Category » クラシック

国際若手指揮者コンクール優勝 沖澤のどかさん

ent1909220003-p1

フランスのブザンソン国際若手指揮者コンクールで21日、青森県出身の沖澤のどかさん(32)が優勝した。

同コンクールは1959年に小澤征爾さんが優勝した若手指揮者の登竜門。

日本人の優勝は10人目になる。

沖澤のどかさんは21日、中国、フランスからの参加者とともに3人で決勝に進出。

課題曲のシュトラウスの交響詩「死と変容」を指揮した。

電話取材で、

「指揮はうまくいかないところもあったので、優勝者として名前が呼ばれた瞬間、興奮状態で実感がわきませんでした。大きなコンクールで優勝できたのは、本当にうれしい。十年以上支えてくれた家族、結果が出ない時も励ましてくれた先生や友人のおかげ。これからも自分のペースで、音楽活動を続けたい」

と話した。

沖澤のどかさんは東京芸大指揮科を卒業。

同大大学院を修了後、ドイツのハンス・アイスラー大学に留学し、現在もベルリンを拠点に活躍している。

昨年には東京国際音楽コンクールの指揮部門で、女性として初めて優勝した。

ブザンソン指揮者コンクールは1951年に創設。

小澤征爾さん(1959年)に続き、松尾葉子さん(1982年)、佐渡裕さん(1989年)、山田和樹さん(2009年)らが優勝した。

 


コメントをどうぞ (^_^;)

王宮のプリンセス

photo002_01

 

 日本人はすごく若く見られますから

  オーストリア人からは

 高校生くらいに見えてるかも  (^_^;)

 

あでやかな振り袖姿は「王宮のプリンセス」という見出しで新聞の一面を飾りました。

篠宮家ご夫妻の次女・佳子さまは訪問先のオーストリアで日本人学校などを視察されました。

子どもたちが話をしたくなるような雰囲気作りが佳子さまは上手なのかもしれません。

17日、オーストリアの日本人学校を視察された時の様子です。

代表的な全国紙の一つには17日の大統領表敬の様子が一面で扱われるなど、注目の高さもうかがえます。

見出しには「王宮のプリンセス」。

前日に王宮内にある大統領府を振り袖姿で訪問された佳子さまの姿が伝えられました。

佳子さまウイーンの新聞の一面を飾るのコピー

国交150周年となるオーストリアが佳子さまの初めての外国公式訪問の地。

17日夜に開かれた国交150周年を記念したレセプションには淡い水色の振り袖姿で出席されました。

そして、オーストリア政府や議会、日本人会などの関係者を前にお言葉を述べられた佳子さま。

この日は、他にもウィーン大学で日本について学ぶ同世代の学生との懇談やウィーン中心部の王宮内にある世界最古の乗馬アカデミーで古典馬術の特別演技を鑑賞された佳子さま。

ワルツに合わせて白馬と調教師が軽快なステップや跳躍などを披露。

佳子さまは拍手を送られていました。

 


藤田真央さん

四年に一度行われる世界最高峰の音楽コンクールの一つ、

第十六回チャイコフスキー国際コンクールは二十七日、

モスクワ音楽院でピアノ部門の結果発表があり、

東京音楽大三年の藤田真央さん(20)が二位となった。

ピアノ部門の日本人入賞は二〇〇二年第十二回大会で優勝した上原彩子さん以来、十七年ぶり。

ピアノ部門の決勝には七人が進み、若手音楽家の登竜門の頂点を競った。

藤田さんはオーケストラとともにチャイコフスキー、ラフマニノフの協奏曲を熱演。

結果発表の瞬間は、ほっとしたような笑顔を見せた。

出場が決まった一カ月前から緊張感のある日々を過ごし

「ようやく終わった。

 こんなに上位とは思っていなかったのでびっくり」

と喜びを語った。今後に向けて

「自分なりに一歩一歩進んでいければ。

 いつも通り変わらぬ音づくりをして、

 いい響きをつくっていきたい」

と述べた。

藤田さんは東京都出身。

三歳でピアノを始め、一七年にはスイスのクララ・ハスキル国際ピアノコンクールで優勝した。

今回のチャイコフスキーコンクールで、藤田さんの演奏は一次、二次予選から聴衆の賛辞を集め、

「最初から最後の音符まで魔法をかけている」

(独立新聞)などとロシアメディアも高く評価。

インターネットのアンケートでも一位となるなど、上位入賞が有力視されていた。

バイオリン部門でも、米国籍の金川真弓さん(24)が四位となった。


ヴィオリスト・エンペラー

▲6年前の動画です  (^_^;)

 

学生時代より、ご趣味の1つとしてヴィオラを演奏されてきた天皇陛下。
学習院OB管弦楽団の定期演奏会にも度々参加されていますが、
過去にはモンゴルやブラジルを訪問された際にも、
サプライズでコンサートに参加し演奏を披露され、
出席者の人々を驚かせていらっしゃいます。

Bratsche

さて、1890年創刊の英弦楽器専門誌「The Strad」は先日、
ヴィオラ奏者としての天皇陛下を特集した記事を配信。
上皇陛下がチェロ、上皇后陛下がピアノを演奏される事にも触れ、
「皇位はチェロ奏者からヴィオラ奏者へと引き継がれた」と紹介しています。

天皇陛下がヴィオラ奏者であるという事実に、
世界中のヴィオリストの方々から歓喜の声が殺到。
一般的にヴァイオリンなどと比べるとマイナーという認識があるようで、
「天皇陛下のおかげでようやくヴィオラに光があたった」
というニュアンスのコメントも目立っていました。

寄せられていた反応をまとめましたので、ごらんください。

 


 

■ ここに来て超クールな情報が飛び込んで来たな! +20 カナダ

■ ヴィオラを奏でるカイザーだなんて素晴らしい! ドイツ

■ ふっふっふっ、やはりヴィオラは高貴な楽器だったようだ。 +3 ギリシャ

■ WOW……。ヴィオラ奏者から指揮者になる人はかなり多い。
けど、とうとう皇帝まで誕生してしまったのか。 +12 カナダ

■ ヴィオラの音色は重厚で、それでいてソフト。
世界的にますます人気が高まっている楽器です。 +39 音楽サイト

■ とんでもなく、最高にクールな情報じゃないか。
ヴィオリスト・エンペラー。カッコいい! アメリカ

■ 皇位が音楽家から音楽家へと引き継がれたなんて素敵だ +5 フランス

■ 天皇陛下もヴィオリストだったのか……。泣けてきた……。 アメリカ

■ 日本にはヴィオラジョークが存在しないに違いない。 +6 カナダ

(※縁の下の力持ちと言える非常に重要な楽器ながらも、
特に過去には、比較的目立たない立ち位置だった事もあって、
「ヴィオラジョーク」が1つのジャンルとして存在している。
例:「ヴァイオリンを盗まれたくなければ、ヴィオラのケースに入れておけ」

■ ヴィオラ奏者が他の音楽家からリスペクトを獲得するには、
エンペラーの力が必要だったようだね +11 フランス

■ 音楽家であり歴史学者。なんて才能豊かな人なんだろう。 +3 アメリカ

■ ヴィオラの演奏者はかなり少ないの。
まさか天皇陛下が演奏してるなんて、本当に嬉しい! イギリス

■ ついにジョーク以外でヴィオラに光が
天皇陛下、あなたは素晴らしい
ヴィオラは本当に素敵な楽器ですよね +114 台湾

■ その通り!
私たちは天皇公認の楽器を弾いてるわけだね、ハハ! +3 台湾

■ テンノウサマと少なくとも1つは共通点があったみたいだ。
と言うか、皇族の人たちがみんな楽器を演奏するということを、
この記事のおかげで今初めて知ったよ。 +1 中国(米在住)

■ ヴィオラを選んだ陛下は、本当に謙虚なお人柄なんだろう……。 アメリカ

■ ついにヴィオラが世界を制する時が来たか!!!!! +17 イギリス

■ ヴィオリストの秘密結社が世界を征服するという噂を聞いた事があったが、
天皇が関わってるとなると、どうやら本当のようだな。 +3 フランス

■ 楽器を演奏する国家元首……。
私の国とは違って日本では芸術が大切にされてるのね。 +5 オーストラリア

■ ヴィオリスト・エンペラー……だと……?
ちなみに天皇陛下が好きな作曲家は誰なんだろう? +13 アメリカ

■ 親近感が湧く情報をありがとう。
ところで、過去から今までのスウェーデンの王族に、
楽器を演奏出来る人が1人でもいただろうか?
全くいなかったような気がするが。 +6 スウェーデン

■ 祭りだ祭りだー!!!!!
世界の国家元首がみんな日本の天皇みたいに、
文化的で、教養があって、芸術に理解があれば、
この世の中はもっと素晴らしいものになるのに!! +16 ギリシャ

■ エンペラドルという最高に頼もしい仲間が加わった +11 チリ

■ これは有名な話だと思ってたけど……。
僕は天皇にヴィオラを教えた先生の名前まで知ってるよ。 +6 アメリカ

■ 陛下もヴィオラジョークを見て笑うのかな?? +6 カナダ

■ これを機にヴィオラジョークは禁止にしよう!
だってさすがに失礼に当たるでしょ! +2 アメリカ

■ 前に政府関連の行事に呼ばれた時に、
陛下と一緒に演奏させていただく栄誉にあずかりました❤️ +23 タイ

■ ああ、知ってたさ……。
そりゃあ天皇はサックスは吹かないだろうさ……涙 +2 米サックス奏者

■ はぁ、私たちのトップも同じくらい文化的な人なら……。 +21 国籍不明

■ うぉー、ヴィオラの時代がやって来たぞー!!!! +37 アメリカ

■ ふっふっふっ、私たちヴィオラ奏者にはエンペラーがついている。
それで、あなた達のバックには誰がいるのかしら? +11 国籍不明

■ 皇族がコンサートに参加して演奏するのか……。
ヨーロッパ人のメンタリティとは大違いだ……。 +3 フランス

■ つまり、俺たちヴィオラ弾きも王族の一員。
論理的思考力を駆使して弾き出した答えがそれだ! +2 イギリス

■ 天皇陛下万歳と叫ばずにはいられない! +15 国籍不明

■ 陛下はきっと、調和を大切にされている方なんでしょうね。 +2 南アフリカ

■ 皇帝でありながら音楽家って、カッコよすぎません!? +8 アメリカ

■ 天皇陛下のお人柄やお立場を考えると、
これ以上ないくらい適した楽器だと思います! オーケストラ専門サイト

 


コメントをどうぞ (^_^;)

野々山昌弥 逮捕 ニコラ・ガリアーノ横領

客から預かった1768年製の高級バイオリン「ニコラ・ガリアーノ」を無断で売却したとして、警視庁捜査2課が23日までに、フィリピンから強制送還された元楽器店経営の野々山昌弥容疑者(57)を業務上横領の疑いで逮捕したことが捜査関係者への取材で分かった。

捜査関係者らによると、野々山昌弥は東京都調布市で楽器店を経営していた2015年2月、男性客から販売を委託されて預かったバイオリンを、東京都中央区の別の楽器店に約1500万円で無断売却した疑いが持たれている。

野々山昌弥はニコラ・ガリアーノを売却後にフィリピンへ逃亡。

18年、フィリピン入国管理局に不法滞在の疑いで逮捕され、3月21日に日本へ強制送還された。

入管によると15年9月以降、フィリピンで生活していた。

音楽関係者によると、ニコラ・ガリアーノは、同名のイタリア・ナポリ出身の製作者が18世紀に手掛けたバイオリン。

「柔らかく、甘い音色」が特徴で、オーケストラや室内楽奏者の間で人気がある。

「オールドバイオリン」として価値が高く、価格は2千万円を超えることもあるという。


コメントをどうぞ (^_^;)

天使の養成所


コメントをどうぞ (^_^;)

テレサ・カレーニョ

piano_solo

マリア・テレサ・カレーニョ・ガルシア・デ・セナ(María Teresa Carreño García de Sena, 1853年12月22日 – 1917年6月12日)はベネズエラの上流階級出身の女性ピアニスト・声楽家・作曲家・指揮者。

一般には、テレサ・カレーニョ (Teresa Carreño) として知られている。

生前は世界的なピアニストとして、また当時の最も重要なピアニストとして名を残し、しばしば「ピアノの女帝」「ピアノのヴァルキューレ」とあだ名されていた。

 


コメントをどうぞ (^_^;)

オーケストラの就職事情

SONY DSC

music_orchestra

 

 オーケストラの優雅な響きの背後には

  過酷な現実があるようですね  (T_T)

 

厚生労働省が発表した8月の有効求人倍率は、1.63倍。

日本人の勤勉さをもってしても、よくここまで日本が持ち直したものだと思います。

バブル崩壊後の1993年から2005年までの13年間、リーマンショック後の2008年から2013年までの6年間は、有効求人倍率1倍を割っていたわけで、その時代に就職活動をしていた方々は、本当に大変な思いをなされたと思います。

転職なんてとんでもない時代でもありました。

特に1999年には求人倍率0.48倍を記録。いわゆる「氷河期」です。

その年を挟んで前後数年間は、2人に1人しか就職できない状況だったわけです。

一方、オーケストラの就職事情に目を向けてみると、世界のどこを見まわしても、求人倍率0.48倍などという“素晴らしい時期”はなかったことでしょう。

最初に答えを言いますと、0.01倍にも届かないのが実情です。

9月3日付本連載記事でも少し触れましたが、たとえばヴァイオリンひとつとっても、日本全国42校ある音楽大学から、毎年ものすごい数の卒業生が生まれてきます。

そんな彼らに対して、日本にはオーケストラが36団体しかないうえに、各オーケストラのヴァイオリンの求人は毎年、数名程度あるかどうかなのです。

オーケストラによっては、募集がまったくない年もあります。

しかも、卒業して何年もオーディションを受け続けるので、著名オーケストラともなれば、たった1名の求人に対して200名以上の候補者がオーディションに押しかけて椅子を奪い合うということも珍しい話ではありません。

この背景には、細分化された専門職集団というオーケストラの特異性があります。

オーケストラは大きく、弦楽器、管楽器、打楽器、そしてハープやピアノに分けられます。

たとえば管楽器では8種類あります。

そのなかで一番高い音を演奏するフルートの定員は、オーケストラの規模にもよりますが、通常2名から3名程度です。

それもまた、首席奏者と2番奏者に分かれます。

こう聞くと、多くの方は「2番奏者としてオーケストラに入って、経験を積んで首席になるのだろう」と思われるかもしれませんが、そうではありません。

ソロが多い首席奏者のほうが給料は高いことは確かですが、2番奏者も首席奏者とは違う特別な技術が必要となる専門技術者なのです。

首席奏者も2番奏者も、同じ楽器でありながらオーディションは別に行われます。

そして、当然のことながら、フルート奏者はフルートしか演奏しないので、仮にトランペットやヴァイオリン、クラリネットの求人がたくさんあったとしても、フルートに空きがなければ、その年の就職口は閉ざされてしまいます。

オーディションに受かった後にも困難が待ち受けている

このように常に就職難の状況なので、海外のオーケストラのオーディションを受けて、日本から離れて活動をしているオーケストラ奏者も数多くいます。

もちろん、留学をして当地のオーケストラのオーディションを受けた方々が多くを占めているので、日本のオーケストラが就職難だから海外で就職というケースは多くありませんが、北はフィンランドから南は南アフリカまで、ヨーロッパ、アメリカ、アジア諸国と、どこのオーケストラに行っても、大概は日本人奏者に出会います。

では、海外のオーケストラのほうが就職口は多いかといえば、そうではなく、事情は日本とまったく同じです。

やはり、誰かが定年退職したり、途中退団してくれないことにはポジションが空きませんし、運よく空いたとしても何十人、何百人もの若い音楽家がオーディションに押し掛ける点では同じなのです。

しかも近年、ヨーロッパではビザの申請基準が厳しくなっており、外国人が職を得ることが本当に難しくなってきました。

さて、オーディションに運よく受かったとします。

しかし、「もう一安心。家族親戚にも胸を張って会える」かといえば、そうではありません。

ここからが本当の勝負となります。それは、1年間の試用期間です。

その期間中は、実際に仕事をしながら、ずっと周りの楽員に審査をされることになります。

若い奏者は経験もありませんし、そのオーケストラ独自のやり方を習得するだけでも大変なのに、これまで演奏したことのない新しい曲が毎週、押し寄せてきます。

なんとか最初の2、3カ月はこなせたとしても、1年間はとても長く、そこでボロを出してしまうことも多いのです。

それをすべて乗り越えたのち、最後にオーケストラの同意を得て、やっとプログラムにも正団員として名前を載せてもらえることになります。

残念ながら、その試用期間を通ることができなかった奏者を、僕もたくさん見てきました。

皆さん、「オーケストラの楽員って、大変だなあ」と思われたと存じます。

僕も心からそう思います。

しかし、少しは良いことがあります。

僕がロサンゼルス・フィルハーモニックの副指揮者をしていた時に、当時のフルート首席奏者であるジャネット・ファーグソン氏が、こう話してくれました。

「私の主人は、ウォルト・ディズニーで仕事をしているの。良い仕事だけど、半面、いつリストラされるかわからない。だから、オーケストラ奏者のほうが安定しているのよ」

僕はなるほどと、思いました。

アメリカのオーケストラは、音楽監督(指揮者)が絶大な力を持っており、奏者をクビにできるほどの権利があるけれども、音楽家組合が強いので、実際にはできません。

日本のオーケストラでも就職するのは大変ですが、よほどのことがない限り、リストラの心配はありません。

オーケストラには一般企業とは違う根本的な理由があるからです。

たとえば、いくら経済状態が悪くなっても、「この経営危機を乗り越えるために、フルートは1人だけにしよう。トランペットはなし」といったことはできません。

ひとつでも楽器が欠ければ、作曲家の楽譜通りには演奏できなくなります。

つまり、オーケストラは全体が一蓮托生といえるのです。

(文=篠崎靖男/指揮者)

 

つづきはここをクリック »


コメントをどうぞ (^_^;)

藝大生「葵トリオ」1位

▲2013年 尾道にて 左が小川響子さん

ドイツ南部ミュンヘンで行われているドイツ公共放送ARD主催の

第67回ミュンヘン国際音楽コンクールで15日、ピアノとバイオリン、チェロによる三重奏部門で東京芸術大学の大学院生と卒業生の3人が結成した「葵トリオ」が1位になった。

同部門で日本からの入賞は初めて。

奈良県橿原市出身の小川響子さん(26)がバイオリン、同県生駒市出身の伊東裕さん(26)がチェロ、兵庫県西宮市出身の秋元孝介さん(25)がピアノを演奏。

シューベルトの曲などを熱演し、会場を沸かせた。

決勝は3組で競われ、葵トリオを除く残りの2組はともに3位になった。

 

つづきはここをクリック »


藝祭2018と上野散歩

010

▲藝大近く 上島珈琲店前の交差点

download

 

 藝大でオペラを鑑賞し 上野を散歩しました

   ちょうど藝祭の初日です

 帰りに鶯谷「こな吉」に寄りました  (^_^;)

 

写真へ オペラへ


オペラ「コジ・ファン・トゥッテ」

つづきはここをクリック »


コメントをどうぞ (^_^;)

少女がリコーダーを吹いたら

img_2

 

 革命はこんなふうに起こるのかな

  誰かが「王様は裸だ!」って叫んだら  (^_^;)


芸大コンサート7/14

014

詳細はここをクリック


コメントをどうぞ (^_^;)

芸大コンサート6/2

019

詳細はここをクリック


コメントをどうぞ (^_^;)

地下鉄でショパン

JD1472606342266-2

東京メトロは29日から、日比谷線の一部の車内で、クラシック音楽などを流す試みを始める。

  同社によると、普通列車の営業運転でBGMを流すのは、全国で初めてという。

 対象は昨年3月から運行を始めた新型車両内。

イベントや車両点検で使うため、高音質のステレオ放送システムが備わっている。

昨年7月、営業運転中に誤って音楽を放送してしまったところ、乗客から好意的な意見が寄せられたことから、今回の試みを企画したという。

 ショパンの「ノクターン」などのクラシック3曲と、ストレス解消や疲労回復の効果があるとされる「ヒーリング音楽」3曲を使用。

平日は午前10時半頃~午後1時45分頃、土日祝日は午前11時~午後2時15分の時間帯に、新型車両1編成が中目黒―北千住駅間を2往復するまでかけ続ける。

事故や悪天候でダイヤが乱れた時は放送を中止する。

th_life_in_train_sleep_motare

 

 子守歌なんか流すと ピッタリかも  (^_^;)

 


コメントをどうぞ (^_^;)