王宮のプリンセス

photo002_01

 

 日本人はすごく若く見られますから

  オーストリア人からは

 高校生くらいに見えてるかも  (^_^;)

 

あでやかな振り袖姿は「王宮のプリンセス」という見出しで新聞の一面を飾りました。

篠宮家ご夫妻の次女・佳子さまは訪問先のオーストリアで日本人学校などを視察されました。

子どもたちが話をしたくなるような雰囲気作りが佳子さまは上手なのかもしれません。

17日、オーストリアの日本人学校を視察された時の様子です。

代表的な全国紙の一つには17日の大統領表敬の様子が一面で扱われるなど、注目の高さもうかがえます。

見出しには「王宮のプリンセス」。

前日に王宮内にある大統領府を振り袖姿で訪問された佳子さまの姿が伝えられました。

佳子さまウイーンの新聞の一面を飾るのコピー

国交150周年となるオーストリアが佳子さまの初めての外国公式訪問の地。

17日夜に開かれた国交150周年を記念したレセプションには淡い水色の振り袖姿で出席されました。

そして、オーストリア政府や議会、日本人会などの関係者を前にお言葉を述べられた佳子さま。

この日は、他にもウィーン大学で日本について学ぶ同世代の学生との懇談やウィーン中心部の王宮内にある世界最古の乗馬アカデミーで古典馬術の特別演技を鑑賞された佳子さま。

ワルツに合わせて白馬と調教師が軽快なステップや跳躍などを披露。

佳子さまは拍手を送られていました。

 


★この記事へのコメントをどうぞ! (^_^;)

  • 日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)