中国の工場で大爆発

download

 

 中国共産党は 都合の良いことは100倍以上に

  悪いことは100分の1以下に発表しますから

 実際の死者は 数千人以上かも  ((((;゚д゚))))

 

死者62人(この人数を信じてる人はいない)と報道された中国江蘇省塩城の化学工場大爆発。

断片的ながら伝えられる現地情報から、あまりにもお粗末な工場安全管理であり、当局はそれを知っていながら放置していたと判明しました。

情報筋によると、事故の原因は、プラントから漏れた天然ガスがニトロベンゼン製造装置の爆発を引き起こし、それがメタノールとベンゼンの貯蔵タンクの燃焼爆発を引き起こした。

死者165人(この人数を信じてる人はいない)を出した天津大爆発事故の教訓は生きていなかったようです。

3月21日の「経済観察」(中国語)は、労働安全の国家管理局が2018年1月に徐州など5都市で18化学工場を検査して208の安全不備を見つけたと伝えています。

爆発した工場は中でも特筆もので13の問題点があったと言います。

(1)主担当者は、安全に関する知識および管理能力についての資格がありません。

(2)機器の特別な操作担当者のうち1人だけが証明書を取得、安全生産作業の実際のニーズを満たすことはできません。

(3)生産設備の操作手順が完全ではなく、ベンゼンタンク区域の操作手順や技術仕様がなく、パトロール検査システムも検査のための特別な要求もない。

など、いずれも目を疑うような指摘です。

これだけ知っていて、当局は抜本的な手を打たなかったのです。

安全検査などワイロでどうにでもなるという、中国共産党政府の腐敗が背景にあります。

 

▼これは2015年に天津で起きた大爆発

 


★この記事へのコメントをどうぞ! (^_^;)

  • 日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)