Category » 中東

イラン 米軍ドローン撃墜

newsweek_20190620_181501-thumb-720xauto-162180

drone_tobasu_man

 

 ドローンと言っても 人が乗っていないだけで

  本体1機約25億円の 完全な軍用偵察機です

 米国とイランは 極度に緊張が高まっており

  いつ開戦しても不思議ではありません  ((((;゚д゚))))

 

[ドバイ 20日 ロイター]イランの精鋭部隊「イスラム革命防衛隊(IRGC)」は同国南部ホルモズガン州で米国の「スパイ」用ドローンを撃墜した。

IRGCのニュースサイト「Sepah News」が20日に伝えた。

「イラン領空に入った際に撃墜した」

としている。

国営イラン通信(IRNA)もドローン撃墜について報じた。

ドローンは米ノースロップ・グラマン製の「RQ─4グローバルホーク」だと伝えている。

ノースロップ・グラマンのウェブサイトによると、RQ─4グローバルホークは、無人の航空システムで、高高度を30時間以上飛行することが可能。

どのような天候でも、広範な地域の高解像度画像をリアルタイムに近い状態で収集できる。

米中央軍のビル・アーバン報道官は

「今日、イラン領空で活動している米機はない」

とし、それ以上のコメントは控えた。

米軍は先に、イランが先週、米国のドローンの撃墜を試みたことを確認。

イエメンの親イラン武装組織「フーシ派」が今月6日に米国のドローンを撃墜したことも確認している。

米国とイランの関係は、トランプ米大統領がイラン核合意から離脱した昨年以降、緊張が高まっている。

 

RQ─4グローバルホークの仕様
  • 全長:13.52m
  • 全幅:35.42m
  • 全高:4.64m
  • 空虚重量:6,710kg
  • 最大離陸重量:12,111kg
  • ペイロード:907.2kg
  • エンジン:ロールスロイス製AE3007Hターボファン×1
  • エンジン推力:37kN
  • 巡航速度:343kt
  • 実用上昇限度:19,800m
  • フェリー航続距離: 22,779 km

1920px-Northrop_Grumman_RQ-4_Global_Hawk

日本政府は、RQ─4グローバルホークの自衛隊への導入を決定している。

日本の防衛装備庁は2018年6月28日に、アメリカ合衆国空軍省と、RQ-4B取得に関する契約を、総額約164億円で締結した。

 


コメントをどうぞ (^_^;)

日本タンカーへのテロ攻撃

wor1906130035-p1

25620014706

 

 日本人にも頑固な人っていますけど

  ユダヤ教(イスラエル)、キリスト教(米国など)

  イスラム教(イランなど)、共産教(中国)、反日教(韓国)

など、宗教原理主義者の頑固さは、次元が違います

 「教」の文字を「狂」に変えてしまいたいくらい  ((((;゚д゚))))

 

イラン沖のホルムズ海峡付近で13日発生した日本などのタンカー2隻へのテロ攻撃をめぐり、米国とイランの主張が激突している。

米国は「イランの責任」に言及し、イランは関与を否定した。

安倍晋三首相の歴史的なイラン訪問で、世界が期待した緊張緩和が失速しかねない事態だ。

「中東の混乱」継続を狙う勢力の存在とは。

原油輸入の9割近くを中東に依存する日本にとっては、ホルムズ海峡の情勢不安は原油価格の高騰につながり、日本経済を直撃しかねない。

WS000のコピー

今年秋に予定される消費税増税の最終判断にも影響するのか。

マイク・ポンペオ米国務長官は13日、国務省での記者会見で、イラン沖のホルムズ海峡付近で同日発生した日本などのタンカー2隻へのテロ攻撃について、情報機関の分析などをもとに、イランを名指しで批判した。

「イランに責任がある」

「この地域のどの武装組織も、このように高い精度で活動できる資源や技量を持っていない」

「安倍首相の外交努力を拒否し、日本のタンカーを攻撃することで日本を侮辱した」

これに対し、イランのハビブ国連次席大使は同日、

「(イラン関与説を)強く否定する!」

と述べた。

ニューヨークの国連本部で共同通信などに語った。

イラン革命防衛隊のキャナニモガッダム・ホセイン元司令官も同日、

「安倍首相の訪問を『反イラン宣伝』に利用する狙いで行われたもので、テロ組織が関与した」

との見方を語った。

米国とイランの主張は、真っ向から対立

国連安全保障理事会は13日、今回のタンカー攻撃に関する非公開会合を開いた。

全参加国がテロ攻撃を非難したという。

非武装のタンカーを狙う卑劣なテロ攻撃は13日朝(日本時間同日昼)、ホルムズ海峡近くで発生した。

東京都内の海運会社「国華産業」が運航するタンカー「KOKUKA COURAGEOUS」(パナマ船籍、1万9349トン)と、台湾の石油大手「台湾中油」のタンカーが攻撃を受け、2隻とも火災が発生した。両船とも日本人は乗っていなかった。

世界はこの日、イランに注目していた。

「核合意」をめぐって米国とイランの軍事的緊張が高まるなか、両国首脳と深い親交を持つ安倍首相がイランを訪問し、イランの最高指導者ハメネイ師と会談したからだ。

安倍首相は会談で

「軍事衝突は誰も望んでおらず、緊張の高まりを懸念している」

と述べた。

download

これに対し、イランの最高指導者ハメネイ師は、

「核兵器を製造も所有も使用もしない。

 その意図はない、すべきではない」

と語ったという。

一瞬、緊張緩和を感じさせたが、ハメネイ師は会談後、

「ドナルド・トランプ米大統領は、

 メッセージを交換するに値する相手ではない。

 トランプ氏に返事はしない」

との声明を出した。

この直後、タンカー攻撃のニュースが飛び込んできた。

テロ攻撃の、犯人と背景をどう分析すべきか。

海洋防衛の専門家、東海大学海洋学部の山田吉彦教授は

「基本的に、外見から日本に関係するタンカーかどうかは分からない。ただ、安倍首相のイラン訪問を意図的に狙って海上テロを起こしたのではないか。『アラビア半島周辺、ホルムズ海峡の危険度が高い』ことを示そうとする、イスラム過激派が起こしたのだろう」

と語った。

ホルムズ海峡は、原油と石油製品を合わせて日量1800万バレル以上が運ばれる「世界エネルギーの大動脈」だ。

この地域で軍事的緊張が高まり、タンカーの航行に支障が出たり、万が一、「海峡封鎖」といった事態になれば、世界経済、日本経済は大打撃を受ける。

世界経済に詳しい上武大学の田中秀臣教授は

「今回のタンカー攻撃で、原油の先物価格が上昇するなど、原油価格の不安定化が予想される。日本経済への悪影響も否めない。米中貿易戦争とは別枠で、世界経済に赤信号が灯った」

といい、続けた。

「これが、大阪で開かれるG20(20カ国・地域)首脳会合前に起こったことが興味深い。原油価格の高騰で、イランやロシアなどに原油を依存している中国経済に悪影響が出る。日米欧による『対中包囲網』や、香港でのデモ激化もあるなか、G20に合わせた米中首脳会談がまとまらず、決別する可能性もあるのではないか。習近平体制の先行き不安定化も考えられる。日本政府も、経済シナリオの変更を求められるかもしれない。安倍首相が『消費税増税延期』を判断しやすい環境になるのではないか」

ホルムズ海峡では、過去にもテロ被害が相次いでいる。

2010年7月には、航行中の商船三井の原油タンカーが爆発とみられる衝撃で損傷した。

今年5月には、サウジアラビアが自国のタンカーが攻撃を受けたと発表した。

この地域の安全をどう守るべきか。

前出の山田教授は

「イランと軍事的緊張を高めているため、米国が主導権を持って同海域を警戒監視するのは難しい。今こそ、国際的な協力態勢のもと、日本がリーダーシップを発揮すべきではないか。アフリカ東部ソマリア沖のアデン湾での海賊対処活動では、海上自衛隊のP3C哨戒機が活躍している。世界のために、日本が衛星や航空機を使って警戒を強化すべきだ」

と語っている。


モハマド・サイフラ・オザキ 逮捕 元立命館大准教授

WS000

▲元立命館大准教授、モハマド・サイフラ・オザキ

バングラデシュのメディアは20日、首都ダッカで日本人7人を含む人質20人が殺害された2016年のテロの中心人物とされる日本国籍の元立命館大准教授、モハマド・サイフラ・オザキ容疑者が、イラクで拘束されていると報じた。

ダッカでのテロには、過激派組織「イスラム国」(IS)の関与が疑われている。

元立命館大准教授、モハマド・サイフラ・オザキは今年3月にシリア東部でクルド人部隊に投降し、イラク北部スレイマニヤに身柄を移された。

また、一緒に行動していた日本人の妻と子供2人は空爆で死亡したという。

元立命館大准教授、モハマド・サイフラ・オザキは16年のテロの際、バングラデシュ国内の過激派とISとの連絡役を務めたほか、資金調達や、バングラデシュの若者をISに送り込む際の勧誘役も担った疑いがある。

警察が指名手配し、行方を追っていた。

バングラデシュ出身の元立命館大准教授、モハマド・サイフラ・オザキは02年に日本に留学。

立命館大で経営学を教えていた16年1月に無断欠勤が発覚し、解雇された。

この前後にシリアに渡航したとみられている。

 


キャットウォーク

WS000animal_stand_neko

 

 どんな名優も 子役と動物にはかないません  (^_^;)

 

トルコ・イスタンブールで開かれたファッションショーに猫が乱入した。

キャットウォークを歩く姿を撮影した動画がInstagramに投稿されると、ネット上で拡散され、話題となっている。

動画は、尻尾の黒い白猫が、キャットウォーク上でくつろいでいるシーンから始まる。

モデルたちが行き交うのも気にせず、せっせと自分の尻尾の毛づくろいをしている。

と思えば次の瞬間、すぐ脇を通りすぎたモデルに目線をやり、いきなりジャンピングアタックを繰り出す。

「邪魔者」を追い払った後、自分の番だと言わんばかりに、悠然とキャットウォークの中央を歩き出した。

その奔放で愛らしい姿に、後続のモデルも思わず笑みをこぼした。

そのモデルに追い抜かされそうになると、再びジャンピングアタックを食らわし、やりたい放題だ。

気を取り直して歩き出し、キャットウォークの端まで来ると、ピタっと止まって決めポーズ。

やはりキャットだけに、キャットウォークの歩き方を心得ていたようだ。

モデルたちを差し置いて、会場中の視線を集めた。

 


イエメン内戦(2)

WS000000

▲かろうじて生き残った少年

イエメン北部の反政府勢力支配地域で9日、市場に止められていたバスが攻撃を受け、

少なくとも29人の子どもが死亡した

赤十字国際委員会(ICRC)が明らかにした。

攻撃をめぐり、サウジアラビア主導の連合軍に対する批判が集中している。

首都サヌアの赤十字広報担当者はAFPに対し、犠牲者は複数の病院に搬送されており、この死者数は最終的なものではないと語った。

フーシ派のテレビ局「アルマシラ(Al-Masirah)」は、同派保健当局からの情報として、50人が死亡、77人が負傷し、「その大半が子ども」だったと伝えたが、この情報の真偽は確認できていない。

国際NGO「セーブ・ザ・チルドレン(Save the Children)」はスタッフの話として、攻撃があった当時、子どもたちを乗せたバスは遠足から学校に戻る途中で、運転手が飲み物を買うために停車していたと説明。

「このおぞましい攻撃を非難」するとともに、完全な独立調査の即時実施を求めた。

WS000001

WS000002

例外なく中東情勢は、宗教と政治が内戦を後押しする。

諸外国がイエメン内戦に介入し、代理戦争の様相を呈しているのは、シリアに限ったことではない。

イエメンが部族社会であることも、イエメン内戦の原因のひとつとなっている。

日本の天皇制のような、国家統一、民族統一の中心が無いので、簡単に内戦になる。

現在のイエメン内戦では、各部族(幕末の日本で言えば「藩」)が、自分たちの利益になるようバラバラに動いている。

 20110526105836983_0001

 150年前の今ごろ 日本も外国の介入を受けて

  泥沼の内戦に突入するおそれがありました

 内戦は国家間の戦争よりも 残酷で悲惨です  ((((;゚д゚))))

 

WS000000

WS000002


コメントをどうぞ (^_^;)

イエメン内戦

da3c3e3a

サウジアラビアの空爆で破壊された家を見つめる男性(サナア2015年9月9日)

近年、中東のアラビア半島にある共和制国家イエメンでは苛烈な内戦が続いている。

WS000000暫定大統領アブド・ラッボ・マンスール・ハーディー(写真左)と、イスラム武装組織フーシと連携する前大統領アリー・アブドッラー・サーレハ(写真右、2017年12月殺害)の対立は、国内に甚大な被害をもたらした。

WS000001事態に収拾がつかず混迷を極めるのは、この内戦がイエメンの政治、宗教、文化と密接に関わっているからだ。

日本ではあまり報道されないが、中東の爆薬にもなりかねないこの内戦の様子を写した写真が公開されていた。

例外なく中東情勢は、宗教と政治が内戦を後押しする。

諸外国がイエメンに介入し、代理戦争の様相を呈しているのは、シリアに限ったことではない。

イスラム教シーア派であるイランと、スンニ派のサウジアラビア諸国がさらなる混沌を招き寄せているのだ。

暫定大統領ハーディと前大統領サーレハの対立の裏では、各国がイエメンを奪い合っている構図がある。

イエメンが部族社会であることも、イエメン内戦の原因のひとつとなっている。

日本の天皇制のような、国家統一、民族統一の中心が無いので、簡単に内戦になる。

現在の内戦により、各部族(幕末の日本で言えば「藩」)が、自分たちの利益になるようバラバラに動いている。

軍隊としてハーディ政権につく部族もあれば、フーシ側に回ったり、独立自治を掲げるたりする部族もいる。

さらに、アルカイダやISIS(イスラム国)もこの混乱に乗じて支配地域を得ようとしている。

 sensou_senjou

 150年前の今ごろ 日本も外国の介入を受けて

  泥沼の内戦に突入するおそれがありました

 内戦は国家間の戦争よりも 残酷で悲惨です  ((((;゚д゚))))

 

WS000000

WS000002

つづきはここをクリック »


コメントをどうぞ (^_^;)

イズミールの日本人

map3

185932857

1919年から3年間続いた希土戦争の終盤となる1922年9月8日、
ギリシャ系とアルメニア系の難民は、政府からの救助を得られないまま、
トルコ軍によりトルコ西部の都市、イズミールへ追いやられていました。

戦争末期の混乱下とあって他国の船が自国民を中心に救出する中、
当時イズミールに寄港していた日本の商船の船長だけは、難民の救出に動きます。

当時船には絹やレースなど貴重な商品が積まれていたのですが、
船長は船員と共に積み荷の大部分を海に投げ捨て、難民を乗せるスペースを確保。
その後難民を船に乗せ、ギリシャの海岸まで無事輸送しました。

船長の勇気ある決断により、800人の難民が命を救われています。
なお、その日本人船長の名前は、いまだに不明のままです。

100年近く前の出来事ながら、この件はギリシャで今も語り継がれており、
2016年7月には、ギリシャ難民の団体「エスティア」により、
敬意を示すプレートが西林駐ギリシャ日本大使(当時)に授与されています。

この歴史秘話を、最近になって主にアルメニアのサイトが取り上げており、
アルメニア人とギリシャ人の間で大きな反響を呼んでいます。

 


コメントをどうぞ (^_^;)

150年前の3月

w960_20110526105836983_0001-2

今からちょうど150年前、時代は幕末1868年3月14日

薩摩藩の江戸屋敷(現在のJR山手線田町駅の近く)の一室で、二人の男が向かい合って座っていました。

官軍参謀の西郷隆盛と、幕府陸軍総裁の勝海舟です。

この会談により、江戸城の新政府への引渡しが決まり、 江戸の無血開城が成りました。

この時、すでに鳥羽伏見の戦いで旧幕府軍は新政府軍(官軍)に破れており、新政府軍は、徳川家が持つ広大な所領を奪い、政治運営のために必要な財源を確保すべく、勝と西郷の会談が終わり次第、江戸城への総攻撃の準備に取り掛かっていた頃です。

しかし、幕府側の勝海舟は考えます。

  「江戸が戦火に巻き込まれると、たちまち日本全土へと広がり、国力が疲弊する」

そこで勝は、新政府軍参謀の西郷に提案を持ちかけます。

  「徳川家に対する寛大な処分を行うならば、抵抗することなく江戸城を明け渡す」

勝海舟の考えは、国が2つに分かれて争っている間に日本の力が弱まり、その隙に外国の植民地にされてしまうことを心配していたといいます。

幕府の中でフランスの援助を受けて新政府軍に対抗しようとする動きがあったのですが、勝は

  「フランスがそこにつけ込んで、日本を植民地化する恐れがある」

と考え、この動きを抑え込んだりしています。

実際はこのような綺麗事ばかりでなく、さまざまな策略が渦巻く世界だったようです。

いまシリアが外国の介入を許して、ドロドロの内戦になり、多くの都市が廃墟になっています。

シリア

アレッポ


コメントをどうぞ (^_^;)