Category » スキー・スケート

発言できるほど何も知らない

WS000

interview_man

 

 日本のマスコミ業界って 本当に腐ってるなぁ

  発言内容を わざと悪意で切り貼りして

 発言者を炎上させることに 必死になってます

  まるで魔女狩りですよ  ヽ(`Д´)ノ

 

フィギュアスケートの宇野昌磨選手(21)のマスコミ対応に称賛の声が集まっている。

アメリカで行われていた四大陸選手権で初優勝(男子シングル)し、その帰国直後の空港での出来事だ。

フィギュアの話題ではなく、競泳の池江璃花子選手(18)が白血病を公表したことについて記者から質問を受けると、自身は白血病について「無知」であるとして、「(発言する)権利はない」と冷静な対応を見せたのだ。

hiaburi

するとツイッターでは、「素晴らしい受け答え」と感心する反応が相次いだ。

一方で質問したマスコミへの激しい批判が起きている。

魔女狩りによる火あぶり炎上の刑→

宇野選手は2019年2月12日夕、凱旋帰国直後に成田空港で報道陣の質問に答えた。

優勝の感想については「日本に帰ってきて、優勝と準優勝ではこれだけの違いがあるんだな、と実感させられております」と笑顔で語った。

18年の四大陸選手権では準優勝だった。

同年代の池江選手がツイッターで「白血病と診断された」と12日に公表したことについて質問を受けたが、「自分は無知」なので、白血病が何なのかとか、詳しいことは答えられないとして、自身のケガの経験にも触れながら、

WS000

「やはり自分が一番つらいことなので

 僕がそんな無知な状態で発言できるほど何も知らないし

 僕はその(発言する)権利はないと思います」

と述べるにとどめた。

こうした発言がテレビなどで報じられると、ツイッターには

「よく言った!って思った」

「素晴らしい受け答えですね」

と、その「極めて冷静」な対応に称賛の声が続出した。

WS000

池江璃花子選手の病気公表以降、ツイッターなどで一部政治家らからも「激励」が相次ぐなか、

「余計なことを言わない宇野くんは立派です!」

といった受け止め方が広がったようだ。

一方で、質問したマスコミへの激しい批判が寄せられており、

「あのタイミングで(略)池江さんの病気について質問するマスコミが酷すぎる!」

「(帰国したばかりの宇野選手に聞くのは)質問する内容も相手も間違ってる!」

などの指摘が出ている。

 


 

宇野昌磨選手が逆転で初優勝

フィギュアスケートの欧州以外の国・地域で争う四大陸選手権第3日が9日(日本時間10日)、米カリフォルニア州アナハイムのホンダセンターで男子フリーがあった。

平昌(ピョンチャン)五輪銀メダルでショートプログラム(SP)4位の宇野昌磨選手(トヨタ自動車)が逆転で初優勝を果たした。

4回転フリップなど3本の4回転ジャンプを着氷し、ルール改正後に羽生結弦選手(ANA)が出した190・43点を上回る世界最高の197・36点をマーク。合計289・12点も自己最高得点を更新した。

主要国際大会で6戦連続2位だったが、頂点に立った。

宇野選手は

「自分はできるんだと、何も考えずに滑った。

 諦めないのは大事だなと思った」

と語った。

 


紀平梨花 ザギトワに圧勝

skate_figure

 

 麻央ちゃんが抜けた穴を埋める新女王が誕生

  日本の選手層の厚さが感じられます  (^_^;)

 

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルが6日(日本時間7日)、カナダ・バンクーバーで開幕。

女子ショートプログラム(SP)では紀平梨花(関大KFSC)が82.51点の今季世界最高得点をマークし、アリーナ・ザギトワ(ロシア)らを抑え、堂々の首位に立った。

16歳が与えた衝撃に対し、海外のファンは「もう2022年五輪女王でいいよね」「これはとんでもないぞ」と大興奮している。

「Rika Kihira」の衝撃は全世界を駆け抜けた。

ドビュッシーの「Clair de Lune」のメロディーに乗せた16歳は冒頭で代名詞のトリプルアクセルを完璧に決めると、3回転フリップ―3回転トウループのコンビネーションも見事に着氷。

最後の3回転ルッツを決めると、日の丸が揺れる中、バンクーバーのアリーナは万雷の拍手に包まれた。

叩き出した得点は82.51点。ザギトワがGPシリーズ第5戦のロステレコム杯で記録した80.78点を上回る、衝撃の歴代世界最高得点!

特に技術点(TES)は驚異の47.36点だった。

ザギトワに約4.5点差をつけ、16歳対決の前半戦を制した紀平に、世界のスケートファンはツイッター上で大興奮状態だった。

吹き荒れる賛辞

「疑いなく美しい」
「これはやばすぎるぞ、リカ・キヒラ。衝撃です。明らかにいい意味で」
「リカ・キヒラは2022年五輪チャンピオンということでいいよね」
「アリーナを今倒せるのは彼女だと本当に確信したんだ」
「なんて美しいスケートなの、リカ・キヒラ。あまりにも可愛らしい」

「フリーが間違いなく楽しみ。そして、もう1回、リカ・キヒラのファンタスティックなプログラムを見なければ…」
「ドビュッシーの調べに乗せたリカ・キヒラのトリプルアクセルは必見。何てSPなんだ」
「キヒラがフィギュアスケートの新時代の幕を開けた。芸術性や細部を犠牲にすることなしにトリプルアクセルを見せる。コンビネーションの着地も、スケートも疑いなく美しい」
「リカ・キヒラをどれだけ愛しているのか、表現できないよ」

 演技直後、海外で賛辞が吹き荒れた。

世界のファンも初挑戦のGPファイナルの大舞台で魅せた16歳の圧巻の舞いにすっかり魅了されていた。

 


コメントをどうぞ (^_^;)

マサルポーズ

WS000000

 

 ウルトラマンポーズに似てますね  (^_^;)

 

ザギトワ選手のインスタグラムへ

 

WS000000

     ザギトワ(16歳)  本田真凜(8/21で17歳)


猫犬同居

平昌五輪フィギュアスケート女子の金メダリスト、 ロシアのアリーナ・ザギトワ選手(16)に秋田犬(あきたいぬ)保存会(秋田県大館市)が贈った子犬「マサル」(雌、生後3カ月)と、 ザギトワ選手がもともと飼っている猫との関係を心配する声がネット上などで上がっている。

ザギトワ選手はロシア中部ウドムルト共和国の首都イジェフスク出身だが、 練習のため親元を離れ、モスクワのアパートで祖母と暮らしている。

部屋では、ザギトワ選手が4歳のころからいるというブリティッシュショートヘアの雌「イリースカ」を飼っている。

犬と猫が同居する場合、縄張り意識が強い猫が先にいる場合は難しいと一般的に指摘されている。

ツイッターには「先住猫との関係も不安満載。大丈夫かなぁ」との声も。

ザギトワ選手は28日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」で「けさね、マサルが猫にほえていて、猫はマサルにハーっと威嚇していて…」と様子を紹介。

「2、3日もあれば、きっと仲良くなると思うわ」と話した。

dog_cat_nakayoshi

 ザギトワちゃんは 余り物事を深く心配しない

  楽天的な性格なのかもね (^_^;)


「マサル」モスクワへ

wor1805250040-p1

平昌五輪のフィギュアスケート女子で金メダルを獲得したロシアのアリーナ・ザギトワ選手(16)に秋田犬保存会(秋田県大館市)が贈る子犬が25日午前、成田発の日航機でモスクワに向けて空輸された。

日露首脳会談のため現地を訪問している安倍晋三首相も出席して、現地時間26日午前に贈呈式が行われる。

保存会は23日、東京・銀座の東京都支部で出発直前の子犬の様子を産経新聞に公開。

生後3カ月の赤毛の雌で、体重は約10キロ。関係者にじゃれつくなど元気な姿を見せていた。

五輪前に新潟で調整していたザギトワ選手が雑誌で見た秋田犬を気に入り、母親に「飼いたい」とおねだり。

「五輪でうまく滑れたらね」と約束された。そして、うまく滑れた(金メダル)!

インターネットの産経ニュースでそのことを知った保存会が贈呈を決めた。

贈られる犬は各地の保存会会員が育てている5匹の候補の写真の中からザギトワ選手が選んだ。

雌だが、「勝利」の意味を込めて「マサル」と名付けたいと話している。

WS000000

 

 女の子に「マサル」と名付ける親が

  増えそうな予感  (^_^;)


妖艶な真央ちゃん

96b248ca91391379d086ba875ed8900e

 

 スポーツ選手を引退して 自由になった真央ちゃん

  今までの「清楚」なイメージとは かなり違いますね

 イメチェンを狙ってるのかな?  (^_^;)


コメントをどうぞ (^_^;)

やっぱり「マサル」です

sty1803270013-f2平昌冬季五輪のフィギュアスケート女子で金メダルを獲得したロシアのアリーナ・ザギトワ(15)が27日、モスクワで今季終了の記者会見に出席し、秋田犬保存会から贈呈される子犬について「頂くのは雌犬だが、男の子の名前の『マサル』と名付けるのは変わらない」と語った。

ロシア語で女性風に「マーシャ」に変更したとの一部報道を否定した。

ザギトワは「五輪前の新潟の合宿で秋田犬を知った。日本の犬なので名前を日本語にするのは筋が通っていると思う」と話した。

勝利を意味する言葉を自分で探し「マサル」に決めたという。

秋田犬保存会によると、贈呈する候補となる子犬の写真を何枚か送ってザギトワに選んでもらい、5月3日に秋田県大館市で行われる秋田犬の姿形を競う全国大会で披露。

5月下旬から6月上旬にモスクワで引き渡される予定だ。

thumb-12104-100427-sports_l

 

 「マサル」という名前に こだわりがあるのかな?

  「ユヅル」だったら もっと話題になったかも  (^_^;)

 

 

——————–▼以下、3/25の記事「秋田犬の名前「マサル」やめました」——————–

 

6e07e413a2c5316f90a37418efab5150

 ピョンチャンオリンピック(平昌五輪)フィギュアスケート女子金メダリストのアリーナ・ザギトワ(15=ロシア)が25日、日本から贈呈される予定のメスの秋田犬の名前を「マサル」から、メスらしい名前に変える意向を明かした。

この日、ミラノで行われた世界選手権エキシビションの出番後に取材に応じ、秋田犬の子犬の写真を見せるとにっこり。

「名付けた後に“マサル”が、オスの名前だと知りました。マサ?マーシャなどでしょうか? メスらしい名前に変えたいと思います」と話した。

今大会は、SP、フリーともに完璧な演技で優勝した五輪とは一転、フリーで3度も転倒し、合計207・2点の5位に終わった。

フリーの演技後は涙を浮かべ、失意のあまり取材を受けずに会場を去った。

だが、2日経ったこの日のエキシビションでは、トラ柄の衣装で妖艶な演技を披露。

大歓声を浴びるとうれしそうに笑顔を見せた。

ザギトワは、五輪直前の新潟県での合宿の際に、秋田犬の写真を見て、一目ぼれ。

母親に秋田犬をねだっていたことが報じられ、それを知った秋田県が五輪後に贈呈することを決めた。

贈呈式は6月にモスクワで開かれる。

公益社団法人秋田犬保存会によってふさわしいメスの子犬がリストアップされ、その写真をロシアに送り、ザギトワが直接選ぶ予定だ。

dog_cat_nakayoshi

 オスメスに関係なく

  ネコは女の子 イヌは男の子

 に見えてしまいます  (^_^;)

 

——————–▼以下、3/4の記事「秋田犬を飼いたいの」——————–

 

平昌五輪フィギュアスケート女子金メダリストのアリーナ・ザギトワ選手が、念願の秋田犬を受け取ることが決まった。

ザギトワ選手は3月3日、モスクワで、銀メダリストのメドベージェワ選手など、オリンピックの出場選手たちとアイスショーに出演し、3回転ジャンプなどを披露して、観客を魅了した。

その後、記者団の取材に応じ、金メダルのご褒美として希望していた秋田犬が、日本から贈られることが決まったと明かした。

ザギトワ選手は「『マサル』という名前にします。女の子です。日本語で、勝利という意味ですよね」と話した。

秋田犬は、日本の団体が贈呈を申し入れていたもので、現在、ロシアに持ち込むための手続きが進められている。

dog_akitainu-300x338

 

『マサル』は 男の子の名前だと

  知らないのかな?  (^_^;)

 

—————

平昌冬季五輪のフィギュアスケート女子に「ロシアからの五輪選手(OAR)」として出場し金メダルを獲得したアリーナ・ザギトワ選手(15)。

ザギトワ選手は、五輪前に新潟で調整中に雑誌で見た秋田犬の写真が気に入り、母親に飼いたいと要望。

母親は「五輪でいい演技をしたら考える」と答えた。

このやりとりをロシア・フィギュアスケート連盟がインタビュー記事として2月25日に発表していた。

佐竹敬久秋田県知事や秋田犬保存会が、秋田犬贈呈の意向を示している。

3月1日、ザギトワ選手はモスクワ市内で記者会見し「とてもうれしい知らせ。とても忠実な友達なので大事にしたいと思う」と述べ、謝意を示した。

ザギトワ選手は「両親は反対でない」とし「このような支援は私にはとても重要なこと。私のモチベーションになる」と述べた。

記者会見には銀メダルのエフゲニア・メドベージェワも出席。

両選手とも、少なくとも2022年北京冬季五輪まで競技を続ける意向を表明している。

沢尻エリカ1

 

 沢尻エリカに 似てますね  (^_^;)

sty1712240002-f3

833503f2

プーチン大統領も 秋田犬「ゆめ」ちゃんをもらって

とても可愛がっているそうです

「友だちはお前だけだよ」 などと言ってるのかも  (^_^;)

 


「怒ったネコ」小平奈緒 金メダル

kodairacat

「Boze kat(ボーズ・キャット)」

オランダ語で「怒ったネコ」を意味する言葉が、日本のスピードスケート女子の第一人者でありながら前回ソチ大会まではくすぶっていた小平奈緒の能力を開花させるきっかけになった。

malelion-2

 

 怒ったネコは 怖いですよ~

  ライオンの仲間ですからね  (^_^;)

 

つづきはここをクリック »


中国人が熱烈に羽生愛

hanyu4-1

平昌冬季五輪のフィギュアスケート男子で17日、羽生結弦(23)=ANA=が66年ぶりの五輪連覇を達成したことを受け、中国の「羽生迷(羽生ファン)」の間から、4年後に中国で開催される2022年北京冬季五輪までの、現役続行を熱烈懇願する声があがっている。

中国のポータルサイト「騰訊(テンセント)体育」は17日、羽生の五輪連覇が決まると間もなく、

  「まさに嵐、羽生が世界を征服した」

と題する記事を掲載し、

  「五輪は実際は国と国との勝負だが、

   本当の巨星は国籍を忘れさせる。

   たとえば羽生結弦のように」

と称賛した。

政治の世界では「氷」が溶けない日中関係だが、羽生ファンに国境はないようだ。

日本に厳しい報道が目立つ中国国営の中国中央テレビ(CCTV)の女性解説者、陳◆(=さんずいに瑩)氏に至っては、羽生の快挙に自作の漢詩を贈った。

     容顔如玉    その顔は宝石のごとく

     身姿如松    その姿は松のごとし

     翩若※鴻    飛ぶ姿は白鳥

     宛若遊竜    あたかも竜が遊んでいるようだ

-といった意味だろうか。(※=りっしんべんに京)

中国のマスコミが、ここまで日本人をベタ誉めするのは、非常に珍しい。

陳◆(=さんずいに瑩)氏はさらに、

  「運命は勇者にささやいた、嵐には逆らえないと。

   勇者はささやき返した、わたしが嵐だと」

  「羽生結弦はムチを使わずとも、自ら走る選手だ」

などと“文学的”な表現に終始。

一般の羽生ファンも、陳◆(=さんずいに瑩)氏に対抗して自作の漢詩を披露するなど、熱烈な「羽生愛」を競っている。

羽生選手は優勝後の記者会見で、「今は特に次の(2022年北京)五輪については考えていない。そんなに甘くないのは知っている」と語った。

しかし中国の羽生ファンは、インターネット上で、❤ハートマークを並べて

  「2022年北京冬季五輪で会いましょう。

   絶対に、絶対にその前に引退しないで。

   中国に来るのを待っています」

と訴えている。

今回が韓国、次回2020夏が日本、その次2022冬が中国。東アジアでオリンピックが続く。

20150917104918-1

 

 ちょうど今 中国は春節(旧正月)のお休みなので

  多くの中国人観光客が 日本に来てますね  (^_^;)

 


コメントをどうぞ (^_^;)

六本木ジャンプ台 本番!

031

詳細はここをクリック

 

 

 


六本木ヒルズにスキージャンプ台

 

「TOKYO SNOW&ICE」開催

 

1月19日・20日の2日間 入場無料

 

001l

実物を見てきました (^_^;)

 

 

東京都とスポーツのチカラProject実行委員会は、1月19日・20日の2日間、六本木ヒルズアリーナにて冬のスポーツ博覧会東京「TOKYO SNOW&ICE 2013」を開催する。

子どもも楽しめるアトラクションやスタンプラリーも実施

同イベントは子どもから大人まで楽しめる冬のスポーツ博覧会で、ウィンタースポーツ普及のため国際スキー連盟が提唱する「World Snow Day」とも連動している。

会場となる六本木ヒルズアリーナには、高さ約15mのスキージャンプ台を設置

国内外のスキーアスリートが滑走し、迫力あるジャンプパフォーマンスで技を競い合う「東京ヒップジャンプ選手権」も開催する。

会場内には、子どもたちが雪だるま作りやソリ遊びを楽しめる「キッズスノーランド」も設けている。

また、プロがすべる傾斜度約60度の急斜面を駆け上がり、中腹のフラッグを取って競争するアトラクション「スノーフラッグチャレンジ」など、子ども向けのイベントも開催する。

ステージイベントでは、19日はスキーノルディック複合元選手の荻原次晴さん、お笑い芸人の小島よしおさん、20日はフィギュアスケーターの村主章枝さん、女優の加藤夏希さんが登場し、会場を盛り上げる。

フードコートでは「世界のゲレンデ食」をテーマに、様々なフードを取りそろえるという。

また、赤坂サカスで開催中のスポーツイベント「サカスポ!」と連携したスタンプラリーも実施する。双方の会場でスタンプを集めると、先着で参加賞がもらえる。また、商品が当たる抽選会も行う。

同イベントは両日とも、11時~19時まで開催。入場は無料。

 

これはまた思い切った企画だねー (^_^;)

 

—————————————————-

 

 東京・六本木のど真ん中にある六本木ヒルズアリーナに19日、高さ約15メートルのフリースタイルスキーのジャンプ台が出現した。

国内外のプロ選手ら11人が迫力のあるパフォーマンスを披露した。

 イベントは、2020年の五輪誘致を目指す東京都がスポーツへの関心を高めようと主催。

約100トンの氷の塊を用意し、降雪機で雪にして、途中で直角に曲がる「ヒップセクション」と呼ばれるジャンプ台を1日かけて設置した。

米国で注目される子どもスキーヤー、アスペン・スポーラ選手(12)が約50度の急斜面を滑り降り空中で横に1回転すると、会場の観客から「すごい!」との歓声が上がった。