Category » 30【ミュージック】~♪

ひばり邸の「三婆」(さんばば)

201906230000646-w500_0

WS000

▲故美空ひばりさんの家政婦の3人

辻村あさ子、斎藤千恵子、関口範子

 

 いい話だなぁ~

  ひばりさん お元気なら今82歳

 戦後の歌謡界が生んだ 二番目の天才

  一番はもちろん 藤圭子   (T_T)

 

日本の戦後歌謡史に大きな足跡を残した美空ひばり

6月24日30回目の命日に当たる。

caption

生前のまま残る東京・目黒区青葉台の自宅(現在は、美空ひばり記念館)には、住み込みで働いていた「おのり」「ちーこ」「あさこ」が今も住んでいる。

ひばり邸の「三婆」(さんばば)とも「妖精」とも呼ばれる3人。

ひばりの死後30年たっても、あのころのまま「『お嬢さん』が生きていた時と同じように」と暮らし続けている。

3人の朝は午前6時、仏前で火打ち石を打つことから始まる。

公私にわたってひばりを支えた母、喜美枝が、舞台へ向かう娘のために祈りを込めた習わしだった。

母の没後は、ひばりが仏前で打つようになって、その習慣を3人が引き継いだ。

耳のいいひばりは、台所のテーブルを動かす、わずかな音でも目を覚ました。

だから静かに、お嬢さんを起こさないように朝食の支度をする。

card_hibari01

「今朝の食事はいかがでしたか」。

食事を担当してきた「あさこ」が仏前で尋ねる。

返事はない。

だが「おいしかったよ」という言葉を夢想して、あさこはひとり、うれしくなる。

日中は、自宅に併設する記念館をファンが訪ねてくる。

身近で見てきたひばりの素顔を今に伝える「語り部」としての役割が、3人の仕事だ。

「お客さんに『ひばりさんがここにいて、迎えてくれたみたいだわ』

 なんて言われると、本当にうれしくて」

現場で付き人を務めた「おのり」の笑みがこぼれる。

ひばりの主演映画やコンサートの録画を3人で見る。

映像に合わせて誰ともなく歌い出す。

かわいらしい衣装や小物を見れば「お嬢さん、こういうの好きよね」などと語り合う。

「飽きる? いいえ、お嬢さんの話題は次から次に出てきますから」。

おのりとともに現場の付き人だった「ちーこ」が破顔する。

現在のひばり邸を新築する際、3人に個室を、という話もあった。

だが、固辞してそのまま、豪邸の隅っこ、10畳の和室で川の字になって寝る。

「お嬢さんが夢に出てくることは、ほとんどありません。夢でもいいからお話ししたいのに。なぜでしょう」と3人は口をそろえる。

長年、公私にわたって芸能活動を支えた3人を、ひばりは生前、とても大切にした。

ひばりの死後、誰も「辞める」と言わなかった。

「出て行け」とも言われなかった。

付き人として、ひばりと暮らしたあのころのまま、昨日と同じ今日を生きていたら、いつのまにか30年がたった。

これからのことなど考えたこともない。

明日も今日のように生きるつもりだという。

3人の夢、生きがいは、昔も今も「お嬢さんのそばにいること」。

おのりは言う。

「たった一つの願いがかなった人生です。私たちは本当に幸せです」

(以上、敬称略)

「おのり」こと関口範子さんは1940年(昭15)、「ちーこ」こと斎藤千恵子さんは37年、ともに東京都で生まれた。

「あさこ」こと辻村あさ子さんは50年生まれで静岡県出身。

いずれも熱烈なひばりファンだったが、ひばりの母、喜美枝さんに声をかけられて、住み込みで働くようになった。

おのりは商社勤務を経て61年、ちーこは66年から、ともに付き人に。

あさこは農協勤務を経て73年から料理係を務めた。

それぞれのあだ名は、ひばりがつけた。

現在は、東京都目黒区の美空ひばり記念館で案内係としても働いている。

 

 


藤圭子

o0200020014337636000

 

 日本の歌謡界が生んだ 戦後最大の天才

   天才にはよくあることですが

 一般社会(非天才が99.9%以上を占める)への適応には

   困難を極めたようです  (T_T)

 

1960年代末から1970年代初頭にかけて、夜の世界に生きる女の情感を描いた暗く哀切な楽曲(『怨歌』)を、個性的なドスの効いたハスキーボイスと独特の凄みのある歌いまわしで歌唱し、その可憐な風貌とのギャップも相俟って一世を風靡した。

代表曲は「新宿の女」「女のブルース」「圭子の夢は夜ひらく」「京都から博多まで」など。

他の歌手のヒット曲なども幅広くカバーしており、多くの曲で本家を凌駕する歌唱力と表現力を発揮したと言われている。

最大のヒット曲『うそ』をカバーされた中条きよしは

『こんなにうまく歌われたら、たまんないよ』

と作曲した平尾昌晃に伝えている。

 

 

幼い頃から浪曲師の父・阿部壮(つよし)、同じく浪曲師であり曲師でもある母・竹山澄子(2010年に死去。享年80)のドサ回りに同行。

旅の生活を送り、自らも歌った。

岩見沢市立栄中学校(1983年閉校)卒業。

勉強好きで成績優秀だったが、貧しい生活を支えるために、高校進学を断念。

15歳の時に岩見沢で行われた雪祭り歌謡大会のステージで歌う姿が作曲家・八洲秀章の目に留まり、上京。

八洲秀章のレッスンを受けながらいくつかのレコード会社のオーディションを受けるが全て落選。

生活のために錦糸町や浅草などで母と流しをする。

その後、作詞家の石坂まさをと知り合い、石坂まさをの自宅に住み込みでレッスンを受ける。

1969年9月25日、RCAレコードより「新宿の女」でデビュー。

以後、石坂まさをと組んでヒット曲を連発。

オリコンチャートで、ファーストアルバム「新宿の女」は20週連続1位、間を置かずリリースされたセカンドアルバム「女のブルース」は17週連続1位を記録。

37週連続1位という空前絶後の記録を残す。

なお、内山田洋とクール・ファイブとの共作「演歌の競演 清と圭子」も含めると計42週連続1位となる。

シングルにおいても「女のブルース」は8週連続1位、続く「圭子の夢は夜ひらく」も10週連続1位を記録し、18週連続1位という同一歌手での連続記録を残す。

2013年8月22日午前7時頃、東京都新宿区のマンションの前で倒れているのが発見され、搬送先の病院で死亡が確認された。

新宿警察署によって飛び降り自殺を図ったと断定された。

20150426171728

藤が自殺した後、照實と光はそれぞれコメントを発表し、藤が1988年頃から精神疾患を患っていたことを公表した。

最後の夫は音楽プロデューサーの宇多田照實。

娘は歌手の宇多田ヒカル

元夫はムード歌謡歌手の前川清。

 

 


ホストクラブ

Jd6p1JTQPbnAJpqAhV9g8gQUh3jB8Ir76Syf35GuXiP2CylU27TBTw16QN9NtFKc

Ds2Dx6VUUAAELyF

 

 ファンというのは

  スターの一挙手一投足が気になるので

 批判は有名税みたいなもんでしょうかね  (^_^;)

 

ホストクラブで楽しんだことをツイートしたところ、批判があがった歌手、

きゃりーぱみゅぱみゅ(26)。

12日にはこうした批判に対し、

「偏見をなくしたい」

と真っ向から反論する胆力をみせた。

12日にツイッターにホストクラブにいったことを投稿したきゃりー。

16674538-シャンパンと装飾的な抽象的な組成のボトルとイラスト

「人生経験としてホストクラブに連れていってもらいました

 シャンパンパン 楽しい夜だった」

とつづり、盛り上がる動画を投稿したのだ。

しかし、好意的な声がある一方、

「イメージ壊れる」

「そんなとこ行く必要があるの?」

「行って欲しくなかったな」

「そうして、皆堕ちていくから、ご注意下さい」

といった批判も相次いだのだ。

ホストクラブに行っただけで議論が巻き起こるのもすごいが、こうした声に対し、きゃりーが放ったツイートもなかなかのもの。

top05

「いろんな意見あるみたいだけど

 私は銀座のクラブもキャバクラもガールズバーも

 ホストクラブも2丁目もスナックも偏見なく行くよ」

とした上で

どこの世界でもNo.1になるような人は魅力的だし

 話してると学べるようなことがあったり

 お話ししてて楽しいのだ」

とつづったのだ。

さらに

「人生の社会科見学」

「世の中の偏見を、もっとなくしていきたい」

とも連投した。


ピアノ比較

4a8cd804

 

 こんなにハッキリと

  違う音なんですね  (^_^;)

 

▼海外の反応

・結構違いがあるものだね。
ヤマハの音は一番明るく感じたよ。
ベーゼンドルファーは低音が強めだったね。
そしてスタインウェイはその中間だった気がする。

・ヤマハとスタインウェイはちょっと似てた。

・ヤマハは明るい音色で有名だよね。
ベーゼンドルファーはビンテージっぽい音がする。
そしてスタインウェイはそのどちらとも違う。
それぞれ素晴らしいと思ったよ。

・どれも素晴らしい音だったと思う。
でもベーゼンドルファーの音は少し籠ったように聴こえたね。
この中だったら私はスタインウェイが一番好きだな。

・これは例えるならヤマハは若い元気な子供のようで、
 スタインウェイはバランスのとれた中年の男性、
 そしてベーゼンドルファーは心の温かいお爺さんって感じだね。

・↑それは中々素晴らしい例えだと思う。

・この中だったら間違いなくヤマハが一番だね。
ベーゼンドルファーも良かったけど音がこもって暗く聴こえた。
まぁベーゼンドルファーは壁際にあったから音響に影響が出たのかも知れないけどね。
スタインウェイもとても素敵だったけど、それでも私はヤマハの明るさが好きだと思ったよ。
そして動画主さん、あなたは素晴らしいピアニストだ!

・これは自分の好みだけど、音が一番クリアで明るく感じたヤマハが一番良いなと思った。
私はハッキリ、クッキリした感じのピアノの音が好きなんだよね。

・私はベーゼンドルファーが一番だと思ったけどね。
ベーゼンドルファーは音がまろやかで暖かく耳に優しい感じだったからね。
ヤマハは非常に明るい鐘のような響きだったけど、私の好みとは少し違った。
スタインウェイはその中間って感じかな。

・一位はスタインウェイだな、音はクリアでエレガントだからだ。
2位はヤマハかな、音は非常にクリアだった。
そして3位がベーゼンドルファーだ。

・ヤマハはちょっと音が明るすぎるな、そしてベーゼンドルファーはその逆だ。
私にはスタインウェイが一番だと感じた。

・断トツでスタインウェイが一番だったよ。

・スタインウェイは素晴らしいピアノだけど、値段が馬鹿高いし過大評価され過ぎだと思う。

・スタインウェイだけは絶対にないな。その高い価格の時点でな。

・スタインウェイは一番バランスが良く感じたけど、でも値段を考えたらヤマハになるかな。

・私はスタインウェイが最高だと思う。
ヤマハは音が鋭く聴こえてうるさく感じる。

・この中だったら間違いなくヤマハが一番だったよ。

・↑同じだわ。

・↑ヤマハは音が明るすぎだろ。

・ショパンを演奏するならベーゼンドルファーが1位でスタインウェイが2位かな。
でもジャズならヤマハも良いかも知れない。

・私はヤマハはジャズに最も適していると感じたね。
ベーゼンドルファーはクラシック音楽に適していると感じた。
スタインウェイのサウンドは本当にゴージャスだと思うけど、でも好みは皆それぞれ違うんだろうね。
ちなみに私は価格面を考慮するなら、この中だったらベーゼンドルファーを買う可能性が最も高いかな。

・ちなみにヤマハはベーゼンドルファーを所有してるんだよな。
(ベーゼンドルファーは2008年からヤマハの傘下(完全子会社)になってます。)

・毎度のことだけどヤマハは安くても品質が良い物を作るよね。

・なぜヤマハは何を作っても良い物を作るのだろうか?

・↑ヤマハはキーボードも良い物を作るよな。

・↑ヤマハの作るバイクも素晴らしいぞ。

・自分は芝刈り機もヤマハだし、バイクもヤマハのを持ってたよ(笑)

・正直どれも素晴らしい演奏だった!
そしいぇどのメーカーのピアノにもそれぞれの素晴らしさがあって、私はどれが一番かを選ぶことは出来なかった。

・まぁ最も重要なのはピアノではなく、自分自身がどのように演奏するかなんだけどね。


コメントをどうぞ (^_^;)

結婚 AKIRA & リン・チーリン

akira-1170x480

32155145-台湾地図旗やテキスト-ベクトル-イラスト

 

 中華民国(台湾)は

  中韓とは違って とても親日的で

 民度の高い文明国です  (^_^;)

 

「HiGH&LOW」シリーズや「沈黙-サイレンス-」「この道」などで俳優としても活躍するAKIRAと、「レッドクリフ」シリーズで知られる台湾出身のリン・チーリン

2人は8年前に舞台「レッドクリフ ~愛~」で共演し、2018年に交際をスタートさせた。

約半年の交際期間を経て、2人は台湾と日本の両国に、本日婚姻の届け出を行った。

18773720

普段は日本語メインで、英語と中国語を交えてコミュニケーションを取っているそう。

リン・チーリンは妊娠しておらず、今後住む地については臨機応変に決めていくとのこと。

挙式の実施は未定で、記者会見は行わない予定だという。

AKIRAはFAXにて、

「どんな時も、ありのままの僕を笑顔で受け入れてくれる大きな優しさに、感謝の気持ちと共に、志玲(チーリン)さんを心から幸せにしたいと真摯に思いました」

と結婚に踏み切った理由を語っている。

EXILE TRIBE mobileでは、AKIRAからファンに向けたメッセージも掲載中。EXILE HIROやEXILEメンバーのコメントも順次アップされていく。

なおAKIRAは、HIROらが企画する「CINEMA FIGHTERS」の第3弾では、三池崇史の監督作「Beautiful」に主演する。同プロジェクトの追加情報は追って発表予定。

 

AKIRA コメント

日頃より皆様方には大変お世話になっており、誠にありがとうございます。

私事ではございますが、以前から交友のあった女優の林志玲(リン・チーリン)さんと、6月6日に結婚しましたことをご報告させていただきます。

20190606205903

8年前に共演した舞台「レッドクリフ ~愛~」をきっかけに、長い間、親しい友人としてお付き合いしていくなかでお互いに惹かれ合い、人生のパートナーとして共に歩んでいきたいと強く思い、昨年から交際に至り、これまで2人の仲を深め、向き合ってきました。

多忙な日々の中、志玲さんはいつも自分のことよりも家族や仲間を大切にし、
それ以上に、自分の活動を通してファンの皆様やアジアの多くの方々を大切にし、
沢山の愛情や勇気を届けている姿を近くで見てきて、
その責任感の強さと、愛に溢れる人柄に心惹かれました。

そして、どんな時も、ありのままの僕を笑顔で受け入れてくれる大きな優しさに、
感謝の気持ちと共に、志玲さんを心から幸せにしたいと真摯に思いました。

o0451050011566748803

まだまだ未熟者ではございますが、これからは志玲さんと家族を大切にしながら、
これまで皆様が与えてくださった全てに感謝し、表現者としてこれまで以上に
自覚と責任を持って、芸道に精進してまいります。

そして、エンタテインメントの世界で今以上に初心を忘れず、
日頃から応援してくださっている皆様に恩返し出来ますよう精進していきたいと
思っておりますので、今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。


コメントをどうぞ (^_^;)

ヴィオリスト・エンペラー

▲6年前の動画です  (^_^;)

 

学生時代より、ご趣味の1つとしてヴィオラを演奏されてきた天皇陛下。
学習院OB管弦楽団の定期演奏会にも度々参加されていますが、
過去にはモンゴルやブラジルを訪問された際にも、
サプライズでコンサートに参加し演奏を披露され、
出席者の人々を驚かせていらっしゃいます。

Bratsche

さて、1890年創刊の英弦楽器専門誌「The Strad」は先日、
ヴィオラ奏者としての天皇陛下を特集した記事を配信。
上皇陛下がチェロ、上皇后陛下がピアノを演奏される事にも触れ、
「皇位はチェロ奏者からヴィオラ奏者へと引き継がれた」と紹介しています。

天皇陛下がヴィオラ奏者であるという事実に、
世界中のヴィオリストの方々から歓喜の声が殺到。
一般的にヴァイオリンなどと比べるとマイナーという認識があるようで、
「天皇陛下のおかげでようやくヴィオラに光があたった」
というニュアンスのコメントも目立っていました。

寄せられていた反応をまとめましたので、ごらんください。

 


 

■ ここに来て超クールな情報が飛び込んで来たな! +20 カナダ

■ ヴィオラを奏でるカイザーだなんて素晴らしい! ドイツ

■ ふっふっふっ、やはりヴィオラは高貴な楽器だったようだ。 +3 ギリシャ

■ WOW……。ヴィオラ奏者から指揮者になる人はかなり多い。
けど、とうとう皇帝まで誕生してしまったのか。 +12 カナダ

■ ヴィオラの音色は重厚で、それでいてソフト。
世界的にますます人気が高まっている楽器です。 +39 音楽サイト

■ とんでもなく、最高にクールな情報じゃないか。
ヴィオリスト・エンペラー。カッコいい! アメリカ

■ 皇位が音楽家から音楽家へと引き継がれたなんて素敵だ +5 フランス

■ 天皇陛下もヴィオリストだったのか……。泣けてきた……。 アメリカ

■ 日本にはヴィオラジョークが存在しないに違いない。 +6 カナダ

(※縁の下の力持ちと言える非常に重要な楽器ながらも、
特に過去には、比較的目立たない立ち位置だった事もあって、
「ヴィオラジョーク」が1つのジャンルとして存在している。
例:「ヴァイオリンを盗まれたくなければ、ヴィオラのケースに入れておけ」

■ ヴィオラ奏者が他の音楽家からリスペクトを獲得するには、
エンペラーの力が必要だったようだね +11 フランス

■ 音楽家であり歴史学者。なんて才能豊かな人なんだろう。 +3 アメリカ

■ ヴィオラの演奏者はかなり少ないの。
まさか天皇陛下が演奏してるなんて、本当に嬉しい! イギリス

■ ついにジョーク以外でヴィオラに光が
天皇陛下、あなたは素晴らしい
ヴィオラは本当に素敵な楽器ですよね +114 台湾

■ その通り!
私たちは天皇公認の楽器を弾いてるわけだね、ハハ! +3 台湾

■ テンノウサマと少なくとも1つは共通点があったみたいだ。
と言うか、皇族の人たちがみんな楽器を演奏するということを、
この記事のおかげで今初めて知ったよ。 +1 中国(米在住)

■ ヴィオラを選んだ陛下は、本当に謙虚なお人柄なんだろう……。 アメリカ

■ ついにヴィオラが世界を制する時が来たか!!!!! +17 イギリス

■ ヴィオリストの秘密結社が世界を征服するという噂を聞いた事があったが、
天皇が関わってるとなると、どうやら本当のようだな。 +3 フランス

■ 楽器を演奏する国家元首……。
私の国とは違って日本では芸術が大切にされてるのね。 +5 オーストラリア

■ ヴィオリスト・エンペラー……だと……?
ちなみに天皇陛下が好きな作曲家は誰なんだろう? +13 アメリカ

■ 親近感が湧く情報をありがとう。
ところで、過去から今までのスウェーデンの王族に、
楽器を演奏出来る人が1人でもいただろうか?
全くいなかったような気がするが。 +6 スウェーデン

■ 祭りだ祭りだー!!!!!
世界の国家元首がみんな日本の天皇みたいに、
文化的で、教養があって、芸術に理解があれば、
この世の中はもっと素晴らしいものになるのに!! +16 ギリシャ

■ エンペラドルという最高に頼もしい仲間が加わった +11 チリ

■ これは有名な話だと思ってたけど……。
僕は天皇にヴィオラを教えた先生の名前まで知ってるよ。 +6 アメリカ

■ 陛下もヴィオラジョークを見て笑うのかな?? +6 カナダ

■ これを機にヴィオラジョークは禁止にしよう!
だってさすがに失礼に当たるでしょ! +2 アメリカ

■ 前に政府関連の行事に呼ばれた時に、
陛下と一緒に演奏させていただく栄誉にあずかりました❤️ +23 タイ

■ ああ、知ってたさ……。
そりゃあ天皇はサックスは吹かないだろうさ……涙 +2 米サックス奏者

■ はぁ、私たちのトップも同じくらい文化的な人なら……。 +21 国籍不明

■ うぉー、ヴィオラの時代がやって来たぞー!!!! +37 アメリカ

■ ふっふっふっ、私たちヴィオラ奏者にはエンペラーがついている。
それで、あなた達のバックには誰がいるのかしら? +11 国籍不明

■ 皇族がコンサートに参加して演奏するのか……。
ヨーロッパ人のメンタリティとは大違いだ……。 +3 フランス

■ つまり、俺たちヴィオラ弾きも王族の一員。
論理的思考力を駆使して弾き出した答えがそれだ! +2 イギリス

■ 天皇陛下万歳と叫ばずにはいられない! +15 国籍不明

■ 陛下はきっと、調和を大切にされている方なんでしょうね。 +2 南アフリカ

■ 皇帝でありながら音楽家って、カッコよすぎません!? +8 アメリカ

■ 天皇陛下のお人柄やお立場を考えると、
これ以上ないくらい適した楽器だと思います! オーケストラ専門サイト

 


コメントをどうぞ (^_^;)

純正律と平均律

gassyou_onpu

 

この動画の趣旨とは少しズレるけど

「1オクターブは、音の高さの連続的な変化なのに

 なぜ12段階に断続的に分けているのだろうか?

 8段階や10段階じゃダメなの?」

ということが昔から素朴な疑問でした。

和音との関係がありそうだな、というのは何となく分かるけど、モヤモヤしてました。

音楽に詳しい方には常識なのかもしれないけど、この動画を見て少しスッキリしました。

さらに純正律と平均律の違いって、数学的論理(ロジック)と人間感覚(センス)の接点として、非常に面白いですね。

それにこの先生、説明がすごく分かり易い!  (^_^;)

 


コメントをどうぞ (^_^;)

TikTok

30882_01

https___cdn-ak.f.st-hatena.com_images_fotolife_s_sugachannel_20181207_20181207223938

 

女子高生が踊ってる~♪

 そんなイメージの TikTok ですけど

なかなか奥が深いです  (^_^;)

詳細はここをクリック

 


50歳の女の子

▲この動画は1996年のものです  (^_^;)

歌手の森高千里が4月12日、NHK総合の生番組「あさイチ」の「プレミアムトーク」コーナーに出演し、代名詞的な大ヒット曲「私がオバさんになっても」の誕生秘話を明かした。

1992年の「紅白歌合戦」で同曲を歌う映像が流れた後、司会の博多華丸・大吉の大吉(48)が森高に「この曲の歌詞を書かれた時は、どういうことなんですかこれは?」と、極めてユニークな森高作の歌詞について質問。

この曲以外にも自ら歌詞を手掛けてきた森高は「私の場合、曲があってそれに詞をつけるんですけれども」と、いわゆる“曲先”であることを説明。

その上で、

「私がオバさんになっても」は、「ある人に『女盛りは19(歳)だよな~』みたいな感じ、たぶん軽い気持ちで(言われたことが)あって、ちょっとカチンと来て、詞にしよ!っていう。私たぶんその時はハタチ過ぎてたんで、え?みたいな。私はどうなの?みたいな感じで」

という経験から生まれたことを打ち明けた。また、

「女の子はやっぱりいつまでたっても男の人に優しくしてもらいたいし、デートも色んな所に連れて行ってもらいたいなっていう気持ちも込めて書きました」

とも話していた。

WS000

 

森高千里

  1969年4月11日生まれ (推定年齢 50歳)


訃報 ショーケン

2040724_201408070878229001407415873c

music_band_visual

 

 先日の内田裕也さんに続き

  アウトローの巨星が消えてゆく  (T_T)

 

俳優・萩原健一=本名・萩原敬三=さんが26日午前10時30分、都内の病院で亡くなっていたことが28日、分かった。68歳。所属事務所が書面で発表した。

病名はGIST(消化管間質腫瘍)。2011年からひそかに闘病していたが、本人の強い要望で病名の公表を控えていた。妻でモデルのリカ(本名・理加)さんが最期を看取ったという。

葬儀は家族のみで営まれ、都内の斎場で27日に荼毘(だび)に付された。

萩原さんは1950年7月26日生まれ、埼玉県出身。

65年に結成したばかりのザ・テンプターズにボーカリストとして加わる。

テンプターズはグループサウンズの先輩であるザ・スパイダースと同じスパイダクションに所属し、67年10月、シングル「忘れ得ぬ君」でデビュー。

68年には「神様お願い」「エメラルドの伝説」が大ヒットし、萩原さんは「ショーケン」の愛称で、ザ・タイガースの「ジュリー」こと沢田研二と並ぶアイドル的な人気を博した。

グループサウンズのブームは短く、テンプターズは70年に解散。

萩原さんは71年にテンプターズの大口広司、タイガースの沢田、岸部一徳、スパイダースの大野克夫、井上尭之とニューロックのスーパーグループ「PYG」を結成。

「自由に歩いて愛して」などの名曲を残すが、PYGは自然消滅する。

75年、ファーストソロアルバム「惚れた」を発表。

ソロでは「愚か者よ」、映画「竜二」の主題歌「ララバイ」やBOROのカバー「大阪で生まれた女」などの名曲、柳ジョージ&レイニーウッドがバックバンドの「熱狂・雷舞」や、井上、ミッキー吉野ら豪華メンバーでの「アンドレ・マルロー・ライブ」など、ライブアルバムの名盤を残した。

2017年5月には東京と大阪のビルボードライブで50周年ライブを行っている。

俳優としては、72年に出演した「太陽にほえろ!」のマカロニ刑事役、同年の映画「約束」で鮮烈な印象を残し、ドラマ「傷だらけの天使」、「前略おふくろ様」、「祭りばやしが聞こえる」や映画「股旅」、「青春の蹉跌」などで、政治運動が挫折した70年代の若者のアイコンになった。

映画では「八つ墓村」、「影武者」などの大ヒット作に出演し、83、86年には日本アカデミー優秀主演男優賞を受賞。

その他の主な出演作に「誘拐報道」、「もどり川」、「極道の妻たち 三代目姐」、「いつかギラギラする日」、「居酒屋ゆうれい」がある。

ドラマでは「豆腐屋直次郎の裏の顔」、「課長サンの厄年」、「外科医柊又三郎」や大河ドラマ「太平記」、「元禄繚乱」、「利家とまつ」などに出演。

近年もNHKのドラマ「鴨川食堂」(16年)、「不惑のスクラム」(18年)で大きな存在感を示していた。

著書に「ショーケン」、「不良のススメ」、「日本映画『監督・俳優』論」(共著)がある。

 

 


アグネス・ラム

vacation_sunset

 

 こんな動画 見つけました

  なつかしいなぁ~  (^_^;)

 


野々山昌弥 逮捕 ニコラ・ガリアーノ横領

客から預かった1768年製の高級バイオリン「ニコラ・ガリアーノ」を無断で売却したとして、警視庁捜査2課が23日までに、フィリピンから強制送還された元楽器店経営の野々山昌弥容疑者(57)を業務上横領の疑いで逮捕したことが捜査関係者への取材で分かった。

捜査関係者らによると、野々山昌弥は東京都調布市で楽器店を経営していた2015年2月、男性客から販売を委託されて預かったバイオリンを、東京都中央区の別の楽器店に約1500万円で無断売却した疑いが持たれている。

野々山昌弥はニコラ・ガリアーノを売却後にフィリピンへ逃亡。

18年、フィリピン入国管理局に不法滞在の疑いで逮捕され、3月21日に日本へ強制送還された。

入管によると15年9月以降、フィリピンで生活していた。

音楽関係者によると、ニコラ・ガリアーノは、同名のイタリア・ナポリ出身の製作者が18世紀に手掛けたバイオリン。

「柔らかく、甘い音色」が特徴で、オーケストラや室内楽奏者の間で人気がある。

「オールドバイオリン」として価値が高く、価格は2千万円を超えることもあるという。


コメントをどうぞ (^_^;)

訃報 内田裕也 79歳

2018092400020_1

music_punk_rocker

 

 すぐに希林さんの後を追ったところに

  男の愛と哀しさを感じます  (T_T)

 

ロック歌手で映画俳優としても活躍した内田裕也(うちだ・ゆうや、本名内田雄也)さんが17日、東京都内で死去した。79歳。

兵庫県西宮市出身。17年11月に脱水症状で倒れてから車椅子生活を余儀なくされていた。

18年9月15日に妻で女優の樹木希林さん(享年75)に先立たれ、喪失感が消えない中での死となった。

都知事選出馬など常に話題を提供し続けたロック界のカリスマだった。

希林さんの死から半年、波乱に満ちた“ロケンロール人生”に幕が引かれた。年明けから体調が悪化し、17日に天に召された。

64407_200903220624275001237719597c

1995年に俳優の本木雅弘(53)と結婚した長女の也哉子(43)らが裕也さんの遺体に寄り添っていた。

晩年は病気やケガと闘う日々が続いた。16年11月に英国ロンドンのホテルの浴室で転倒し、尾てい骨を強打。

17年夏には転倒して右足甲を骨折。

さらに同11月に脱水症状を起こして緊急入院するなど、満身創痍(そうい)だった。

完全復帰を目指してリハビリに励んできたが、日増しに体力は低下。

自身が主催する恒例の年越しライブ「ニューイヤーロックフェスティバル」にも17~18年からは車椅子で出演。

執念で立ち上がり、熱唱する状況が続いていた。12年から毎年欠かさず参列していた3月11日の東日本大震災の追悼式も今年は欠席していた。

エルビス・プレスリーに憧れて高校を中退し、1957年にバンドボーイとして音楽活動をスタートさせた。

2095655_201708150680287001502775676c幾つかのバンドを渡り歩き、66年のビートルズ日本公演では尾藤イサオ(75)らとの特別編成のバンドで前座を務めた。

同年、大阪のジャズ喫茶「ナンバ一番」で活動していた沢田研二(70)らをスカウト。これが後のザ・タイガースとなった。

67年には麻生レミをボーカルに据えて結成したフラワーズにジョー山中さんらが参加し、フラワー・トラベリン・バンドとして再編成。

アルバムがカナダチャートで8位を記録するなど海外でも活躍し、邦楽ロックの礎を築いた。

70年代からは映画俳優としても活躍。

崔洋一監督の「十階のモスキート」(83年)、自ら脚本を手掛けた滝田洋二郎監督の「コミック雑誌なんかいらない!」(86年)など話題作に主演した。

2017030700064_1

私生活では故かまやつひろしさんの紹介で出会った希林(当時悠木千帆)さんと73年10月にスピード結婚。

裕也さんの家庭内暴力などもあり、1年半で別居生活に入った。

81年には一方的に離婚届を提出。希林さんが訴訟を起こし離婚成立を阻止する一幕もあった。

別居生活は43年半にも及び、裕也さんは大麻取締法違反(77年)、銃刀法違反(83年)、そして強要未遂と住居侵入容疑(11年)と3度の逮捕歴を重ねた。それでも離婚には踏み切らなかった。

2人にとってお互いは特別で最愛の存在だった。

長女の也哉子が離婚しない理由を聞いた際に希林さんは

「彼にはひとかけらの純なものがあるから」

とし、一方の裕也さんも

「一生頭が上がらない」

と話していた。

91年には東京都知事選に出馬。政見放送で「パワー・トゥ・ザ・ピープル」と「コミック雑誌なんかいらない!」を歌うなど自由奔放な人生を貫き「シェキナベイベー」の名言も残した。

内田裕也(うちだゆうや)

1939年(昭14)11月17日生まれ、兵庫県出身。

神戸のジャズ喫茶でならし、エルビス・プレスリーに憧れて上京。

58年にブルージーン・バップスを結成し59年にデビュー。

渡辺プロ退社後の67年からヨーロッパを1年あまり放浪。

帰国後、日本ロックの振興に大きく貢献した。

阪神大震災、東日本大震災発生後はいち早く被災地に入り、ジョー山中さんや安岡力也さんら“ファミリー”を引き連れ炊き出しなどを行った。

 

 


マハルリカ共和国

prm1711010011-p1

▲天皇陛下と会談するドゥテルテ大統領

フィリピンの国名が「マハルリカ」になるかも。

フィリピンのドゥテルテ大統領が演説で、植民地由来の国名「フィリピン」を変更する考えに言及し、フィリピン国内で論議を呼んでいる。

「マルコスは正しかった。彼は『マハルリカ共和国』に変えたかったのだ」

ドゥテルテ氏は2月11日の演説で、長期独裁政権を敷いた故マルコス元大統領を持ち出し、改名に前向きな意向を明らかにした。

フィリピンという国名は、16世紀に宗主国だったスペインのフェリペ皇太子(後の国王フェリペ2世)にちなんでいる。

マハルリカの意味は、マレー語の「自由」の派生語やサンスクリット語の「気高く誕生した」など、複数の説がある。

▼ついでに国歌も、下の歌に変えましょう!   (^_^;)

マハルリカ マハルリカ ヤンバラヤンヤンヤン~♪

 


三浦大知「歌声の響き」

2月24日、歌手の三浦大知(31)が「天皇陛下御在位三十年記念式典」で、天皇陛下がご作詞、皇后陛下がご作曲された『歌声の響き』を歌唱し、話題となっている。

午後2時より東京・国立劇場で行わた式典で、沖縄出身である三浦は『歌声の響き』を記念演奏として披露。

同曲は沖縄周辺の島々に伝わる八・八・八・六の音数律をもつ定型詩である琉歌で、天皇陛下が1975年に初めて沖縄を訪れ、名護市のハンセン病療養所を訪問したことがきっかけで詠んだ歌だという。

同式典は、NHK総合、テレビ朝日、またインターネットで生中継が行われ、三浦の歌唱が終わるとネットでは大反響。

TwitterやYahoo!のトレンドランキングに「三浦大知」「大地くん」がランクインした。

ネットでは

「歌声も演奏も素晴らしかったです。もぅ…言葉にならない」

「正座して聴きました。感動!鳥肌立ちました!式典の雰囲気を崩さずに、尚且つ三浦大知のスタイルも崩さずに、本当に人間性が滲み出ててた。日本の宝です」

「素晴らしい歌唱 感動を有り難うございました 同じ時代に生まれて良かったぁ」

と三浦の歌声に称賛の声が殺到している。