していて、2018年は約3119万人(速報推計値)で、2020年(オリンピック年)には4000万人を目指してますから、ベストテン入りが近そうです。

 

世界遺産に登録されているフランス・パリのノートルダム大聖堂で発生した火災。

およそ9時間半たった今も鎮火していない

出火したのは、日本時間16日午前2時前で、高さがおよそ90メートルある塔にも燃え広がり、塔の一部が崩れ落ちた。

消防士1人が軽傷を負ったが、住民や観光客に、けが人は出ていない。

大聖堂は修復工事中で、火は、この作業のための足場付近から出たとみられている。

現地の消防当局は失火とみて、火災のくわしい原因を調べている。

パリ市民は、「とても悲しい。なんて無力なの。心が乱れる」と述べた。

現地に住む日本人は、「パリの中心にガンと座っていて、そういうものだから。けっこうショックは大きい」と述べた。

この火災では、塔のほか、屋根の大部分が焼けた。

しかし、消防当局によると、建物内部の損傷は少ないという。

マクロン大統領は、大聖堂を建て直す考えを表明していて、国内外に寄付を呼びかけている。

およそ800年にわたってフランスのシンボルとして愛されてきた大聖堂が火災に見舞われる事態に、フランスの人たちの間に衝撃が広がっている。


コメントをどうぞ (^_^;)

ネコの権利

bern-cat-ladders-8

スイスにはネコの権利を守るため様々な法律が制定されている。 例えば

飼い猫は外に出してあげること

窓から他の猫の姿を見られるようにすること

どうしても家の中だけで飼いたいのならば2匹以上飼うこと

などだ。

スイスのベルン市内には、猫の為に配慮された集合住宅がいくつもある。

外壁に取り付けられているのは、災害時の脱出口のように見えるが、実はネコ専用の外階段である。

上層階のバルコニーや窓から、猫たちが外に出ていき、戻ってこられるよう配慮されたものなのだ。

これらの写真は、スイス・ベルン市在住のグラフィックデザイナー兼写真家のブリジット・シュスター(Brigitte Schuster)がベルン市内で見つけた猫専用のはしごである。

彼女は5年前にベルン市に引っ越してきたそうだが、人間が使うには小さい手作りの外階段をいたるところにあることを発見。

猫たちがその階段を使って、自由きままに往来しているのを見て、猫専用であることがわかった。とても感動したという。

以来市内をめぐり、猫専用階段を撮影しつづけ、それらをまとめた写真集『Swiss Cat Ladders』を発売した。

猫は高いところへ登るのが大好きだ。不安定に見える建造物を移動するのもお手の物だが、それでも足場は必要だ。

ベルン市の猫の飼い主たちの、猫に対する愛情がたっぷりと伝わるユニークで愛らしい猫用外階段である。

つづきはここをクリック »


コメントをどうぞ (^_^;)

合意なき離脱

wor1903140016-p1

business_sabori

 

 英国の議会って 待合室のベンチみたいですね

  ここで民主主義が 生まれたらしいですけど  (^_^;)

 

英国の欧州連合(EU)からの離脱期日が29日に迫る中、英下院は13日、EUと条件の合意のないまま離脱する方針の是非を問う採決で、不支持を議決した。

「合意なき離脱」に伴う経済や社会の混乱に懸念を示した形だ。

採決は、メイ首相が示したEUとの離脱合意案が下院で12日に否決されたのを受けて実施された。

離脱を巡る先行きは依然見通せないが、離脱が延期される可能性が高まった。

英国では離脱を巡る不透明感から、日産自動車が主力車種の製造計画を撤回するなど、経済への影響がすでに現れ始めている。

「合意なき離脱」となれば、英EU間に関税が復活するなどして物流に重大な支障が生じるのは必至で、産業界が懸念を強めている。


コメントをどうぞ (^_^;)

アレクサンドロス大王の墓

ph_thumb

長くもどかしい発掘の最終日、カリオペ・リムネオス=パパコスタ氏はもう帰るつもりだった。

エジプト、アレクサンドリアの中心部にある公園「シャララート・ガーデン」で、ギリシャ人考古学者の彼女が発掘調査を始めてから、もう14年が過ぎていた。

目的は、ファラオになった古代の征服者にして、この街の名前のもとになった人物、アレクサンドロス大王の痕跡を探すことだ。

しかし成果はなく、時間切れが迫っていた。

そのとき、穴の中にいた助手たちが彼女を呼んだ。

土から白い大理石のかけらがのぞいていると言う。

それまでの発掘状況に落胆していたパパコスタ氏だが、白い石の輝きを目にして、希望が湧き上がるのを感じた。

「祈っていました」

と彼女は振り返る。

「ただの大理石のかけらではありませんようにと」

祈りは通じた。

遺物は、アレクサンドロス大王のあらゆる特徴を備えたヘレニズム期初期の像だと判明した。

これが大きな励みとなり、気落ちしていた考古学者は発掘を続けることになった。

詳細はここをクリック

Diogenes Of Sinope in wine barrel with dog and Alexander the Great Original edition from my own archives Source : Illustrierte Geschichte 1880

「何か望みがあれば、余がかなえてあげる!」と言ったアレクサンドロス大王に対して

「日陰になるから、そこをどいてくれないか?」と望んだディオゲネス

詳細はここをクリック

800px-Waterhouse-Diogenes


漫画界のカンヌ

20190124-00010005-huffpost-000-1-view

111839

 

 すみれさんのラムちゃんは

  はまり役でしたね  (^_^;)

 

フランスで最も古く「漫画界のカンヌ」と呼ばれる第46回アングレーム国際漫画祭は1月23日、漫画家の高橋留美子さんがグランプリを受賞したと発表した。

この賞は、世界の漫画家1672人が投票で決定する。漫画祭の主催者は高橋さんについて「日本は、違いを受け入れない(出るくいは打たれる)社会だ。そのなかで、高橋留美子はアウトサイダーや変人を前面に押し出し、彼らにもチャンスがあることを示そうとこだわっていた」と評価。

高橋留美子さんがアングレーム国際漫画祭グランプリ「マンガの慣例を超えた最初の人物」

彼女から描き出されるヒーローやキャラクターたちは、時にコメディを装いつつ、極めて進歩主義的な作品に仕上がっているとした。

また、当時は珍しかった少年誌での女性漫画家という立場についても「彼女は、マンガの慣例を超えていった最初の人物」と指摘した。高橋先生すごすぎるっちゃ。卒論と同時並行でラムちゃんを描く

1978年、少年サンデーの短期集中連載「勝手なやつら」でデビュー。同年に「うる星やつら」の連載が始まった。

「~だっちゃ」が口グセの宇宙人・ラムちゃんの破天荒ぶりが少年少女の心を鷲掴みにした。

大学時代に通っていた「小池一夫劇画村塾」では、作家の小池一夫さんが「君はプロになる」と舌を巻いたほどの才能。

卒論を仕上げて大学を出た後、本格的にマンガ業にのめり込んでいった。

格闘コメディ「らんま1/2」や「犬夜叉」など、少年漫画史に燦然と輝く作品を生み出し続ける一方、未亡人と大学生の恋愛感情の機微を面白おかしく映し出した「めぞん一刻」のほか、サスペンス要素を盛り込んだ「人魚シリーズ」など、多岐にわたるジャンルを開拓し続けている。

高橋留美子さんがアングレーム国際漫画祭グランプリ「マンガの慣例を超えた最初の人物」

漫画に対する真摯な姿勢は、多くの編集者の間でも語り継がれている。

週刊ヤングサンデーで不定期連載された、根性なしのボクサーが主人公の「1ポンドの福音」で3代目の担当編集を務めた八巻和弘さんは、少年サンデーSのコミックス2億冊突破記念号(2017年5/1号)で「高橋先生は漫画を面白くするためには、絶対に諦めませんし、出口が見つかるまで粘り続けます」とつづっている。

連載終了後、いとまなく新作が生み出され、それが超人気シリーズになっていくという40年余りを過ごし、累計発行部数は1995年に1億冊を突破、2017年には2億冊を突破した。

時代時代の少年誌愛読層のメインストリームであり続け、圧倒的な構成力と読みやすさを追求した漫画はどんな読者も拒まず取り込んでいく。キャラクターひとりひとりが個性的で、ときにそのセリフは名シーンを作り出していった。

もはや休み知らずと言っても過言ではない高橋先生。2017年に「境界のRINNE」の連載が終わったが、2019年春にまた新連載が始まる予定だ。

 


夕顔の死

WS000

uta_yomu_man

 

 光源氏の右手の指が

  ちょっと変ですね  (^_^;)

 

盛安本源氏物語絵巻」のうち、ヒロインの一人である夕顔の死を描いた場面が新たにフランスで見つかった。

江戸時代初期に描かれ、全容がわからないこともあって「幻」とも呼ばれている。

源氏物語絵巻で不幸な場面を描いたものは、極めて珍しい。

横たわる夕顔や死を嘆く光源氏、駆けつける家臣、建物の内装などが精巧に描かれた図は縦35センチ、横132センチ。

保存状態はよく、金がふんだんに使われている。

仏のコレクターが購入後、美術史家のエステル・ボエールさんを介して佐野みどり学習院大教授(日本美術史)が調査。

画風などから盛安本の夕顔と確認した。

 


コメントをどうぞ (^_^;)

タイムズの皇室報道

renai_koi_moumoku_woman

 

「恋は盲目」「ホレた目で見りゃアバタもえくぼ」

  ということで、DNAの為せるワザですから

 お年頃の娘さんを持つ世の親御さんたちは

  心配で夜も眠れなくなりますね  (;´Д`)

 

日本の皇室は「世界最古の王室」として、世界中から畏敬の念を集めている。

今春に控えるのは、第126代天皇陛下への歴史的な「御代替わり」である。

d1f8ff11

そんなタイミングで「世界最古の日刊紙」である英国の『タイムズ』が、「若き女性皇族の恋の決着」を伝え、波紋を広げている。

「帰国すれば警備の手配も大変ですし、マスコミも注目しているというので、小室圭さんは留学先の米ニューヨークで年越ししたようです。

そういう事情なら、婚約内定者として、秋篠宮家に出向いて両殿下や眞子さまに年始のご挨拶をすべきところをできなかったのは、仕方ないのかもしれません。

とはいえ、秋篠宮家には新年の年賀状も届いておらず、秋篠宮ご夫妻への電話でのご挨拶もないようなんです。

どうやら、母親の佳代さんからも、なしのつぶてのようで…」

怪訝な顔をするのは、ある宮内庁関係者だ。

2

「ほんとうに、よかったね」。天皇陛下は、15万を超える人が集まった1月2日の新年一般参賀で、予定された5回を超え、日没間近に異例の7回目を終えられたとき、美智子さまをはじめとした皇族方に、そうおっしゃったという。

平成最後の年、御代がわりの年。万感の思いで、両陛下は最後の務めに臨まれている。

11日には、学術分野の第一人者から講義を受けられる「講書始の儀」が皇居・宮殿で行われた。

昨年、ノーベル賞を受賞した本庶佑(ほんじょ・たすく)・京都大学特別教授から「免疫の力でがんを治せる時代」という講義を受け、両陛下は手元の資料に目を落としながら、熱心に聞かれた。

《現在85才の明仁天皇は4月30日に退位する。(中略)その翌日には、息子である徳仁親王が菊の玉座に就くことになるだろう。皇室一家は、その時までに、眞子内親王のプライベートに関する遺憾な騒ぎを終わらせることを決めている。》

そんな報道が昨年12月30日、遠く英国の新聞紙面に躍った。

皇室ジャーナリストが言う。

「できるだけ静粛な雰囲気で御代がわりを迎えたい中、譲位と眞子さまの結婚問題を結びつけて報じられるのは、皇室にとって決して好ましいことではありません。しかも、過去の海外の報道とはまったく違う意味合いを持つ記事だけに驚きを隠せませんでした」

これまでも、眞子さまの結婚問題は海外でたびたび報じられた。

phpThumb_generated_thumbnailjpg

昨年7月、米紙『ニューヨーク・タイムズ』は、《小室氏を眞子さまのフィアンセとは呼ばないで》と題した記事を掲載。

皇族の正式な婚約にあたる「納采の儀」が行われていないのに、留学先のフォーダム大学がホームページに「プリンセス・マコのフィアンセであるケイ・コムロ」と載せ、宮内庁の抗議によって削除された顛末を報じた。

それだけでも、日本の皇室にとっては名誉なことではないが、今回の英紙の報道は、関係者に衝撃を与えた。

記事のタイトルは、《日本の皇后陛下が“ナイーヴ”な眞子内親王のロマンスに終止符を打つ(Japan’s empress strikes to end romance of ‘naive’ Princess Mako)》というものだ。

「今回の報道が、“世界最古の日刊紙”である伝統あるイギリスの権威ある高級紙『タイムズ』で報じられたことがショックでした。興味本位のタブロイド紙や大衆紙とは違います。さらに、タイトルや記事中で美智子さまについて触れられていて、今までの報道とは重みが違います」(前出・皇室ジャーナリスト)

『タイムズ』の記事にはこう書かれている。

《美智子皇后陛下は、(中略)初めての孫と一般人との「不幸な“婚約”」を終わらせるために、主導的な努力を果たされている》

《伝えられるところによれば、皇后陛下は、小室氏が(金銭トラブルを)秘密にし、不誠実な態度をとってきたことに怒りを表されている》

さらに、美智子さまが

《小室さんが個人的な利益目的で皇室との関係を利用することを危惧》

されていると報じた。

88ab7c69cae97f3e0f23c66848936001

「今回の報道が、小室さんの留学にとっても、大きな転機になるかもしれない」と、別の宮内庁関係者が言う。

「小室さんは留学先の大学で、VIP待遇を受けています。

3年間で2000万円以上とされる学費が免除され、日本の弁護士資格がないと受講できないはずのカリキュラムで学び、ニューヨーク州の弁護士試験に合格できるように教授によるマンツーマン授業も受けているそうです。

小室さんが、それだけ優遇されるのは、皇室との関係を利用したのではと指摘されても仕方ありません」

小室さんは留学直後、大学職員までも「日本のプリンス」と勘違いしていたほどの特別待遇で、全米有数のセレブ大学で学んでいる。

「日本では小室さんについていくつかの問題が大きく報道されていますが、留学先の米国ではほとんど認知されていません。むしろ、内親王は結婚すると皇籍を離脱するという日本の皇室のルールを知らない人も多く、“小室さんは間もなくプリンスになる”という誤解も多かった。

しかし、今回の『タイムズ』の報道では、美智子さまが“皇室ご一家の非常に強い守護者”であると紹介されました。

その美智子さまが、小室さんの皇室利用を懸念されていると報じられ、大学当局や現地の関係者たちも重く捉え始めているといいます」(前出・宮内庁関係者)

小室さんとしては、弁護士資格を取るまでは婚約内定者の立場のまま、優遇され続けたいだろう。

「小室さんは、試験でも点数に“ゲタを履かせてもらう”のを期待している」

(前出・皇室ジャーナリスト)とさえいわれている。

「しかし、異常な特別待遇を受けていることが現地で知られつつあるので、不公平を訴える大学関係者や学生も出てきかねない。いよいよ、そのVIP待遇も剥奪されるかもしれません」(前出・宮内庁関係者)

英国『タイムズ』は、紀子さまが眞子さまに語ったとされる言葉で原稿を結んでいる。

《愛は個人的な問題だが、結婚は家族の問題だ》

※女性セブン2019年1月31日号

 


1コメントあります (^_^;)

ゴーン ルノーも解任

5610068

taiho_syujin

 

 カネに目がくらんで 日産を私物化した男ゴーン

  自分のクビすら危ないマクロンは もう擁護しきれない

 孤立無援となったゴーンは 実刑の可能性もでてきました

  これから強欲は「ごーんよく」と読みましょう  (^_^;)

 

フランスのルメール経済・財務相は16日のテレビ番組で、役員報酬の過少記載の罪などで起訴されたカルロス・ゴーン(64)が会長兼最高経営責任者(CEO)を務める仏ルノーに対し、「新しいガバナンス体制を望む」と述べ、初めてゴーン解任を求めた。

download

ゴーンを擁護してきたフランスのマクロン政権が姿勢を転換したことで、解任は避けられない情勢となった。

熟女好みのフランス大統領エマニュエル・マクロン→

ルメール経済・財務相は番組で「ゴーンが退任するということか」と問われ、「その通りだ」と明言した。

「ゴーンが長期間業務に携われないなら、新しい段階に進むべきだと言ってきた。今がその時だ」と説明。

15日に東京地裁がゴーンの保釈請求を却下したことで、勾留がさらに延びる可能性があることが影響したことを示唆した。

ルメール氏はゴーンの後任を議論する取締役会を近日中に開くようルノーに求めたことも明らかにした。

仏メディアは20日にも開かれると報じている。

ルノーはフランスの元国営企業で、フランス政府は今も筆頭株主として経営に大きな影響力を持つ。

フランス政府はこれまで「推定無罪の原則が働く」(ルメール氏)などと屁理屈をこねて、ゴーンのルノー会長兼CEO職からの解任に慎重だった。

 


パリで爆弾テロ?

Dwsl8rgWwAAq_gS


コメントをどうぞ (^_^;)

ゴーン逮捕への報復?

img_4e577ed5bdc461d9c6dec1a50f88da3c46849

8732502i

 

 どう見たってゴーン逮捕への報復に見えます

  カナダ人を報復逮捕してる中国みたい

 どちらも中華思想の国ですからね

  王族の首を切った実績もあるし  (^_^;)

 

フランス司法当局が、2020年東京五輪・パラリンピックの招致活動に汚職の疑いがあったとして、招致委員会の理事長を務めていた日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長に対する刑事訴訟の手続きを始めたことが分かった。仏紙ルモンド(電子版)が11日報じた。

ルモンドによると仏で「予審」と呼ばれる裁判所への起訴の前段階に当たる手続きが始まった。

司法当局が捜査の継続が適切と判断したことを示しており、今後は予審判事による捜査が続くとみられる。

招致活動を巡っては、東京での五輪開催が決まった13年、日本の招致委がシンガポールのコンサルタント会社「ブラック・タイディングス」に約2億3千万円を支払っていた。

仏検察は一部が国際オリンピック委員会(IOC)関係者の賄賂として流れていたとみて、贈収賄などの疑いで捜査していた。

この資金について、招致委は招致活動を進めるために必要なコンサル業務に対する正当な送金だったとの立場だ。

17年には東京地検特捜部が仏検察の要請を受け、竹田会長らを任意で事情聴取していた。

JOCの広報担当者は11日、「報道は把握しているが、事実関係を確認中だ」と話した。

 

竹田 恆和

旧皇族竹田宮恒徳王の三男。日本オリンピック委員会会長。国際オリンピック委員会委員。2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会副会長。国際馬術連盟名誉副会長、日本馬術連盟副会長。1972年ミュンヘンオリンピック・1976年モントリオールオリンピック馬術日本代表。

 

20171013002110のコピー

▲ギロチンで処刑されたフランス国王ルイ16世 マリーアントワネットの夫

フランスでは、つい最近(1981年)まで、死刑にギロチンを使用していました

 

中華思想(ちゅうかしそう)

自国が世界の中心であり、その文化が神聖なものであると自負し、周囲の民族を蛮族として軽蔑する考え方で、漢民族が古くから持った中国中心思想。

「中国」という呼び名も、この考え方に基づく。

思想などと呼ぶほど大したものではなく、単なる自己中(じこちゅー)や視野の狭さといった、未開な民族によく見られる、民度の低さを示す習性。

 


オリの中の正月

00390360HDK

taiho

 

 人生の頂点とどん底 両方体験できて

  なかなか悪くない人生だと思います

 焼き鳥 食べたいだろなぁ  (^_^;)

 

日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容疑者(64)は、特別背任事件について年末年始も取り調べを受ける。

今月下旬に急きょ再逮捕に踏み切り、東京地検特捜部の捜査スケジュールに狂いが生じたためだ。

異例の「越年捜査」を受けて、弁護人の接見も特例で認められた。

特捜部は10日にゴーンを金融商品取引法違反容疑で再逮捕した。

だが東京地裁が20日、勾留延長の請求を却下。

早期保釈の観測が出る中、翌21日に会社法違反(特別背任)容疑で再逮捕した。

勾留期限は来年1月1日。最長で同11日まで延長が認められる。

特捜部はこの日までに起訴するかどうかを判断するのが通例だ。

keimusyo_menkai

特捜部は年末年始の取り調べを避けて捜査スケジュールを組むのが通例だが、今回は異例の年越しだ。

法務省と日本弁護士連合会は、弁護人の接見を原則、平日と土曜の午前中と申し合わせている。

年末年始の12月30日~1月3日は休日扱いで、接見は原則できない。

ゴーンの弁護人を務める元特捜部長の大鶴基成弁護士は「接見なしで5日間連続の取り調べは異常だ」として、年末年始の接見を認めるよう要請。

主任検事と調整し、30日~1月3日のうち、日曜の30日、祝日の元日以外の日は午前中に接見が認められることになった。

接見は緊急性や必要性が認められれば、拘置所長の判断で許可しており、今回は例外的な措置だ。

関係者によると、ゴーンは当初、約3畳の単独室に収容されたが、途中でベッドのある部屋に移された。

3回目の逮捕にも動揺はみせず、「日産に損害は与えていない」と容疑を否認しているという。

0000049698527のコピー

東京拘置所では大みそかに「年越しそば」としてカップ麺が振る舞われる。

普段の主食は米7割、麦3割だが、三が日だけ白米に変わる。

元日は、エビやかまぼこ、黒豆が入ったおせちも提供される。

法務省関係者は「ゴーンの口に合うかわからないが、多くの収容者は楽しみにしている」と話す。

 

D6pxoZZtgAR7t6r0JuBhE4NpNWmG74zfのコピー

 

 

大みそか ゴーンの胸に ひびく鐘  

 

(年末のココロの俳句)