Category » 幕末・明治維新

池上線まつり

a_1

00-5-743x435

 

 兄の目蒲線は分断されてしまったけど

  弟の池上線は無事に走ってます  (^_^;)

 

「池上線全線祭り」が11月23~24日、五反田駅から蒲田駅を結ぶ東急池上線沿線で実施される。主催は東京急行電鉄。

同イベントは、東急池上線沿線の活性化を目的とする「『生活名所』プロジェクト」の第2弾。

昨年10月には、同プロジェクト第1弾として「池上線フリー乗車デー」を開催した。

乗車数は約56万9000人、池上線の認知度は63.7%(イベント前54.3%)となった。

同イベント広報担当者は「昨年は地域の商店街や店舗、企業の方々に協力いただき盛況だった。今回も地域の方々を中心にイベントを盛り上げていくことで、池上線沿線の魅力を伝えられたら」と話す。

当日は、東急池上線各駅でさまざまな企画イベントを行う。戸越銀座駅と池上駅の各商店街では、店舗前にテーブルを設置し、名物メニューを食べ歩きできる「ストリートビュッフェ」を展開。洗足池公園では、ボートハウス屋上をテラスとして開放するほか、ボートの無料乗艇(先着109組限定)を行う。

今年は江戸無血開城150年にちなみ、勝海舟と西郷隆盛のゆかりの地を巡る「幕末・明治スタンプラリー」とのコラボ企画も行う。

勝海舟の別荘があった洗足池と西郷隆盛が本陣を置いた池上本門寺周辺の店にスタンプ台を設置し、鹿児島県産食材を使った「勝丼」「せご丼」を販売する。

洗足駅と池上駅では、スタンプを集めて参加できる「無血開城抽選会」を行う。

そのほか、東急線各駅で現在販売している「東急ワンデーチケット」(660円)を提示すると、池上線沿線の200店以上で使える特典も用意する。

「ほっとスポット戸越銀座」ではコロッケ1個と引き換えできる「歩きコロッケカード」、洗足池駅近くにある鮮魚店「魚忠」では100円サービス券、久が原駅近くの「昭和のくらし博物館」ではオリジナル絵はがき進呈を行う(以上、準備数無くなり次第終了)。

担当者は「今回は持ち帰り用のごみ袋やマナー啓発の冊子を配布するなど、環境面にも気を配った。一路線全駅でイベントを行うのは首都圏の鉄道会社では初の試み。ぜひワンデーチケットで、一駅一駅を楽しんでもらえれば」と呼び掛ける。

 


板橋赤羽散歩

003

詳細はここをクリック


抜刀隊(ばっとうたい)

543d6d415ddc045b4d93483811f48082

 

 La Marseillaise に相当? 日本の行進曲「抜刀隊」

   作曲したルルーは フランス人

 抜刀隊は明治10年の西南戦争で西郷軍と戦った  (T_T)

 

パリ-セット-クリップアート切り張りイラスト絵画集__k19029945

 

 フランス革命記念日(7/14)の軍事パレード

  日本の陸上自衛隊が一昨日 参加しています

 左の白服は シンガポール軍です  (^_^;)

 


お花見散歩2018(2)増上寺

009

詳細はここをクリック


150年前の3月

w960_20110526105836983_0001-2

今からちょうど150年前、時代は幕末1868年3月14日

薩摩藩の江戸屋敷(現在のJR山手線田町駅の近く)の一室で、二人の男が向かい合って座っていました。

官軍参謀の西郷隆盛と、幕府陸軍総裁の勝海舟です。

この会談により、江戸城の新政府への引渡しが決まり、 江戸の無血開城が成りました。

この時、すでに鳥羽伏見の戦いで旧幕府軍は新政府軍(官軍)に破れており、新政府軍は、徳川家が持つ広大な所領を奪い、政治運営のために必要な財源を確保すべく、勝と西郷の会談が終わり次第、江戸城への総攻撃の準備に取り掛かっていた頃です。

しかし、幕府側の勝海舟は考えます。

  「江戸が戦火に巻き込まれると、たちまち日本全土へと広がり、国力が疲弊する」

そこで勝は、新政府軍参謀の西郷に提案を持ちかけます。

  「徳川家に対する寛大な処分を行うならば、抵抗することなく江戸城を明け渡す」

勝海舟の考えは、国が2つに分かれて争っている間に日本の力が弱まり、その隙に外国の植民地にされてしまうことを心配していたといいます。

幕府の中でフランスの援助を受けて新政府軍に対抗しようとする動きがあったのですが、勝は

  「フランスがそこにつけ込んで、日本を植民地化する恐れがある」

と考え、この動きを抑え込んだりしています。

実際はこのような綺麗事ばかりでなく、さまざまな策略が渦巻く世界だったようです。

いまシリアが外国の介入を許して、ドロドロの内戦になり、多くの都市が廃墟になっています。

シリア

アレッポ


コメントをどうぞ (^_^;)

サラリーマン土方歳三

WS000000土方歳三が現代の会社員なら。

波乱の時代を切り開いた幕末の英雄たちが、もしも現代のサラリーマンだったら、どう行動するだろうか?

そんなマンガが、NHKの「どーも、マンガです。」に登場した。

土方歳三、坂本龍馬、西郷隆盛など幕末の英雄たちが、現代の出版業界を舞台にそれぞれの信念を貫く、サラリーマン歴史ドラマだ。

WS000001

 

幕末のジャニーズ系です  (^_^;)

 

詳細はここをクリック


新選組の名簿発見

WS000000

幕末の京都で新選組の前身となった浪士組235人の出身地や年齢、家族構成が記された詳細な名簿が、東京大法学部に保存されていることが5月28日、歴史研究家への取材で分かった。

妻子を持った40代以上の者も多く、中には60代の浪士も。

動乱の時代に立身出世を夢見た新選組の原点が垣間見える。

見つかったのは「浪士姓名簿」と題された冊子で、これまで一部の存在しか知られていなかった。

幕府の呼び掛けで江戸に集まった者の身上書を基に、浪士組取締役だった旗本が一覧を記したものとみられる。

後に新選組幹部となる沖田総司や永倉新八、藤堂平助が近藤勇の道場に同居し、山南敬助が門人の家に間借りしていたことが分かる。

父母や妻子の記載がなく、独り身とみられるのは80人足らず。

63歳が2人おり、「孫」「祖母、母、妻子六人」「父母、兄弟十人」など多くの家族を抱える者もいた。

E9BB92E99D92

 

63歳と言えば 当時は隠居してる年齢

浪人は大変だったんだね  (~_~;)


コメントをどうぞ (^_^;)

本日は土方歳三の命日

hijikatatoshizo

江戸時代の末期、約260年の歴史と新しい時代の潮流が混ざり合う激動の日本において、時代の波に翻弄された男たち・新選組。

田舎のゴロツキから当時の首都「京都」の守護職にまで成り上がった彼らのストーリーと、悲しい最期にロマンを馳せる人は少なくないだろう。

本日2017年5月11日は、土方歳三の148年目の命日だ。

よしや身は 蝦夷が島辺に 朽ちぬとも 魂は東(あずま)の 君やまもらむ

 

新選組に見る破滅的な美

土方歳三と言えば、新選組において1、2を争う有名人。

局長の近藤勇の死後も、その意志を貫き瓦解する新選組と心中した姿には、破滅的な美しさがあると言っても過言ではないだろう。

思えば、肺炎で病死したと言われる沖田総司、正義の味方のつもりが悪者の親玉となってしまった近藤勇。

それぞれに破滅に向かう悲しさや美しさがあって、そこが日本人の琴線に触れるのかもしれない。

C_gZYvNUQAACq-b

 

愛刀「和泉守兼定」

それはともかく、東京都日野市にある「土方歳三記念館」では、毎年、命日に合わせ愛刀「和泉守兼定」の刀身が期間限定で公開されている。

2017年は4月2日から5月21日までの公開となっており、

開館日は残り5月13日、14日、21日の3日間

新選組のファンは、訪れてみるのも良いのではないだろうか。

土方家過去帳には

「歳進院殿誠山義豊大居士 行年三拾五才 明治二巳年五月十一日 箱館一本木関門に戦死す 俗名土方歳三 土方義諄の末子幼年より剣術を学び近藤勇と共に京師へ至り終に箱館に戦死す」⇒

 

熱狂的な女性ファンで

大混雑してそうな予感 (^_^;)

 

高幡不動尊・金剛寺へ


コメントをどうぞ (^_^;)

戊辰戦争150年法要

lif1703180050-p1

▲新選組隊士法要で祭文を読む宮川清蔵さん=3月18日、高幡不動尊

幕末に反幕派を取り締まるため京都で結成された新選組の局長近藤勇や副長土方歳三らの子孫が3月18日、ゆかりのある東京都日野市の高幡不動尊で法要を営んだ。

明治維新で新政府軍と新選組も加わった旧幕府軍が戦った戊辰戦争が、来年で開戦150年を迎えるのを前に、双方の戦死者を弔った。

近藤勇らは現在の東京・多摩地区出身で、高幡不動尊は土方家の菩提寺として知られる。

この日の法要では読経と焼香の後、近藤勇の兄の子孫である宮川清蔵さん(78)が代表し

「新選組は、一切の私心なく、大義を信じて戦った。

尊い命をささげた生涯と功績を後世に語り伝えることを誓う」

と祭文を読み上げた。

土方歳三の子孫の愛さん(45)は法要後に「敵味方関係なく供養できたのは感慨深い。新選組が現代まで語り継がれたのは、迷いのないまっすぐな生き方が評価されたのかもしれない」と話した。

WS000000迷いのない まっすぐな生き方

現代では なかなか難しいですねぇ

毎日 迷ってばっかりですよー (^_^;)


松陰神社

image1

 

今年のNHK大河ドラマ

花燃ゆ」が始まりました (^_^;)

 

世田谷区の 松陰神社は ここをクリック

 


横浜市歴史博物館 佐久間象山展

021

詳細はここをクリック

 


18旅13秋 西郷墓地

065

詳細はここをクリック

 

 


18旅13秋 黎明館&砂風呂

038

詳細はここをクリック

 

 


18旅13秋 薩摩藩の産業革命

205

詳細はここをクリック

幕末の改革で 幕府は大失敗したが(天保の改革)

薩摩藩は かなりの成功をおさめた (^_^;)

 


18旅13秋 桜島

142

詳細はここをクリック

 鹿児島から桜島まで

フェリーで15分 150円 (^_^;)