独善的な「正義の人」船戸雄大

検察側は「比類がないほど悪質」と述べた ©共同通信社

「記憶が曖昧でわかりかねます」

「そうかもしれないし、そうじゃないかもしれません」

 東京地裁の法廷でのらりくらりと質問をかわしたのは、東京都目黒区の船戸結愛(ゆあ)ちゃん(当時5)を虐殺したとして、傷害、保護責任者遺棄致死などの罪に問われた父親の殺人犯・船戸雄大(34)。

起訴内容は認めたものの、結愛ちゃんの命の危険を認識したのは死亡前日の「昨年3月1日だったと思う」と述べ、「2月下旬」とする検察側の主張に争う姿勢を見せた。

「本人が細かい主張をしてきているのに、いざ被告人質問をしてみると、虐待の時期や当時の考えなどは『明確な記憶がない』と答え、検察官を苛立たせていた。裁判員も繰り返し質問するなど丁寧に向き合っているのに、下手な国会答弁のような答えをしばしば繰り出したのが印象的でした」

法廷では雄大の過去も語られた。

幼少期を北海道で過ごした後、東京の大学に進学。

学生時代に在籍したバスケ部ではのけ者にされた経験もあったという。

大卒後は有名企業の子会社に就職してシステム関係の仕事に就くも、仕事のプレッシャーで体調を崩して退職。

その後はススキノのクラブにボーイとして勤務し、2015年から香川県のキャバクラに勤めることに。

すでに有罪判決を受けた優里被告(27)は、当時シングルマザーでこのキャバクラのキャストだった。

 


★この記事へのコメントをどうぞ! (^_^;)

  • 日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)