Category » 人生いろいろ

なぜ日本語で小説を書いたのだろう?

5R9B7837-1024x683

▲イラン人作家、シリン・ネザマフィ

日本語で小説を執筆し、2度にわたり芥川賞候補に選出された。

彼女が紡ぐ物語には、世界の不条理と対峙し、迷い苦しみながら、儚くもどこかへと流されてゆく個人の姿がしきりに描かれる。

ネザマフィがあえて母国語を用いずに、この普遍的な題材に挑戦し続けるのはなぜなのだろうか?

  「この作者は、なぜ日本語で小説を書いたのだろう?」

彼女の物語を読んだ読者の多くは、そんな疑問を抱くだろう。

あるいは本の奥付にある彼女の略歴を一読して、「本当は日本人なのでは?」と疑う読者すらいるかもしれない。

それも無理はない。小説家、シリン・ネザマフィは、言葉の壁など微塵も感じさせないスマートな文体で日本語を操り、物語を構築して見せる“外国人作家”なのだから。

2009年に発表した代表作『白い紙』は、第198回文學界新人賞を受賞。

その後も精力的に創作を続け、2度にわたって芥川賞候補にも選出された。

つづきはここをクリック »


コメントをどうぞ (^_^;)

三浦雄一郎(86)

00410090CX

yukiyama_tozan

 

 普通の人が簡単にはマネできないけど

   冒険は究極のゼイタク

 という感じがいたします  (^_^;)

 

アンデス山脈のチリとアルゼンチンの国境付近の南米大陸最高峰のアコンカグア(標高6960・8メートル)への登頂を目指していた冒険家三浦雄一郎さん(86)の事務所は21日未明、同行した大城和恵チームドクターの判断で登頂を中止したと明らかにした。

三浦さんの所属する「ミウラ・ドルフィンズ」は「プレスのみなさまへ」とのタイトルで「本日、プラサ・コレラより連絡が入り、大城先生のドクターストップとなり、三浦雄一郎のアコンカグア登山が中止となりました」と一報を伝えた。

プラサ・コレラは現地での最初の滞在地で標高6000メートル。

予定では21日に同6380メートルのインデペンデシアに移動し、22日に同6660メートルのラ・クエバを経由して、23日に一気に山頂を目指して、その日のうちにラ・クエバ、24日にプラサ・コレラまで戻って、下山時にはスキーで滑降することまで予定に組み込んでいた。

詳細はこちら  三浦ファミリー

 


レーダー照射事件 LINE風まとめ2

shazaimake

 

韓国政府の見苦しいウソと言い訳

「LINE風」まとめ

 

韓国政府の言い訳が 二転三転どころか

四転五転 六転七転 ・・・

際限なく ウソにウソを塗り重ね ているので

世界中がアキレています (;´Д`)

 

WS000

 

日本政府「能登半島の近くで、お前んとこの軍艦がウチの自衛隊機に

   火器ロックオン(対空ミサイル発射準備)してきたんだけど?

   これって普通、宣戦布告と同じだよね? 戦争する気?」

韓国政府「(辻元清美風に)責めんといて! 

頼むから無かった事(非公表)にして! 

民主党政権(鳩山菅内閣)の時は公表しなかったよ」

日本政府(自民党政権)「ダメです」

韓国政府「対空ミサイルレーダーなんて使用してない」

日本「使用した証拠あります」

韓国「任務の範囲内」

日本「明白な国際法違反です」

韓国「北朝鮮の遭難船を探してたから仕方ないよね?」

日本「捜索に使われる警戒用レーダーの電波とは違ってるし

   火器ロックオン(対空ミサイル発射準備)する必要は無い」

韓国「北の遭難船を探す目的でレーダーを使ったが 

FCS(火器管制用レーダー)は作動させていない」

日本「作動させてました」

 

e383ace383bce38380e383bce381aee7a8aee9a19ee381aee98195e38184
 

韓国「天候が悪かったため、全てのレーダーを使った」

日本「当時は快晴で、波もおだやか」

韓国「FCSレーダーのビーム上に自衛隊機が一瞬入っただけ」

日本「5分間もピンポイントで自衛隊機に

   FCSレーダー当てっぱなしだったぞ」

韓国「自衛隊機が威嚇したのでFCSレーダーを照射し続けた」

日本「自衛隊機は能登半島付近をふつうに飛んでただけ!

   ウチの庭先やんけ! 何やってたんだお前ら?

韓国「てかこんな事で韓国をしつこく非難するな! 

安倍が支持率挽回のために嫌韓感情を利用してる! 

韓国への愛は無いのか?

日本「素直に謝れば、こんな問題にはならない」

 

index_4-63
 

日本「なんでこっちの無線を無視したんだ?」

韓国「無線の感度が悪かったから」

日本「だろうと思って緊急周波数で3回

   しかも3つの周波数で呼びかけた」

韓国「日本人の英語が下手くそで 

よく聞き取れなかったんだよ」

日本「じゃあ無線で問い合わせりゃいいだろ!」

韓国「うるさいな! 証拠を出せ!」

日本「そこまで言うなら、この映像を公開します」 

韓国「韓国の許可なく映像を公開した! 

深い憂慮と遺憾を表明する!」 

日本「英語版含む映像を全世界に公開しました

   世界各国が日本の主張を支持しています」

韓国「反論映像をyoutubeに公開してやるからな!」 

 

Dvy0F-lU0AEyKHn
紅白歌合戦の椎名林檎
 

日本「謹賀新年  (^_^;) 」

韓国 「自衛隊機が威嚇的な低空飛行をしたんだ! 

日本政府は謝罪しろ! 安倍は土下座しろ!」 

日本 「逆ギレするな、証拠を見せろ」 

韓国 「ほらこの立派な反論動画を見ろ(現場映像なし) 」

日本 「あほくさ」 

 


tsugaku

 

 なんかもう

  相手するの馬鹿馬鹿しくなりますね

 小学生でも

  もう少しマシなウソつくよ  (^_^;)

 

 

ue458qh-1

 

▲韓国の軍艦が能登半島の近くで

何をしていたのだろうか?

 

41ac2a0f-s

「レーダー照射事件の背景仮説」へ

 


オリの中の正月

00390360HDK

taiho

 

 人生の頂点とどん底 両方体験できて

  なかなか悪くない人生だと思います

 焼き鳥 食べたいだろなぁ  (^_^;)

 

日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容疑者(64)は、特別背任事件について年末年始も取り調べを受ける。

今月下旬に急きょ再逮捕に踏み切り、東京地検特捜部の捜査スケジュールに狂いが生じたためだ。

異例の「越年捜査」を受けて、弁護人の接見も特例で認められた。

特捜部は10日にゴーンを金融商品取引法違反容疑で再逮捕した。

だが東京地裁が20日、勾留延長の請求を却下。

早期保釈の観測が出る中、翌21日に会社法違反(特別背任)容疑で再逮捕した。

勾留期限は来年1月1日。最長で同11日まで延長が認められる。

特捜部はこの日までに起訴するかどうかを判断するのが通例だ。

keimusyo_menkai

特捜部は年末年始の取り調べを避けて捜査スケジュールを組むのが通例だが、今回は異例の年越しだ。

法務省と日本弁護士連合会は、弁護人の接見を原則、平日と土曜の午前中と申し合わせている。

年末年始の12月30日~1月3日は休日扱いで、接見は原則できない。

ゴーンの弁護人を務める元特捜部長の大鶴基成弁護士は「接見なしで5日間連続の取り調べは異常だ」として、年末年始の接見を認めるよう要請。

主任検事と調整し、30日~1月3日のうち、日曜の30日、祝日の元日以外の日は午前中に接見が認められることになった。

接見は緊急性や必要性が認められれば、拘置所長の判断で許可しており、今回は例外的な措置だ。

関係者によると、ゴーンは当初、約3畳の単独室に収容されたが、途中でベッドのある部屋に移された。

3回目の逮捕にも動揺はみせず、「日産に損害は与えていない」と容疑を否認しているという。

0000049698527のコピー

東京拘置所では大みそかに「年越しそば」としてカップ麺が振る舞われる。

普段の主食は米7割、麦3割だが、三が日だけ白米に変わる。

元日は、エビやかまぼこ、黒豆が入ったおせちも提供される。

法務省関係者は「ゴーンの口に合うかわからないが、多くの収容者は楽しみにしている」と話す。

 

D6pxoZZtgAR7t6r0JuBhE4NpNWmG74zfのコピー

 

 

大みそか ゴーンの胸に ひびく鐘  

 

(年末のココロの俳句)  

 


山頭火の酔度

山頭火3

drink_nihonsyu

 

 自由俳句の種田山頭火さんは お酒がダイスキで

  日記にはどのくらい酔ったか書いています

 そこで勝手に「酔度」(すいど)として

  地震の震度みたいに段階付けしてみました  (^_^;)

 


 

種田山頭火の酔度「ほとへ」

 

酔度1 ほろほろ

酔度2 とろとろ

酔度3 へろへろ

 

酔度4 べろべろ

酔度5 どろどろ

酔度6 ぼろぼろ

 


 

 

山頭火さんはその生涯で8万句以上の自由俳句を詠みました (^_^;)

 

102804

今日も事なし凩に酒量るのみ

野良猫が影のごと眠りえぬ我に

沈み行く夜の底へ底へ時雨落つ

雪かぎりなしぬかづけば雪ふりしきる

いさかへる夫婦に夜蜘蛛さがりけり

労れて戻る夜の角のいつものポストよ

分け入つても分け入つても青い山

鴉啼いてわたしも一人

木の葉散る歩きつめる

ほろほろ酔うて木の葉ふる

どうしやうもないわたしが歩いてゐる

捨てきれない荷物のおもさまへうしろ

秋風の石を拾ふ

年とれば故郷こひしいつくつくぼふし

枝をさしのべてゐる冬木

mig

笠も漏りだしたか

松はみな枝垂れて南無観世音

越えてゆく山また山は冬の山

うしろすがたのしぐれてゆくか

鉄鉢の中へも霰

うつむいて石ころばかり

父によう似た声が出てくる旅はかなしい

もう冬がきてゐる木ぎれ竹ぎれ

雪へ雪ふるしづけきにをる

わかれてきた道がまつすぐ

あるがまま雑草として芽を吹く

酔へばいろいろの声が聞こえる冬雨

ころりと寝ころべば空

青葉の奥へなほ小径があつて墓

たれもかへる家はあるゆふべのゆきき

あるけばかつこういそげばかつこう

木の葉ひかる雲が秋になりきつた

わたしと生まれたことが秋ふかうなるわたし

うどん供へてわたくしもいただきまする

WS000

うまれた家はあとかたもないほうたる

春風のどこでも死ねるからだであるく

ひとり山越えてまた山

死ねない手がふる鈴をふる

吹きつめて行きどころがない風

散りしくまへのしづかさで大銀杏歩くほかない秋の雨ふるつのる

秋風あるいてもあるいても

なむあみだぶつなむあみだぶつみあかしまたたく

塵かと吹けば生きてゐて飛ぶ

蛙になり切つて飛ぶ

おちついて死ねさうな草萌ゆる60にして落ちつけないこころ海をわたる

蚊帳の中に私にまで月の明るく

こしかたゆくすゑ雪あかりする

「私を語る」へ  青空文庫へ


貴乃花ファミリー

3eea0d3b6468fbe48cd9357a93bd5231-3-300x300

息子・花田優一       元妻・河野景子

sumo_kansen

 

 政治家への進出がウワサされている貴乃花

  腐った相撲界を浄化して欲しいけど

 寝技も必要な魑魅魍魎の政界で生き抜くには

  ちょっとマジメ過ぎるかも~  (^_^;)

 

WS000

大相撲の元横綱・貴乃花こと花田光司(以下、貴乃花と略す)が、発売中の「週刊文春」(文芸春秋)で、長男で靴職人・タレントの花田優一(息子)に対する思いを激白している。

貴乃花は元妻でフジテレビアナウンサーの河野景子(元妻)と10月25日に離婚し、11月末に離婚が発覚。

12月には両親を追うように、花田優一も八角部屋の陣幕親方の長女との約1年半でのスピード離婚を発表した。

花田優一は離婚以前、今年8月には美女との密会による不倫疑惑を報じられ、靴製作をめぐる金銭トラブルなどが原因で、所属していた芸能プロとの契約を解除され、現在はフリーで活動中。

今月21と22日には都内のギャラリーで、花田優一が10代の頃から描きためた絵画の個展を開催。

と言っても、小学生が描いたような下手くそな絵で、「貴乃花の息子」の看板が無ければ、誰も見向きもしないようなシロモノ。

0103f7879de0843a772133376ae81bd8

 

花田優一は報道陣の取材に応じ、靴製作を巡る顧客トラブルを否定しつつ、両親の決断についても「離婚というワードに何の重みも感じない。家族は何も変わらずいます」と強調。

さらには、同時間帯に放送された民放キー局のワイドショーにハシゴ出演した。

そんな花田優一に対し貴乃花は

「職人を語る以上、チャラチャラと表に出ている暇があったら、

 靴を作って土台をしっかり築くべき。

 まずは一流の職人になるのが先ですよ」

と苦言。

  「自分に力がないのに、親の名前でメシを喰おうとしている」

と切り捨て、

「我が子ながら、恥ずかしくないのかと思います。私の靴ですか?

 もちろん作らせていません。百年早いですよ!」

1745_mita_yoshiko

と叱責。さらに、

「息子はそのうち痛い目に遭いますよ!」

としている。

「改めてこのインタビューで花田優一との確執が明らかになった。その原因は河野景子の過保護だとされているが、さすがにそこまでは踏み込んで発言しなかったようだ」(相撲担当記者)

new_2037092_201405060757218001399356810c

貴乃花との共演が今後、期待されるのが、タレントの藤田紀子(母)、元横綱若乃花のタレントの花田虎上(兄)。

しかし、同誌で貴乃花は

「私は、生き方も考え方も異なる紀子さん(母)や虎上さん(兄)とは、この先も会うつもりはありません」

と断言。

意思は固いようで、どうやら共演はなさそうだ。

 


1コメントあります (^_^;)

訃報 勝谷誠彦

28日に死去した、コラムニストの勝谷誠彦さん(57)。

突然の訃報に、勝谷さんを知る芸能界や文学界の関係者から惜しむ声が相次いだ。

「柔らかいものから硬いものまで、何でも書ける。

 彼に任せておけば大丈夫という安心感もある、

 優秀な書き手だった。早すぎる」

勝谷さんの文芸春秋記者時代の上司で、30年来の親交がある「月刊Hanada」編集長の花田紀凱(かずよし)さんは死をいたんだ。

平成元年に発覚した女子高生コンクリート詰め殺人事件。

週刊文春は、加害者少年たちの実名報道に踏み切り、大きな議論を巻き起こした。

取材したのは勝谷さん。被害者が置かれた悲惨な状況に触れ、実名での報道を強く訴えたという。

▼亡くなる数日前の画像

RhztbIx-680x510

FB4J0vU-680x510

 

8: 2018/11/28(水) 11:14:13.90 ID:OXOf5t5Aa
肝臓やられるとこんななるんか

12: 2018/11/28(水) 11:14:43.09 ID:8+wajclcd
別人やんけ

13: 2018/11/28(水) 11:14:52.10 ID:WzhN5SzA0
「腹痛と膨満感で、3分ほども座ってられない」「まえ屈みだと、右脇腹に激痛が走る」などとつづり、緊急入院。
アルコール性の劇症肝炎と診断された。

22: 2018/11/28(水) 11:16:05.61 ID:7VmujXdtp
真っ黒やんけ顔

23: 2018/11/28(水) 11:16:09.05 ID:kB3U67xVa
アル中ってなんで顔とか目の周りとか黒くなるんや?

33: 2018/11/28(水) 11:17:07.92 ID:Wqb1Uzor0
>>23
肝機能が低下するからやろ

139: 2018/11/28(水) 11:28:16.59 ID:rKNOEi8ad
>>23
老廃物や毒素を処理しきれなくて汚い血が体をめぐるから皮膚の薄い部分が黒ずむ

27: 2018/11/28(水) 11:16:30.84 ID:CCOtCLEN0
顔が見事な土気色やな

31: 2018/11/28(水) 11:16:56.95 ID:L/0Hpx7i0
こんな色になるんやな‥‥
酒は怖いな

41: 2018/11/28(水) 11:18:23.44 ID:uw58Ham+p
うわぁ、体大切にしよう

42: 2018/11/28(水) 11:18:57.35 ID:p6oNvZO20
これひとごとじゃないのが怖い
酒好きは誰でもこれになる可能性があるからな

44: 2018/11/28(水) 11:19:28.38 ID:tY4/bZkwd
加藤浩次「お酒ですよねえ。お酒が悪いというわけではないですけど」と言うと、評論家の宮崎哲弥氏は「敢えて勝谷誠彦風にコメントするとするならば、酒をずっと飲み続けて、自死に近い死だったと思う」

61: 2018/11/28(水) 11:21:06.52 ID:JZcUbi6p0
ずっと好きなことして亡くなったんだから本望だろ

65: 2018/11/28(水) 11:21:15.88 ID:XRAxbVqJ0
この前までスッキリでコメンテーターやってたのに

71: 2018/11/28(水) 11:21:36.69 ID:Ee5ot6N6d
医者に止められても激痛走っても飲み続けたんやろうな、あの性格で家族も切り離してるんじゃ止める人居ない

73: 2018/11/28(水) 11:22:17.17 ID:/o+Lr3mk0
選挙のときに会ったが周りの50代中盤に比べたらかなり老けてた印象

156: 2018/11/28(水) 11:29:40.37 ID:NfwIWaCwp
アルコールの飲み過ぎはホンマアカンで
自殺してるのと同じやで

f9794a811a2e25680db7b23ad71c0479

 

 中島らもさんを 思い出します  (T_T)

 

「ピー」が気になる方はコチラ   (^_^;)

アル中(アルコール依存症)をテーマにした文学作品として

中島らも『今夜、すべてのバーで』 は なかなか楽しめるなぁ~

と思います (本当は笑い事じゃないんだけどね)   (^_^;)


タトゥーは是か非か?

AS20181121003535_comm

hebi_pink

 

不快感とか好き嫌いって、なかなか論理的にスパっと説明できないですよね。

ヘビが嫌いな人は多いですが、好きな人もいます。

なぜヘビが嫌いか、ヘビ好きの人が納得するように、きちんと論理的に説明できますか?  (^_^;)

 


 

日本でタトゥー(刺青〈いれずみ〉)を入れるのはタブーなのか?

タレントのりゅうちぇるさんをめぐる騒動を受けて、みなさんから多くの意見が寄せられました。

一方、タトゥーの彫り師が医師法違反の罪に問われた裁判で、大阪高裁は今月、逆転無罪の判決を下しました。

反響を紹介しつつ、タトゥーについて改めて考えます。

 


 

医師免許なしで客にタトゥーを彫ったとして、医師法違反の罪に問われた彫り師の男性の主任弁護人・亀石倫子弁護士に聞きました。

りゅうちぇるさんの騒動を見て、タトゥーはいま過渡期にあるんだと思いました。

日本ではヤクザ映画の影響が大きくて、刺青=ヤクザ。飛脚とか火消しとか、ふんどし一丁で働く人が江戸の町で人気を博したという歴史もあったのに。

z-1

いまはまだ、ネガティブに受け止める人のほうが多いようです。

医師法違反の裁判でもそう感じました。

昨年9月の大阪地裁判決は職業選択や表現の自由、タトゥーを入れたい人の自己決定権といった主張に正面から向き合わず、「保健衛生上危害を生じる恐れがある」というほぼ1点で有罪にしてしまった。

彫り師に医師免許を求めるというのは事実上、その職業を認めないということです。

判決の書きぶりからは彫り師なんかいらないし、タトゥーを入れる人もいなくなればいい、という偏見が透けて見えました。

嫌いな人がいる以上、そうした不快感とも共存しないといけません。

私だって最初はタトゥーを入れた人のことを怖いと思っていました。

でも彫り師さんを弁護することになって、たくさんの彫り師に会い、タトゥーを入れてもらった人にも話を聞いて、考えが変わりました。

例えば、耳の後ろに父親の命日を彫っている女性がいました。

お父さん子だったから、一緒に生きていく気持ちで入れたと。

両腕の内側に子どもの名前を1人ずつ彫った男性は、離婚して子どもと毎日会えなくなり、いつも両腕で子どもたちを抱っこしていたから、ふたりを感じたくて彫ったそうです。

もちろん安易に入れて後悔している人もいたけど、一生残るものだから、すごく思いがある人が多いんだなと。

ぱっと見で怖いというのは思い込みだと気付かされました。

ただ、「怖い」「不快」というのも自然な感情です。無視していいとは思いません。

なるべく見せないようにする配慮は振る舞いとして必要でしょう。

先ほどの女性は髪で隠れるように耳の後ろに入れたし、手首まで入れているような人は夏でも長袖を着る、ということもしています。

嫌いなら嫌いでいいけれども、地裁判決のように排除するのは行き過ぎだ、ということです。

逆転無罪とした今月14日の大阪高裁判決は素晴らしい内容でした。

タトゥーの歴史に目を配り、彫り師の訴えに耳を傾け、「反社会的職業ではなく正当な職業活動」とまで言ってくれた。

偏見によらず、積み重ねた事実と主張をきちんと評価してくれた結果だったと思っています。

最近、温泉などで「タトゥーはシールで隠して下さい」という所が増えました。

来年のラグビーワールドカップでは、統括団体が来日する選手にジムやプールなどでは隠すよう求めたという報道もありました。

「やっぱりタトゥーはダメなんだ」という受け止めもありますが、私はむしろ、一歩前進と感じています。

だって、「隠すんだったらいいよ」ということでしょう。

少しずつですが、共存の動きが広がっている。これでいいんです。

人の意識は、ちょっとずつ変わるものだと思っています。

 


 

 外科医でタトゥーの除去手術も手がける東京イセアクリニック総院長・吉種克之医師に聞きました。

2日に1回ほど、タトゥーの除去手術をしています。

麻酔をして、レーザーを照射したり、皮膚を切り取ったり。レーザーで焼く手法は薄くぼやかすだけで、完全には消えません。

依頼の8割方は切除術です。傷痕はどうしても残りますが、色素の入っている脂肪の部分まで切り取ってしまうので、絵柄の部分は完全に消すことができます。

8f742b7e-lとはいえ、費用は手首を1周するぐらいの数分で終わるものでも10万円ほどかかります。

背中一面のような大きなものは、10回ぐらいにわけてやる場合もあります。いずれにしても気安いものではありません。

患者さんは20~30代の男女が多く、海外に行ったときに「開放的になって入れた」という人が目につく。

日本に戻って、様々な場面で課題にぶつかったと。

就職するのに身体検査があるとか、結婚相手の親が「消さないと結婚させない」とか、「ママ友とプールに行きたいから」とか。

彼らと接していると、日本社会で刺青を入れることのリスクの多さを感じます。

入れるのも取り除くのも痛みだってあるし、色素によってはMRI検査のときに患部が見えなくなるというケースもあり得ます。

自分の人生だから大丈夫なんだと考えても、いずれハンディキャップになることがある。

そうした現実とリスクも知った上で、入れるべきか決めたほうがいいと思います。

 


 

 寄せられた声の半数超は「怖い」「不快」という否定的なものでしたが、当事者からも意見や体験が届きました。その一部を紹介します。

que-11136027211

「鮮やかな彫り物はヤクザ、威嚇している、脅している、怖いというイメージに直結します。子どもの頃に得た感覚で、入れ墨を入れるのは『激痛に耐えた人』として、ヤクザとして箔(はく)がつくものなのだと思っています。今は技術が進歩して昔ほど痛くないのか? もし、一般人が激痛に耐えて入れているのだとしたら、その異常さがちょっと理解できないことから、異質なものを見る目になってしまいます。何となく気楽そうに入れている外国人のものを見ると、『本当の入れ墨?それともシール?』と、そこもすごく疑問です。一生消せないものなのか、シールみたいな気楽なものなのか、なんとも実態がよくわからないものなのです」(神奈川県・50代女性)

●「両腕や背中に大きめのタトゥーが入っています。デザインを学ぶために20歳でフランスに留学して、最初はお守りのつもりでした。その後デザイナーになり、仕事への覚悟を示したものや、亡き友人を思って入れたものもあります。向こうでは一度も不自由を感じたことはありませんでしたが、数年前に帰国してからは違います。レストランで席についた時、袖からはみ出たタトゥーを理由に追い出されたことがありました。店員の方は『決まりですので……』の一点張りでした。『ルールだから』と言うなら、なぜそうなのか、どんな意味があるのか、理由を教えてほしいのです。日本人は『こうあるべきだ』という価値観に取りつかれているように感じます。海外で入場拒否をする施設があれば、人権と差別の問題になります。グローバル化のなか、国際レベルで人権を考え直す時期を迎えているのではないでしょうか? 増え続ける外国人観光客、ラグビーW杯や東京オリンピックなどで日本を訪れる選手や観客が日本人のおもてなしを満喫し、人を見かけで判断しない、偏見のない日本のイメージを世界に広げてもらえることを期待しています。タトゥーの入っている人も、そうでない人も、自然に生活できる日本になることを願っています」(東京都・50代男性)

「子ども4人と夫の6人家族です。結婚して長男を産んだときに、左腕にひらがなでその子の名前を彫りました。昔から刺青に興味があったし、子どもを大切にしようという思いも込めました。4人目の出産まで、同じように彫りました。困ったのは子どものプールです。いまのようなラッシュガードがなかった頃は、Tシャツを着て入っていました。スーパー銭湯のようなところでは、1回だけ入浴を断られたことがあります。友達で離れていく人はいませんでしたが、パートをしていた会社では、着替えの時にほかの社員に見つかって、社長から解雇を言い渡されました。さすがに抵抗しましたが、日本ではまだまだ仕方がないかな、とも思います。いままでは任俠(にんきょう)の人が入れてきた、という風潮がありましたので。私自身は、見た目はぽっちゃりした普通のおばちゃん。刺青を入れているようには見えないはずです。いま4番目の子どもが公務員になるという話が出ているので、知られたらやばいかな、とも思い始めています。もし不利になるようなら消すつもりです。刺青を入れるなら、この国ではまだ、その弊害も考えておいたほうがいいと思います」(群馬県・40代女性)

 


 

彫り師の男性が医師法違反で摘発されたと知ったのは、大阪で裁判を取材していた3年前のちょうど今ごろ。

一瞬、背中一面に派手な図柄を入れたこわもてを思い浮かべました。

会ってみると、物腰も言葉遣いも柔らかい、細身の好青年で驚きました。

「もちろん、勇気がいりましたが……」。

略式起訴されながら、職業人生をかけて罰金30万円の命令を拒み、自ら正式裁判に臨むと語る姿に接し、自分の偏見を反省しました。

分からない、知らないことをいいことに、相手を一方的に評価する。

そんな現象が、タトゥーをめぐる議論には特にわかりやすい形で表れます。

社会のありようを浮き彫りにする、フィルターでもあると感じました。

 


 

入れ墨と刺青とタトゥー

「刺青」「入れ墨」「タトゥー」……。日本では様々な呼び名があります。

古代には体に入れたものを「文身(ぶんしん)」、顔に入れたのを「黥(げい)」と書きました。

「彫り物」「倶利迦羅紋々(くりからもんもん)」といった俗称もあります。

00593_m

江戸時代には、刑罰を科せられた者の目印として顔や腕に入れた墨を表す場合に「入れ墨」と書きました。

明治時代になって文豪・谷崎潤一郎が小説「刺青(しせい)」を発表してから、「刺青(いれずみ)」と表記されるように。

海外のようにファッションとして入れる文化が広がってからは、英語表記の「タトゥー」が使われるようになりました。

一般にタトゥーと呼ぶと、欧米式のタトゥーマシンによるワンポイントの「機械彫り」、入れ墨と書くと手作業による昔ながらの「和彫り」をイメージする人が多いかもしれませんが、本質的に違いはありません。

 


不倫してみたい

深田恭子①

WS000

 

 作家・渡辺淳一先生のありがたいお言葉:

「現代において純愛と呼べるのは、不倫だけである」

「不倫なんかをしても、利益も何もない。もう危険なだけですよ。それでも懸命に愛し合っているんだから、それは純愛に決まってるじゃないですか」

 

 2018年11月30日号の「週刊ポスト」(小学館)は、医療脱毛専門院「リゼクリニック」が実施した「不倫してみたい有名人」のアンケートの結果、女優の深田恭子が1位になったことを記事にした。

同誌では、どうして深田と不倫したい男性が多いのかを、男性のテレビ局ディレクターやアイドル評論家の意見をもとに分析しているのだが、妄想だとしてもなかなか気持ちが悪いものとなっている。

thumb-12104-116284-entame_l

まず第一に、深田は顔と体のギャップがたまらないらしい。

彼女は丸い輪郭に大きな目であり、36歳という年齢よりも若く見える童顔だ。

しかしその顔とは裏腹に体はとてもセクシーで、DからFカップと予想されているバストとふくよかなヒップが特徴的。アイドル評論家の男性いわく、はちきれんばかりのバストには“母性”も感じるという。

童顔でも脱いだら凄いということが魅力的なのだろう。

また、男性ディレクターによると

「大胆な濡れ場やセクシーな衣装など、女優として挑戦的なこともしていますが、下品にならない」

「それでいて絶妙に色気が見え隠れするから、幅広い世代の男性からの支持が高い」

とのこと。

WS000

彼女は30代女優には珍しい水着の写真集も発売しており、露出度の高いスポーティーな水着でサーフィンをする姿なども公開している。

その他、ドラマ『セカンド・ラブ』(フジテレビ系)では、現在交際が噂されている亀梨和也と濃厚なキスシーンやベッドシーンを演じており、夜の刺激的な妄想を誘うのだろう。

一方、同アンケートによると、男性が不倫に対して求めるものとしては「刺激」だけでなく、「癒し」や「罪悪感を抱かせない」、「寂しさの解消」、「年相応の落ち着き」なども重要なようで、深田はそれも持ち合わせているという。

前出したアイドル評論家の男性によると、深田の笑顔は「罪悪感を消し去ってくれるほど素晴らしい」ようだ。

4acc5ebc90176b9c4868d5b1f3fff492

確かに、女の筆者からみても深田恭子の笑顔は癒されるし、現在放送されている「東京ガス」のCMも彼女の笑顔は可愛いの一言につきる。

しかし、だからといってその笑顔で不倫の罪悪感を消そうとするとは、いくらなんでも深田恭子に甘えすぎではなかろうか。

「刺激」、「母性」、「癒し」、「寂しさの解消」

「罪悪感を抱かせない」、「年相応の落ち着き」

などなど。

“不倫相手”という2番手でありながら、男性が理想の不倫相手に求める条件はかなり多いようだ。

巷でよく言われている “理想の彼女”よりも難しいポジションであり、その1位に選ばれた深田恭子、あっぱれである。

 

c34e63c31f574423ac4808042e779499

 

 俳優・石田純一先生のありがたいお言葉:

  「現代において、不倫は文化である」

 実は、石田純一自身は「不倫は文化」とは発言していない。

1996年10月、長谷川理恵との不倫をスクープされた際、

 「文化や芸術といったものが、不倫という恋愛から生まれることもある」

と語っただけ。

しかし、あるスポーツ紙が「不倫は文化」という見出しを付け、石田純一=「不倫は文化」というイメージがついてしまった。

本人には、大迷惑だったみたいです

 不倫の修羅場を研究するには、ココがオススメ  (^_^;)

 


黒柳徹子 85才

WS000

黒柳徹子(85才)が10月30日、自らのインスタグラムにアップした衝撃の写真。

85才にして100円ショップでシールを買い、見事に仮装してみせた。

詳細はここをクリック

 


桜田大臣 大人気

news_20181116195550-thumb-645xauto-148080

40661_88_467cb46a44d315fff747f90290b07bde

 

日本以外の国には、理科系の素養のある政治家トップが多いのに対して、日本は徹底的に文科系国家。

理科系は「技術屋さん」というレッテルを貼られて、政治の世界では疎外されています。

WS000

たまたま理科系の政治家トップが登場しても、H氏やK氏のように、とんでもない馬鹿だったりするので、なかなか文科系の牙城を崩すことができません。

その背景には、日本社会における人間関係の比重の高さ、何事も人脈で決めてしまうという「人脈主義」の傾向があるように感じます。

人脈を最大限に活用した天才が、「人たらし」と言われた豊臣秀吉や、「今太閤」と言われた田中角栄ですが、この桜田大臣も、そのような天才の一人かもしれません。

人脈主義には長短ある訳ですが、これからITやAIが国家の浮沈を決める時代に、このままで良いのかなぁと、ほんの少し心配になったりもします  (^_^;)

 


 

サイバーセキュリティ基本法改正案を担当する桜田義孝五輪相が国会答弁で

「自分でパソコン(PC)を打つことはありません!」

と断言した問題は、海外メディアでも波紋を広げている。

computer_antivirus2

「驚く」「不可解」といった声が多いが、PCを触ったことがない桜田氏を「システムエラー」「ある種の最強のセキュリティーだ」と皮肉る声も相次いでいる。

海外主要紙が相次いで取り上げるなど、「大人気」ともいえる状況だ。

桜田義孝五輪相の発言が国外でも波紋を広げている。

ロイター通信は、桜田氏が「東京五輪に向けたサイバーセキュリティー対策の準備の監督責任者であるにもかかわらず」PCを使ったことがなかった、と報じ、ニューヨーク・タイムズ紙は、

「コンピューターを使わない人も多いだろうが、その多くは国家のサイバーセキュリティーを担当してはいないだろう。でも、そういう人が実際にいるのだ」

と、皮肉を交えた。さらに、USBドライブを

「セキュリティーリスクだと広く考えられている、一般的な技術」

だとした上で、「桜田氏はそれが何であるかを理解してなかったようだ」と指摘した。

英ガーディアン紙は、見出しで、

「システムエラー:日本のサイバーセキュリティー相、コンピューターを一度も使ったことがないと認める」

という見出しでからかい、記事本文では、ツイッターで

「ハッカーが桜田大臣を標的にしても、情報を盗むことはできないだろう。ある種の最強のセキュリティーだ」

といった皮肉めいた声があがっていることを紹介した。


寝屋川の泣き男

WS000

▲殺人罪に問われた山田浩二被告(48)

dada_koneru_boy

 

 泣いてダダをこねれば、自分の言い分が通る。

 そんな甘ったれた経験が通って、そのまま大人になった男。

 個人でもかなり困ったちゃんですが、そんな困った国もある。

 甘やかした方にも多少の責任があるのかな  (;´Д`)

 

大阪府寝屋川市の中学1年の男女生徒2人を2015年8月に殺害したとして、殺人罪に問われた山田浩二被告(48)の裁判員裁判の公判が11月1日から大阪地裁で始まった。

 冒頭、検事が罪状を読み上げ、裁判長が山田浩二に認否を尋ねると、山田浩二は証言台の後ろでいきなり土下座パフォーマンス

「このたび、経緯がどうであってもすいませんでした。ずっと謝りたかった」

「本来ならご遺族の顔を見て謝罪すべきだが、(山田浩二が遺族の姿が見えないように)遮蔽されてできません。けど、声なら届くと思う」

「すぐに病院に連れていけばよかった。ごめんなさい」

 こうして5分ほど、泣きながら遺族に謝罪した。

 裁判長から「山田さん、またそういう機会はあるから」と促されても「ずっと、お詫びがしたかった」と土下座し続ける山田被告。

「そんなことしていると、ここにいられなくなりますよ」

裁判長が厳しくいうと、ようやく被告人の席に戻った。

だが、山田浩二と徳島刑務所で同じ工場、部屋だった元受刑者はこう話す。

「法廷で土下座とニュースで見ました。

またやっとるなというのが正直な印象です。

徳島刑務所でも、勝手に人のモノを盗んだ。

山田浩二が詰められて『お前の犯行やろ』と刑務官から言われていた。

最初はずっと否定するも、そのうちこらえきれなくなり、いきなり土下座。

『すいません。ごめんなさい、許してください』と泣きながら言うのです。

そんなことが何度もありました。

山田浩二は、土下座したり泣いたりするのは十八番。

そして土下座した後は平然としている。鬼畜ですよ。

法廷で土下座のパフォーマンスをして、死刑を逃れたいのでしょう。

裁判所、裁判員は騙されないでほしい」

 

つづきはここをクリック »


102歳が92歳を襲う

shutterstock_451052563

d829f2e3

 

  スゴイ! 元気だな~

   健全な性欲を維持することが

  長生きの秘訣かも~  (^_^;)

 

オーストラリア・シドニーの老人ホームで、92歳の婆さんに対する加重強制わいせつの容疑で、102歳の爺さんが拘束された。

シドニー警察当局が24日明らかにした。

事件があったのはシドニーのボンダイビーチ(Bondi Beach)の近くにある老人ホーム。

警察は容疑者の氏名や事件の詳細を明らかにしていないが、23日の昼頃通報があり、現場に急行した警察官が102歳の爺さんを拘束した。

102歳の爺さんは11月20日に出廷することを条件に保釈された。

有罪になれば7年以下の禁錮刑となる可能性がある。

若い頃に犯した罪で100歳を超えて裁判にかけられる例はあったが、100歳を超えてから犯した罪の責任が問われるのは極めてまれ。

 


東京の(夜)を遊びつくせ!

bc5677b1

1-1-680x382

 

こんなイベント見つけました。世の中が何と言おうと、一切かまわず我が道を行く!という清々しい生き方に、ある種の感動すら覚えます  (^_^;)

 

あなたは東京の夜を遊び尽くしていますか?

居酒屋談義もいいけれど、もっと刺激的で、もっとクリエイティブなナイトカルチャーの魅力を発見するためのトークイベントです。

「NeXTOKYO Project」の仕掛け人である梅沢さんから、音楽・アート・食・スポーツ・ITと街づくりとがコラボしていくアイディアを縦横無尽に語っていただきます!

【ホントコ:“本当の個が交差する”の略】

「個」と「個」の交差点に、明るく楽しく新しいビジョンを皆で描こう!

ユニークな「個」で立っているゲストの「ホントのところ」聞いてみませんか。

ホントコ!の参加条件は「個」であればそれでOK。

食、住、環境、芸術、笑い、経済、法律・・・分野は無限定、結論を出すことも目的ではありません。

ホントコ!は、様々な個や価値観の交差点として、あなたという「個」の参加をお待ちしています。

 


コメントをどうぞ (^_^;)

オーケストラの就職事情

SONY DSC

music_orchestra

 

 オーケストラの優雅な響きの背後には

  過酷な現実があるようですね  (T_T)

 

厚生労働省が発表した8月の有効求人倍率は、1.63倍。

日本人の勤勉さをもってしても、よくここまで日本が持ち直したものだと思います。

バブル崩壊後の1993年から2005年までの13年間、リーマンショック後の2008年から2013年までの6年間は、有効求人倍率1倍を割っていたわけで、その時代に就職活動をしていた方々は、本当に大変な思いをなされたと思います。

転職なんてとんでもない時代でもありました。

特に1999年には求人倍率0.48倍を記録。いわゆる「氷河期」です。

その年を挟んで前後数年間は、2人に1人しか就職できない状況だったわけです。

一方、オーケストラの就職事情に目を向けてみると、世界のどこを見まわしても、求人倍率0.48倍などという“素晴らしい時期”はなかったことでしょう。

最初に答えを言いますと、0.01倍にも届かないのが実情です。

9月3日付本連載記事でも少し触れましたが、たとえばヴァイオリンひとつとっても、日本全国42校ある音楽大学から、毎年ものすごい数の卒業生が生まれてきます。

そんな彼らに対して、日本にはオーケストラが36団体しかないうえに、各オーケストラのヴァイオリンの求人は毎年、数名程度あるかどうかなのです。

オーケストラによっては、募集がまったくない年もあります。

しかも、卒業して何年もオーディションを受け続けるので、著名オーケストラともなれば、たった1名の求人に対して200名以上の候補者がオーディションに押しかけて椅子を奪い合うということも珍しい話ではありません。

この背景には、細分化された専門職集団というオーケストラの特異性があります。

オーケストラは大きく、弦楽器、管楽器、打楽器、そしてハープやピアノに分けられます。

たとえば管楽器では8種類あります。

そのなかで一番高い音を演奏するフルートの定員は、オーケストラの規模にもよりますが、通常2名から3名程度です。

それもまた、首席奏者と2番奏者に分かれます。

こう聞くと、多くの方は「2番奏者としてオーケストラに入って、経験を積んで首席になるのだろう」と思われるかもしれませんが、そうではありません。

ソロが多い首席奏者のほうが給料は高いことは確かですが、2番奏者も首席奏者とは違う特別な技術が必要となる専門技術者なのです。

首席奏者も2番奏者も、同じ楽器でありながらオーディションは別に行われます。

そして、当然のことながら、フルート奏者はフルートしか演奏しないので、仮にトランペットやヴァイオリン、クラリネットの求人がたくさんあったとしても、フルートに空きがなければ、その年の就職口は閉ざされてしまいます。

オーディションに受かった後にも困難が待ち受けている

このように常に就職難の状況なので、海外のオーケストラのオーディションを受けて、日本から離れて活動をしているオーケストラ奏者も数多くいます。

もちろん、留学をして当地のオーケストラのオーディションを受けた方々が多くを占めているので、日本のオーケストラが就職難だから海外で就職というケースは多くありませんが、北はフィンランドから南は南アフリカまで、ヨーロッパ、アメリカ、アジア諸国と、どこのオーケストラに行っても、大概は日本人奏者に出会います。

では、海外のオーケストラのほうが就職口は多いかといえば、そうではなく、事情は日本とまったく同じです。

やはり、誰かが定年退職したり、途中退団してくれないことにはポジションが空きませんし、運よく空いたとしても何十人、何百人もの若い音楽家がオーディションに押し掛ける点では同じなのです。

しかも近年、ヨーロッパではビザの申請基準が厳しくなっており、外国人が職を得ることが本当に難しくなってきました。

さて、オーディションに運よく受かったとします。

しかし、「もう一安心。家族親戚にも胸を張って会える」かといえば、そうではありません。

ここからが本当の勝負となります。それは、1年間の試用期間です。

その期間中は、実際に仕事をしながら、ずっと周りの楽員に審査をされることになります。

若い奏者は経験もありませんし、そのオーケストラ独自のやり方を習得するだけでも大変なのに、これまで演奏したことのない新しい曲が毎週、押し寄せてきます。

なんとか最初の2、3カ月はこなせたとしても、1年間はとても長く、そこでボロを出してしまうことも多いのです。

それをすべて乗り越えたのち、最後にオーケストラの同意を得て、やっとプログラムにも正団員として名前を載せてもらえることになります。

残念ながら、その試用期間を通ることができなかった奏者を、僕もたくさん見てきました。

皆さん、「オーケストラの楽員って、大変だなあ」と思われたと存じます。

僕も心からそう思います。

しかし、少しは良いことがあります。

僕がロサンゼルス・フィルハーモニックの副指揮者をしていた時に、当時のフルート首席奏者であるジャネット・ファーグソン氏が、こう話してくれました。

「私の主人は、ウォルト・ディズニーで仕事をしているの。良い仕事だけど、半面、いつリストラされるかわからない。だから、オーケストラ奏者のほうが安定しているのよ」

僕はなるほどと、思いました。

アメリカのオーケストラは、音楽監督(指揮者)が絶大な力を持っており、奏者をクビにできるほどの権利があるけれども、音楽家組合が強いので、実際にはできません。

日本のオーケストラでも就職するのは大変ですが、よほどのことがない限り、リストラの心配はありません。

オーケストラには一般企業とは違う根本的な理由があるからです。

たとえば、いくら経済状態が悪くなっても、「この経営危機を乗り越えるために、フルートは1人だけにしよう。トランペットはなし」といったことはできません。

ひとつでも楽器が欠ければ、作曲家の楽譜通りには演奏できなくなります。

つまり、オーケストラは全体が一蓮托生といえるのです。

(文=篠崎靖男/指揮者)

 

つづきはここをクリック »


コメントをどうぞ (^_^;)