Category » オススメ本・映画・舞台

お練り

maikosan

 

 京都南座がニュースになると

  そろそろ年末だなぁ

 なんて感じますね  (^_^;)

 

京都の南座が改修工事を終え、11月に新しく開場するのを記念して歌舞伎俳優が祗園の街を練り歩く「お練り」が行われました。

この大規模な「お練り」は南座が約3年の改修工事を終え、11月に新しく開場するのを記念して行われました。

南座は江戸時代に誕生してから400年以上の歴史を持ち1996年には国の登録有形文化財に登録されましたが、2016年2月から耐震補強工事のため休館していました。

11月1日には年末恒例「吉例顔見世興行」が行われ、新たな南座が開場します。

今回の「お練り」は、全車線を通行止めにし、祇園祭以外では異例の四条通での大規模イベント。

中村時蔵(63)以下の世代のほぼ全ての役者が参加。

11月の顔見世で襲名を披露する松本幸四郎(45)、市川染五郎(13)親子のほか、今年の顔見世には出演しない人気役者たちも駆けつけ、京を練り歩く。

「南座発祥400年 南座新開場祇園お練り」と銘打つ。

 

花形役者がそろうお練りは、東京の歌舞伎座が建て替えで新開場した2013年春に銀座であり、数万人の人出があった時以来。

この時は市川海老蔵(40)や中村勘九郎(36)ら約60人の役者が参加したが、当時より子ども世代の役者が増えており、近年にない規模のお練りになる。

参加する役者は現在最終調整しているが、最年少では、勘九郎の次男の長三郎(5)らも歩く予定。

南座から八坂神社までの四条通は当日午後1時半~4時半は車両通行止めとなる予定で、路線バスは迂回する。雨天決行。

南座は日本最古の劇場で、江戸時代初期の元和年間(1615~1624年)にルーツを持つ。

現在の建物は1929(昭和4)年築で、約3年がかりの耐震改修を終え、11月1日に初日を迎える顔見世で新開場する。

今年は22年ぶりとなる2カ月連続の顔見世で、12月も役者や演目を替え、26日まで続く。

 


ハリウッド版ゴジラ続編

kimpigumon

 

 日本の周辺国を怪獣にたとえると、

  日本=ゴジラ、米国=キングギドラ

  中国=キングコング、台湾=モスラ

  韓国=ラドン、北朝鮮=ピグモン かな?

 

映画『ゴジラ:キング・オブ・ザ・モンスターズ(Godzilla: King of the Monsters):原題』が、2019年5月31日にアメリカで公開される。

2018年7月23日(月)現在、日本公開日は不明。

本作は、2014年公開のハリウッド版ゴジラ『GODZILLA ゴジラ』の続編。

前作の監督であり、近年では『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』をヒットに導いたことも記憶に新しいギャレス・エドワーズに代わり、『X-MEN: アポカリプス』の脚本などで知られるマイケル・ドハティが監督を務める。

つづきはここをクリック »


千手観音

hotoke_senju_kannon

 

 これはすごい!  (^_^;)


訃報 津川雅彦

濹東綺譚

津川雅彦(つがわ・まさひこ、本名・加藤雅彦=かとう・まさひこ)さんが4日、心不全のため死去した。78歳。

京都市出身。「日本映画の祖」とされる映画監督の牧野省三を祖父に持ち、俳優の父沢村国太郎、母マキノ智子、兄長門裕之をはじめ、芸能関係者のそろう「マキノ一族」に生まれ育った。父主宰の劇団で子役として活動、映画にも出演した。

sim

石原慎太郎が津川雅彦と命名。『狂った果実』に石原の強烈な推薦で出演した縁から。

「津川」の名は石原の小説「太陽の季節」のメインキャラクター「津川竜哉」から付けられた。

映画「ひとひらの雪」に秋吉久美子と共に出演、恋に溺れる中年男性を好演した。「不倫は文化」を具体的に表現したような作品。

テレビの討論番組でリベラルとされる文化人やマスコミを批判したり、靖国神社参拝推進の運動に関わったりと、保守的な言論でも知られた。

06年に紫綬褒章、14年に旭日小綬章。長女真由子さんも女優。

20110725115044

 

 ←この作品には衝撃を受けました

  最も好きだった俳優さんを失って

   超がっかりです  (T_T)


La Marseillaise

フランス国歌「ラ・マルセイエーズ(La Marseillaise)」は、日本人でもよく耳にする歌で、マルセイユの歌とも呼ばれます。

マルセイユはフランスの都市の名で、この歌の元はフランス革命時の革命歌です。

91942623-guillotine-cartoon-illustration

 

 なかなか過激な歌詞ですね

  サッカーの応援には ぴったりかも  (^_^;)

 

映画「カサブランカ」より


日劇が消える

WS000000

日劇」の愛称で80年以上親しまれてきた東京都千代田区有楽町の映画館「TOHOシネマズ 日劇」が2月4日に閉館する。

20180130-OYT1I50017-N 同館は、これまでの感謝の思いを込め、名作映画約60作品を閉館日まで上映している。

 同館は、商業ビル「有楽町マリオン」の上層階で3スクリーン計2136席を営業する映画館。

1933年に「日本劇場」として開業し、映画だけでなく舞台でのダンスショーなども行った。

経営主体が変わったり、1980年代に建物を建て替えたりしても、「日劇」の名称は残されてきた。

 1984年公開の映画「ゴジラ」では、マリオンがゴジラに破壊されるシーンとして登場するなど、映画ファンにとってもなじみの深い場所となってきた。

 TOHOシネマズは、今年3月に開業する近隣の大型複合施設「東京ミッドタウン日比谷」に、13スクリーン約2800席の映画館「TOHOシネマズ 日比谷」を開業することから、日劇の閉館を決めた。

使わなくなったスペースは貸しホールなどに活用する。

 同館は「国内外の多くの名作が上映された歴史を最後に伝えたい」と特別イベントの実施を決定。

ゴジラや「ターミネーター」などを、スクリーンごとに1日3~4作品上映。

2月2、3日には「踊る大捜査線」や「バック・トゥ・ザ・フューチャー」などのシリーズ作品を夜通し上映する。

 また、3、4日には「Shall we ダンス?」の周防正行監督ら映画関係者によるトークショーも行われる。

TOHOシネマズの担当者は「この地で支えてくれた多くのお客さまに楽しんでもらえる期間にしたい」としている。

 料金は一部を除き1100円。

上映スケジュールやチケットの購入は、TOHOシネマズのホームページから。

3897707i

 

 日比谷に「発展的移転」

  ということですね  (^_^;)

 

20180130-OYT1I50015-L

旧日劇ビル ▲開館当時1933年(昭和8年) ▼建替直前1981年(昭和56年)

25300006390


マーク・レスター

91mSwDcrU9L._SL1500_

マーク・レスターという名を聞いて胸がときめくのは、ある程度、人生を重ねた世代だろう。

ただ、『小さな恋のメロディ』という作品を知っている映画ファンは多いはず。

11歳の主人公2人が惹かれ合い、子供たちだけで結婚式を挙げるという、冷静に考えると他愛もないストーリーだが、ビージーズの名曲と、子役たちの愛おしいほどの名演技もあって、現在も語り継がれる名作となった。

とりわけ日本での人気が高い、この『メロディ』。

主演のマーク・レスターとトレイシー・ハイドは1971年の公開からしばらく、映画誌の表紙を飾るアイドル的存在だった。

二人は現在、俳優業から退いており、いまだに『メロディ』の姿でファンの記憶に刻み込まれている。

『小さな恋のメロディ』公開から46年。

マーク・レスターが、東京コミコンのために来日した。

現在59歳となったマークに、『メロディ』当時の思い出や、その後の人生について話を聞いた。

WS000000

 

 子供のころ近所の柔道場に

マーク・レスターが来たような気がします  (^_^;)

 

つづきはここをクリック »


映画『君の名は。』地上波初放送

昨年8月に公開され、国内興行収入が250億円を突破する歴史的大ヒット作となった新海誠監督のアニメーション映画『君の名は。』が来年1月3日(21:00~)にテレビ朝日系で地上波初放送されることが発表された。

2016年の興行収入1位、そして日本映画史上歴代2位という大記録を打ち立て社会現象にもなった。

maxresdefault

 

 あの「シン・ゴジラ」をしのいだ

   大ヒット作です  (^_^;)

 

つづきはここをクリック »


ムズキュン

w700c-ez_2467a2f0ae3ad7ed7119a9c2bf23912c8404d656fdac22e1
新垣結衣、星野源(C)TBS

TBSでは、12月31日と1月1日の年末年始2日間にわたって、新垣結衣が主演を務めた大人気連続ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(全11話)を全話一挙放送することが決定した(※一部地域を除く)。

images

 

見逃した皆さん チャンスですよ~  (^_^;)

 

つづきはここをクリック »


寅さんサミット

映画「男はつらいよ」シリーズのロケ地となった国内外の17地域が参加して第3回の「寅さんサミット」が11月25日、主人公・寅さんの故郷として知られる東京都葛飾区柴又の柴又帝釈天(題経寺)や参道周辺で開かれた。

国の文化審議会が、葛飾柴又を重要文化的景観に選定するよう文部科学相に17日に答申したこともあり、寅さんファンや観光客が詰め掛けた。

寅さんの妹さくらを演じた女優の倍賞千恵子さん(76)は特設会場で「町全体を、建物を残してくれているのは、柴又に住む人たちに人情があるということだと思います」と語った。

サミットは、寅さんやロケ地の魅力を発信しようと葛飾区などが主催。今年は、新たに宮城県栗原市、静岡県焼津市、福岡県朝倉市が加わった。

特設会場では物産販売のほか伝統芸能の披露などで各地の魅力を紹介。

朝倉市のブースでは蒸し雑煮など名産品が並んだ。7月の豪雨で被災し現在も仮設住宅で暮らす「あさくら観光協会」事務局長の里川径一さん(41)は「災害の跡は今も残っているが、頑張っているところです。寅さんの巡ったエリアは安全で、朝倉にも足を運んでいただければ」と話した。

甘酒、リンゴなどを販売する長野県小諸市のブースで、立ち寄った千葉県在住のフリーライター高井信成さん(60)は「寅さんはいつも振られるが、見ていて、次こそという気持ちになるのも面白さの一つ」と魅力を語った。

会場の一つ「葛飾柴又寅さん記念館」では、寅さんの好物のサトイモなどが入った記念弁当や各地の駅弁を販売した。

詳細はここをクリック


台湾人の歌舞伎町

kabukichobook_thum630【書評】『台湾人の歌舞伎町 新宿、もうひとつの戦後史』/稲葉佳子 青池憲司・著/紀伊國屋書店/1800円+税

【評者】与那原恵(ノンフィクションライター)

終戦直後の新宿歌舞伎町あたりは焼け野原だった、と話していたのは、故種村季弘さん(ドイツ文学者)である。

私が子どものころ、歌舞伎町は映画を見に行くところで、帰りにロシア料理店に寄るのが楽しみだった。

父に連れられて何度か行った沖縄料理屋「南風」は女優の嘉手納清美の実家だと知られていて、在京沖縄人が集う店だった。

この歌舞伎町がかつて野原だったとは想像もつかなかったが、たしかに昔の歌舞伎町には「新開地」の雰囲気が残っていた。

戦前は小さな商家や住宅が混在し、高等女学校があった旧角筈一丁目北町だが、空襲により空白地帯となった。

終戦後、この一帯を興行街にする計画が立ち上がる。

歌舞伎劇場の建設が予定され、町名も「歌舞伎町」に変更された。

結局、歌舞伎劇場建設は頓挫したものの、映画館や娯楽施設がつくられ、その周辺に個性的な飲食店が誕生していった。

こうした歌舞伎町の発展には台湾人の活躍があったことを本書は明らかにしていく。

名曲喫茶「スカラ座」や「らんぶる」、そして「風林会館」や「アシベ会館」などの創業者は台湾人であったことに私は驚いた。

著者は丁寧な聞き取りと資料調査を重ね、ドラマに満ちた「もうひとつの歌舞伎町史」を描きだす。

台湾人創業者の多くは、戦前から日本に「内地留学」していた若者たちだ。

日本統治下にあった台湾から留学をすることができた彼らは、富裕な家に生まれたインテリ青年だが、終戦により裸一貫となってしまう。

台湾の政治状況も混乱をきわめており、日本にとどまらざるを得なくなった彼らは、まず新宿西口の闇市マーケットで商売を始めるのだが、やがて閉鎖されてしまう。

そこで、新しく生まれたまち歌舞伎町に活路を見出していったのだ。

台湾人華僑のネットワークや金融組織なども興味深いが、彼らのビジネス哲学は利益を求めるだけではなく、人が集う場としての魅力、広い意味でのまちの文化をつくろうとした気概を感じる。

※週刊ポスト2017年11月3日号

WS000000

 

 らんぶる創業者が台湾人とは

  知りませんでした (^_^;)

 


シン・ゴジラ地上波初放送

『エヴァンゲリオン』シリーズの庵野秀明氏が脚本と総監督を担当、『のぼうの城』、『進撃の巨人』の樋口真嗣氏が監督と特技監督を務め、300名を超える豪華キャストが集結した映画『シン・ゴジラ』。

テレビ朝日にて11月12日21時より地上波初放送します、放送日当日をお楽しみに!

1506677146_1_1_c4882ff517f6d20d5ad2e494fa15c3b6

 

劇場でも見ましたよ また見たいにゃ~

 山潤さん 情報提供ありがとー  (^_^;)

 

昨年7月に公開された本作は、興行収入82.5億円の大ヒットを記録しました。

また2016年の実写邦画ランキングでは堂々の第1位に輝き、日本アカデミー賞の最優秀作品賞ほか、最優秀監督賞、最優秀撮影賞など7つの最優秀賞を受賞しています。

東京湾・羽田沖。突如、東京湾アクアトンネルが巨大な轟音とともに大量の浸水に巻き込まれ崩落する。

事故の原因は不明。首相官邸では大河内総理大臣(大杉漣)ら閣僚による緊急会議が開かれる。

「崩落の原因は地震や海底火山」という意見が大勢を占める中、内閣官房副長官・矢口(長谷川博己)だけは、海中に棲む巨大生物による可能性を指摘する。

内閣総理大臣補佐官・赤坂(竹野内豊)らは議論に値しないものと黙殺するが、直後に海上に巨大不明生物の姿が発見される。

騒然となる政府関係者が情報収集に追われる中、謎の巨大不明生物は上陸。

次々と街を破壊し、日本は壊滅へと突き進んでいく。

緊急対策本部を設置した政府は、自衛隊にも防衛出動命令を発動。

2016090602-bedd5米大統領特使カヨコ・アン・パタースン(石原さとみ)も来日。世界が注視し始める。

  この役 少し浮いてたなぁ (;´Д`)

巨大生物の正体は何なのか、その生態は、そしてどのようにして倒すべきなのか?

日本を守るための矢口らの長い長い戦いが幕を開けた 。

【出演】長谷川博己 竹野内豊 石原さとみ
【脚本】総監督:庵野秀明
【監督・特技監督】樋口真嗣
【准監督・特技統括】尾上克郎
【音楽】鷺巣詩郎
【公開】2016年7月29日(金)

『シン・ゴジラ』公式サイト


ジャンヌ・モロー

geo17080105010021-p1

1957年の仏映画「死刑台のエレベーター」や62年の「突然炎のごとく」など数々の名作で知られるフランスの大女優、ジャンヌ・モローさんが7月31日、パリの自宅で死去した。89歳だった。

同日、自宅を訪れた家政婦が、倒れているモローさんを発見したという。死因は不明。

1928年、飲食業の父と英国人ダンサーの母との間に生まれ、40年代にデビュー。

50~60年代には仏映画界を席巻した刷新運動、ヌーベルバーグ(新しい波)を代表するフランソワ・トリュフォー監督らに重用され、独特の低い声とボーイッシュな魅力を振りまいて脚光を浴びた。

60年公開の「雨のしのび逢い」でカンヌ国際映画祭主演女優賞を受賞。

2000年にベルリン国際映画祭金熊名誉賞、03年にカンヌ国際映画祭パルム・ドール名誉賞を授与された。

日本では、モローさんにとって10年ぶりの主演作「クロワッサンで朝食を」が13年に公開され、話題となった。

子猫 dropbox 

余人をもって替えがたい

文字通りの「個性派女優」でしたね (T_T)


舞台パタリロ!

ws000001 つづきはここをクリック »


映画「捨てがたき人々」

荒削りな筋ですが 心にズシンと来ました (^_^;)

▼主題歌