藤田真央さん

四年に一度行われる世界最高峰の音楽コンクールの一つ、

第十六回チャイコフスキー国際コンクールは二十七日、

モスクワ音楽院でピアノ部門の結果発表があり、

東京音楽大三年の藤田真央さん(20)が二位となった。

ピアノ部門の日本人入賞は二〇〇二年第十二回大会で優勝した上原彩子さん以来、十七年ぶり。

ピアノ部門の決勝には七人が進み、若手音楽家の登竜門の頂点を競った。

藤田さんはオーケストラとともにチャイコフスキー、ラフマニノフの協奏曲を熱演。

結果発表の瞬間は、ほっとしたような笑顔を見せた。

出場が決まった一カ月前から緊張感のある日々を過ごし

「ようやく終わった。

 こんなに上位とは思っていなかったのでびっくり」

と喜びを語った。今後に向けて

「自分なりに一歩一歩進んでいければ。

 いつも通り変わらぬ音づくりをして、

 いい響きをつくっていきたい」

と述べた。

藤田さんは東京都出身。

三歳でピアノを始め、一七年にはスイスのクララ・ハスキル国際ピアノコンクールで優勝した。

今回のチャイコフスキーコンクールで、藤田さんの演奏は一次、二次予選から聴衆の賛辞を集め、

「最初から最後の音符まで魔法をかけている」

(独立新聞)などとロシアメディアも高く評価。

インターネットのアンケートでも一位となるなど、上位入賞が有力視されていた。

バイオリン部門でも、米国籍の金川真弓さん(24)が四位となった。


★この記事へのコメントをどうぞ! (^_^;)

  • 日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)