自分で自分の足を切る

981e6778

▲米国のエスパー国防長官 韓国の文在寅大統領

gakusei_undou

 

 韓国の新聞「朝鮮日報」の社説です

  香港も韓国も かなりヤバい状況です

 リスカブス 自分で自分の 足を切る

  ココロの俳句  (^_^;)

 

米国のエスパー国防長官は韓米安保協議会(SCM)後の共同記者会見で

「韓日軍事情報保護協定(GSOMIA)は有事に韓国、米国、日本が効果的かつ適時に情報を共有するため非常に重要だ」

「GSOMIAを完全に終了させないよう(韓国に)促した」

などと説明した。

その一方でエスパー氏は

「GSOMIA終了や韓日関係の悪化により利益を得るのは中国と北朝鮮だ」

とも指摘した。GSOMIAが韓日問題だけでなく米国の安全保障上の利益に直結した問題であることを明確にしつつ、韓国政府に対し「GSOMIAを維持せよ」という最後のメッセージを送ったのだ。

今年8月に韓国大統領府がGSOMIA終了の決定を下すと、米国は予想以上に大きく反応した。

「米国と調整した」という韓国大統領府の説明も米国は「うそ」と一蹴した。

GSOMIAの終了期限(23日)が近づくと、米国は

「韓国が終了を強行すれば、最も厳しいレベルで文在寅(ムン・ジェイン)政権を批判する声明を出す方針」

とも伝えた。

韓国軍による独島防衛訓練について米国務省が「プラスにならない」として問題視するという考えられない事態も起こった。

このように韓米同盟において一度も経験したことのない出来事がわずか数カ月の間に次々と起こっている。

GSOMIA破棄カードに日本はびくともせず、韓国と米国の信頼関係に傷がつくだけという信じられない事態を招いているのだ。

韓国外交部と国防部(いずれも省に相当)はGSOMIA終了に反対しているようだ。

しかし韓国大統領府はチョ・グク前法務長官をめぐる政局から国民の目をそらさせる反日カードとして破棄を強行した。

しかしそれによって大統領府は逆に自らの手足を縛る結果を招いた。

手をつけられないほど波紋が広がると、破棄撤回の大義名分を探すため物乞いでもするかのように日本に対話を求めた。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領が国際会議の会場で日本の安倍首相の手を取り、10分間ソファーに座らせ安保室長がその様子を撮影し「対話を行った」と宣伝した。

しかし日本側からは逆に「韓国は事前の了解もなく写真を撮って公開した」という不満が出た。

韓国国民が恥ずかしく感じるほどだった。

「竹槍歌」(日清戦争の原因となった甲午農民戦争で東学党が歌った歌)を持ち出した人間たち(チョ・グク氏ら)はどこにいったのか、その姿は今や全く見えない。

「斧で自分の足の甲を切る」ということわざはこのような時に使うものだ。

文大統領は米国のエスパー国防長官に

「信頼できないという理由で輸出規制を行う日本と軍事情報の共有はできない。これがわれわれの立場」

と説明した。

GSOMIA破棄が敗着であることはすでに誰の目にも明らかだが、それでも韓国大統領府は態度を改めず意地をはり続けている。

米国は激怒している。

しかし、韓国大統領府の鄭義溶(チョン・ウィヨン)安保室長は「韓米同盟とは全く関係がない」と強弁している。

彼らは一体何を期待しているのか。

 


★この記事へのコメントをどうぞ! (^_^;)

  • 日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)