Category » 富岡八幡宮司刺殺事件

富岡八幡宮司刺殺事件

top20170829

昨年12月に女性宮司が刺殺された富岡八幡宮(深川八幡宮)では、“稼ぎどき”の大晦日の31日を迎えたが、平成30年1月1日を迎える1時間前になっても境内に人影はまばらだった。

女性宮司刺殺事件の影響をうかがわせた。

境内には屋台が建ち並ぶが、思いもかけない不入りぶりに腕を組む関係者の姿も。

例年15万人の初詣客でにぎわうが、影響が不安視されている。

IMG_1120-1024x768

 

 実は怨霊関係の神社って

  かなり多いんですよね

 ゲームもあるし  (^_^;)

 

つづきはここをクリック »


地獄へ送る

san_afr1712090001view_thum630

東京都江東区の富岡八幡宮で発生した凄惨な殺人事件。

死亡したのは宮司の富岡長子さん(58)と弟の富岡茂永(しげなが)容疑者(56)、知人の女。

富岡茂永容疑者は、2006年1月、当時宮司に次ぐ神職の禰宜(ねぎ)だった長子さんに

 「必ず今年中に決着をつけてやる。覚悟しておけ」

 「積年の恨み。地獄へ送る

などと記したはがきを送付したとして逮捕されている。

12月7日夜の事件後最初の日曜となった10日、現場の富岡八幡宮には多くの参拝客が訪れた。

事件を受け参拝客の減少も懸念されたものの、地元住民らによるとこの日のにぎわいは「いつも通り」。地域は徐々に平穏を取り戻しつつあるが、毎年約30万人が訪れる正月に向けては不安の声も上がっている。

富岡八幡宮の門前町として栄える「深川仲町通り商店街」。

永代通り沿いの約800メートルに130店舗以上が店を構える。

年末年始には夜店も出店され、アーケードは多くの参拝客でにぎわうが、同商店街の石島龍治理事長(77)は「今は、事件報道を受けて物珍しさで訪れている人がいるからそれほど変わらないが、初詣の時期にどれだけ減るか分からない」と不安顔。事件については「本当に信仰心のある人は迷惑していると思う」と述べた。

同商店街では、毎年1月3日に組合員40人ほどで八幡宮の神殿に入り、新年のあいさつやおはらいなどを行っている。来年も継続して行う予定だと言うが、石島理事長は「総代の幹部などで相談しているとは思うが、神社が今後どうなるのか分からない」。

また氏子関係者の70代男性は「(事件で)迷惑しているのは周辺のお店の人。例年なら12月30日から周辺は参拝客でいっぱいだが、今年は間違いなく減るだろう」と心配そうに話していた。(日刊スポーツ)

ネットの反応
 「呪われたくないから」
 「怨霊(おんりょう)がいるからなあ」
 「正月早々宮司が殺された様な縁起の悪い神社になんか行きたくは無いわな」

waraningyou

 

思い切って逆転の発想で

富岡八幡名物 「怨念わら人形」 とか出せば

爆発的に売れるかもよ~  (^_^;)

          アマゾンでも売ってます

WS000000

▲「深川八幡祭り」の神輿

つづきはここをクリック »